コールセンターのオペレーターを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
波止 鏡子

波止 鏡子

結婚を機に転職エージェント勤務8年を得て退職。人事コンサルティング会社へ転職すると同時に、キャリアパス相談を日々こなしながら原稿執筆にも邁進中。花の30代。

コールセンターのオペレーターを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法




記事の目次

目の見えないお客様を相手にする企業の窓口は、八つ当たりのようなクレームや暴言の矢面に立たされるきつい業務。

まずコールセンターのオペレーター業務は大きくインバウンド(受信)とアウトバウンド(発信)の2種類に分かれます。インバウンド(受信)は問い合わせや相談に対応するカスタマーサポートや、技術的な相談のテクニカルサポートが主な業務です。アウトバウンド(発信)は営業活動のためのテレフォンアポインターや、満足度や市場調査を行うテレマーケティングなどを主な業務としています。

コールセンターの対応と聞くと「顧客からのクレームに対応する」というイメージを持つ人が多いかと思います。確かにクレーム対応も大事な仕事の一つですが、現在では経営に関わる戦略的部門として製品やサービスに対する注文を受け付けたり、利用方法の問い合わせをしたりといった業務が増えています。

「未経験でもOK」、「専門的なスキルが必要ない」といった求人が多く出ているのがコールセンターの特徴です。基本的なパソコン操作とビジネスマナーさえ持っていれば採用には問題なしとしている企業も多いです。

しかしその一方で、仕事の難しさや厳しさから辞めたいと考えている人がいる事も事実です。「ある程度長くオペレーターを続けたけれど、やっぱり自分に合っていないみたい・・・」という人もいれば、「入社してから1週間しか経っていないけれど、もう専門用語が難しくて辞めたい!」と次の転職を検討している人もいるぐらいです。

また、一番きついのが「いわれのないクレームや暴言の矢面に常に立たされ、時には理不尽な謝罪まで強要される」ことでしょう。

こうした背景には顧客対応の難しさや、働きに見合わず給料が上がりにくいということが挙げられます。それ以外にも精神的に継続していくことが難しいと考える人もいます。同じように「辞めたい!」と思いながらも我慢しながら働いている人はあなただけではないのです。

コールセンターオペレーション業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

コールセンターオペレーション業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

辞めたい理由と悩み1:絶え間なく襲い掛かる、お客様からの理不尽なクレームにエンドレスで対応しなければならない

コールセンターは営業時間が決まっているため、基本的な労働時間は比較的守られているところが多いです。お客様への対応延長などで残業が全くないわけではありませんが、他の職業と比べればワークライフバランスを保った働き方が可能となっています。

しかし、お客様からの理不尽なクレームに対応しなければならず、精神的なストレスが溜まりやすいのも事実です。顔を合わせて行う営業とは異なり、顔の見えない相手とのやり取りだからこそ、お客様も声を荒げて話すことが多いのではないでしょうか。

「ただ単純に暴言を吐いて憂さ晴らしすることが目的で電話をかけてきたのではないか?」と感じるくらいのお客様も中にはいるため、コールセンターではお客様のタイプに合わせた対応が必要となります。

正直、このような労働環境は精神的に厳しいため、「こんな環境で働き続けるなんて難しい」「見知らぬ誰かのストレス解消はけ口にされてはたまらない」と辞めていく人は後を絶ちません。

辞めたい理由と悩み2:覚える知識の多さと電話対応の難しさ

コールセンターのオペレーターの求人は未経験OKと記載されていることがあり、「給料も高いし、自分が求めている条件とピッタリ」と考えている人は多いと思います。しかし、実際は未経験で何の知識もないと覚えなければならないことが多いため、研修段階で辞めたくなることもあるのです。

企業側でも簡単な研修は行いますが、基本的に実践から学ぶというスタンスのところが多いのもこの業界の特徴です。そのため内容をイマイチ理解していないまま現場に立たされてしまうことで、お客様へときちんと説明できず、その時のやり取りがトラウマとなってしまうケースもあります。

