「 つらい仕事を辞める方法 」一覧

銀行員、信用金庫など金融機関を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

世間からの高い評価やイメージとは真逆の、パワハラ・セクハラ、過剰ノルマ、激務にブラックな金融商品押し売りで疲弊していく銀行員、信金マン達...

記事を読む

医療機関の臨床工学技士を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

「女性でもプロとして活躍したい」と臨床工学技士になったのに男社会の「掟」に敗れ苦渋の撤退。 川崎美穂さん(仮名、27歳)は、さばさばし...

記事を読む

弁護士事務所のパラリーガル(法律事務職員)や行政書士事務所、司法書士事務所を辞めたい人へ

1部のトップファームを除き、殆どの法律事務所は経営規模が小さく、実質的に零細企業と同等の労働環境。当然、弁護士業界に吹く厳しい不況風をま...

記事を読む

損害保険会社を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

外部から見れば立派な「一流企業」の損保会社でも、成績が悪ければ容赦なく「自爆」を押し付けられるブラックな体質に我慢ができない…。 荒川...

記事を読む

ファッション・アパレルブランドのマーケティング企画を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

何故ユニクロだけがもうかるのか?老舗ファッション・アパレル業界の古い体質に翻弄される社員たち。 竹中研斗さん(たけなか・けんと、仮名、...

記事を読む

出版社や編集プロダクションの編集者を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

消えゆくオールドメディアと揶揄されつつも、知恵を振り絞り出版不況生き残りを図る編集者達。しかし、経営陣はそんな編集者達への血と汗と涙に理...

記事を読む

助産師を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

看護師免許だけでは就けない助産師の仕事。命の誕生の場に立ち会う「聖職」が激務に悲鳴を上げている。 激務に耐えかねて職場を去る人がいます...

記事を読む

教育系出版社の編集を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

世の中の情報を統括する「出版編集者」に憧れる人は多い。その裏に隠された「残酷物語」も知らずに。 世の中に「憧れの仕事」とされる職業はた...

記事を読む

居酒屋チェーンの正社員辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

外食業界、飲食店に元気がありません。ファミリーレストランを始め、24時間営業だった店舗は次々と営業時間を短縮し、ネットでの内部告発や...

記事を読む

柔道整復師、整骨院を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

国家資格が逆に仇。整形外科医からは疎まれ、ルール無視の無資格整体院には好き放題に職域侵入される。 テレビで活躍する「有名ゴッドハンド柔...

記事を読む

ビジネス翻訳(実務翻訳)業を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

「憧れ」「スタイリッシュ」「知的」そんなイメージがある翻訳業だが、実態は英語を使った雑用だった!? 世界的な小説家である村上春樹氏は、...

記事を読む

PR会社(広報代理店)を転職して辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

マスコミとクライアントの板挟みになり、元請け大手広告代理店にこき使われる。戦略PR?そんなの知らん。あるのはメディアへのお願い土下座行脚...

記事を読む

歯科衛生士を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

歯科医師を献身的に支える歯科衛生士だが、仕事への不満は多い。職場環境は「歯科医師個人の人柄に左右」。 筆者には「歯科衛生士さんは清潔な...

記事を読む

クリニックの精神保健福祉士を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

患者の心をいやす精神保健福祉士だが、横暴院長の下で働くと悲惨…患者より自分自身の心のケアが必要と痛感。 平田佳織さん(仮名、27歳)は...

記事を読む

建築作業員を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

都会のビルも快適な住宅も建築作業員が作っている。なのに、誰からもリスペクトされることはないのは何故だ。 一般の人が「建築の仕事」と聞い...

記事を読む

パソコン教室の講師を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

パソコン教室の講師はIT化が遅れている企業の「最先端技術対応への救世主」。なのに講師たちの働く環境は「最後尾待遇」。 シングルマザーの...

記事を読む

不動産営業を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

頑張りが全て成果に反映されるわけではない不動産営業 不動産営業の仕事内容を一言で説明すると、お客様へ不動産を売ったり貸したりして利益を...

記事を読む

生産技術エンジニアを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

生産技術エンジニアが立ち向かう「少量多品種」の壁は厚く、どの工場でも長時間残業が常態化している。 「日本の工場は私たちが支えている」 ...

記事を読む

会社を辞めた方がいい場合と辞めない方がいい場合の見極め方

「会社を辞めたい」と思うことは、悪いことではありません。会社から会社へと渡り歩くことで、やりがいのある仕事にたどり着き、収入もアップ...

記事を読む

企業のEC通販担当者を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

EC通販はまだまだ成長する優良業界。なのに働く人は疲労困憊。笑顔を取り戻すヒントをお教えします。 筆者は滅多に、インタビューの相手に「...

記事を読む

大人は「仕事を辞めたい」と本音を言ってはダメなのか?

「仕事」と「会社」は違います。 この記事は「会社を辞めたい」と思っている人に向けては書かれていません。 「仕事を辞めたい...

記事を読む

ルート営業(ルートセールス)を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

卸業のルートセールスマンは小売店のパートナーのはず。しかし実態は大口顧客の「無料のパシリ」!?。 私たち消費者が「便利になった」と感じ...

記事を読む

中小の専門商社を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

商社マンは日本ビジネス界のヒーロー。世界の猛者を相手に一歩も引かずに戦い続ける激務の現場とは。 竹沢直久さん(仮名、30歳)は、つい先...

記事を読む

スマホゲーム会社を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

巨大市場に成長したスマホゲーム。そのトップバッターのはずのゲームプランナーがなぜ溜息ばかりをつくいているのか。 谷口翔太さん(仮名、2...

記事を読む

経理を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

経理は「経営の番人」という重要な仕事だが「利益を生まない職種」という側面も。ときにはやりがいに迷うことも… 営業マンのマンガといえば「...

記事を読む

ポスティングスタッフを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

究極のアナログ広告「ポスティング」を支える配達員はトラブルに巻き込まれやすい。地道な仕事に光を! 0.3秒――。 これは人がチラ...

記事を読む

小学生教師、教員を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

日本小学校はモンスター学校?理不尽な要求や身勝手な行動と長時間労働に教師たちの心は休まらない。 「高校まで、授業なんて面白いと感じたこ...

記事を読む

工場勤務を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

日本経済の屋台骨を支える自動車部品メーカーだが、その業績は工員の過酷な労働で成り立つ側面を持つ。 安川亮さん(仮名、23歳)は、定時制...

記事を読む

芸能事務所マネージャーを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

最近は芸能マネージャーもテレビに出る時代だが、その勤務実態は相変わらず悲惨な状況。 この文章を読み始めたということは、あなたはいま芸能...

記事を読む

コンビニ店員を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

「コンビニの仕事なんて」と自嘲するのは間違い。日本の小売流通業を支えた経験を活かせる道があるのに… 日本最大の小売業であるコンビニは、...

記事を読む

スポンサーリンク