これはお客様だけではなく周囲の人間にも迷惑がかかり、電話対応に不慣れであればパニックに陥ることも少なくありません。もちろん問題なくコールセンターのオペレーターをやり切れる人もいますが、1ヶ月も持たないうちに辞めたいと考えるようになる人がいるのも事実です。

辞めたい理由と悩み3:業務内容に対して低い給料水準

給料が業務内容に対して合わないと考えてしまうのもコールセンターのオペレーターを辞めたいと考える理由です。地域や企業によってばらつきはありますが、コールセンターの時給は1,400〜1,800円ぐらいに設定されていることがほとんどです。これはコンビニや飲食店の時給の1.2〜1.5倍ぐらいに相当します。

ですが、毎日のように顧客へ電話対応しなければならず、電話越しで喋り続ける中で「もっと高い給料をもらっても良いのでは?」と考える人が出てくることも事実です。

オペレーターとして働いている人の中には2年間働いてチームリーダーになったにも関わらず上がった時給は50円という話もあるぐらいです。働きに見合わない賃金の場合には「辞めたい」、「逃げ出したい」と自然と愚痴がこぼれてきてしまうのも仕方がないことではないでしょうか。

辞めたい理由と悩み4:ノルマを達成できないと社内で肩身が狭くなる

コールセンターのオペレーター、(特にアウトバウンド系のコールセンター)にも営業マンのようにノルマがあり、達成できないと社内で働きにくくなります。

発信型の電話対応をしている場合には電話対応も営業活動の一環として行われるため、オペレーターの成約数をノルマとしてカウントする企業があります。受信型の電話対応をしている場合には、電話の合間に商品やサービスの案内・提案提案がノルマとなっていることがあります。

このようにどちらの発信・受信どちらの業務でもノルマが発生するケースが多く、成約が取れないと上司や先輩から叱られたり、中には怒鳴られたりするケースもあります。このような環境下では段々仕事が嫌になっていきます。お客様からのクレームでストレスが溜まっているところに、社内の人間関係のもつれが加われば余計に神経を擦り減らしてしまうのではないでしょうか。

辞めたい理由と悩み5:どんなに頑張っても具体的評価がされにくく、給与アップなどへの待遇改善は望めない

頑張れば頑張るほど評価されるのであれば、キツい仕事でもやりがいがあります。

ですがコールセンターのオペレーターの場合、歩合制出ない限りは、給与に頑張りが反映されないため、正直モチベーションを上げて仕事しようという気持ちがなくなってしまいます。

頑張りが評価されない企業やその仕組みがないと正直、オペレーターの皆さんの仕事に対するやりがいやモチベーションを維持し続けることは難しいです。働く意欲もなくなってしまいます。

「席に8時間座って給料が貰えるならばそれで良い」という人にはこの仕事が合っているかもしれません。しかし、「やりがいのある仕事でバリバリ働きたい」、「仕事で上を目指したい」と意欲とヤル気に満ちている人には残念ながらオペレーターは向きません。

では、コールセンターに勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?
この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、コールセンターオペレーターの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.「私にはやはりこの道しかない」という方は、オペレーターとして働くメリットを再度考えてみる!

仕事が辞めたいと思う人の中には「オペレーターとしての仕事は好きなんだよね!」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした人におすすめしたいのが、今一度ご自身がコールセンターでオペレーターとして働くメリットや思いを振り返ることです。

オペレーターとして働くメリットや思いについていくつかまとめました。もちろん、これは一例なので、ぜひご自身でも考えてみてください。

【オペレーターでオペレーターとして働くメリット】
  • 様々な人とのやり取りを通して、忍耐力と精神力が格段に高まる
    明るくハキハキと話すのがモットーなので、声だけで表情を伝える電話応対が完璧になる
  • 人間性や基本的なコミュニケーション能力が自然と備わる
  • 「電話がなったらメモを手元に出す」「相手が名乗らない場合に確認する」「素直に申し訳ございませんと謝る」などビジネスマナーが身につく
  • 複雑な内容をお客様に対して簡潔に分かりやすく伝えられる方法を理解できる
  • 営業活動を通して営業力が身につく

などが挙げられます。

これらのスキルは他の企業や業種でも必要とされますし、こうしたスキルを持つ人は転職市場において貴重な存在となります。特に忍耐力と精神力の面では他の業種と比べた時に、格段に高いことは言うまでもありません。

コールセンターのオペレーターとしての仕事に誇りを持って取り組んでいるのであれば無理に辞める必要はなく、オペレーターとしての経験やスキルに磨きをかけるべきです。

ですが、改めてオペレーター働くメリットをご自身の中で見直した時に、転職という選択肢がでてきてもおかしくはありません。その時には、早い段階で転職活動を始められることをおすすめします。

2.コールセンターのオペレーターを辞めて他業界に転職する

この仕事は自分には向かない…とはっきり自覚している場合、コールセンターオペレーターの人生を好転させる1番効果的な方法は、スッパリと転職の道を選ぶことで間違いありません。

オペレーターの仕事を辞めて転職するメリットを以下にいくつか挙げます。

【転職するメリット】
  • 勤務条件が改善することで給料がアップする
  • 度重なるクレーム対応やノルマ達成で神経を擦り減らさなくなる
  • 安定した雇用で働くことで、契約終了によるリスクを回避する
  • 長時間に渡るデスクワークで腰痛や肩こりといった身体の症状で悩まされなくなる
  • ミスからのプレッシャーから解放される
  • 仕事に対するモチベーションや意義を感じながら働ける

などが挙げられます。

オペレーターとして働くことに生きがいを感じているのであればまだしも、辞めたくて仕方がない状況が続いている人は「転職する選択肢もある!」と前向きに考えてみてください。

オペレーターが他業種へ転職することは、正直難しくありません。それは通常の業務を通して他業種で働く上で必要なスキルや経験、能力を常に磨いているからです。なおオペレーターの場合にはプライベートとの両立をしやすい人が多いため、働きながら資格勉強を行うことも可能です。

基本的にオペレーターは、その仕事柄からストレス耐性が高い人が多いです。お客様の発言内容を的確に把握するための理解力の高さや、会話を聞いたそばからメモするタイピング力もコールセンターのオペレーターだからこその特徴です。所属していた企業によっては専門的な知識を持つ人もいるため、オペレーター時代に培った知識や経験を元に新しい環境で再出発をする人もいます。

仕事柄培われたストレス耐性はどの企業や業種でも重宝されますし、転職市場においても貴重な存在となります。これまで培ってきたスキルや技能を上手にマッチングさせられれば、他業種でも問題なく働ける人材とみなされるに違いありません。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まくコールセンター勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、コールセンターオペレーション以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

コールセンターのオペレーター勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

ールセンターのオペレーター勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.「わかりやすい説明をする力」の高さを活かし、販売職への転身転職

コールセンターのオペレーターの場合には、言葉だけでお客様に商品を伝えるセンスが求められてきました。オペレーターとして磨いたそのセンスを、今度は対面販売の場で活かしてみませんか。

中には「自分にはセンスなんて・・・」と思う人も居るかもしれませんが、コールセンターで働いてきた皆さんでしたら、間違いなく通常の人よりも説明力に長けていることは違いありません。

対面販売の場合には、立ち仕事やお客様への直接対応などこれまでの働きとは異なる部分が多数出てきます。しかし、デスクワークとは違う新しい環境で働いてみたいという人にはぜひおすすめしたい職種です。

2.お客様の要求を即座に反映できるからこそ営業職へ転職

「オペレーターとしてはもう働きたくないけど、お客様と関わる仕事をしたい!」、「元オペレーターという肩書きを上手に利用したい!」という人には、営業職に転職するという道があります。

コールセンターのオペレーターは、話術のみでお客様の要求を満たしてきました。それに加えて、お客様の内容を的確に把握する理解力や相手を満足させるホスピタリティーなど営業として働いていけるだけの素養をオペレーターの皆さんは兼ね備えているのです。

営業職となると、事務処理などこれまでしたことのない仕事も加わってきます。しかし、コールセンターのオペレーターの皆さんの場合には基本的にパソコンを用いた作業が伴うため、特に問題なくこなせることは間違いありません。

3.パソコンスキルを活かして、ノルマとは無縁の事務職へ転職

「淡々とした仕事をしたい!」、「オペレーターとはまったく違う仕事がしたい」という人も多いかと思います。そうした人には、事務職へ転職されることをおすすめします。

しかも(当然ではありますが)事務職にはノルマというものが存在しないため、アウトバウンド系コールセンターや通販のインバウンドなどでクロージング率をシビアに求められて疲弊している方にとっては、まさに天国のように平和な職場となります。

基本的なパソコンスキルを持つ人が大半のため、転職をしても問題なく働ける存在であることには違いありません。説明力にも長けている人が多いため、新しい職場やお客様とも問題なくやっていけるのがオペレーター出身の人たちの特徴です。

これまでの業種とはがらりと雰囲気が変わりますが、新しい環境で一から始めてみたいと考える人にとっては、おすすめの職種になります。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

コールセンター勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「コールセンターオペレーター以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がないコールセンター業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

無料お試し登録はこちら

人生の救済策1:もしブラック企業なら、今すぐ「弁護士の退職代行サービス」を利用してそこから逃げよう

あなたの意思が退職に固まったとしても、その決意を職場に自分で伝えることは容易ではありません。ましてや、ブラック企業に勤めている方にとっては、恫喝されたりモラハラされたりする危険性が高まる可能性があるケースも珍しくないでしょう。

そんな場合は、マスコミでも大いに話題になっている「退職代行」業者に依頼をして、全く遠くの安全な場所から、ただ自分の退職プロセスが自動的に行われていくのを眺めているだけに勤めるのに勝る手法はありません。

あなたは一切、元職場にコンタクトを取る必要がなく、ただ自宅でのんびり待っているだけで、すべての退職交渉を代行企業がスムーズに取り計らってくれるからです。

退職代行サービス会社には「一般企業」と「法律専門家企業」の2種があることに注意

ただし、退職代行サービスを利用する際には、正しい法律の交渉にたけている「弁護士」が常駐しているサービスを選ぶ必要があります。

弁護士の所属しないような一般企業の退職代行企業だと、どうしても仕事の遂行プロセスに雑さと時には脱法的な強引さが出てくるケースがあります。

したがって、退職代行サービス申込時には、慎重に「御社には弁護士が在籍していますか?交渉は弁護士が行ってくれるのですか?」と確認をとるべきでしょう。

当サイトお勧めの退職代行サービスは「汐留パートナーズ法律事務所」がダントツ

以上を考えると、当社お勧めの退職代行サービスの1つとしては、弁護士事務所そのものが運営(第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹弁護士)をしている「汐留パートナーズ退職代行サービス」があります。

「汐留パートナーズ退職代行サービス」に退職代行を依頼する場合、単純にブラック企業と連絡をこれ以上取れずに退職できるだけでなく、残業代や未払い賃金の請求もしっかり弁護士から法を武器にして取り立ててくれる点が大きいです。

ブラック企業から逃げたいあなたは、ただ家で寝ているだけで、弁護士がすべての残業代、未払い賃金を取り戻した上に、退職までスムーズかつ安全に代行交渉してくれることになります。

未払い賃金・残業代を取り戻して退職代行もしっかり成功させたいあなたはこちらから弁護士に是非ご相談を(お問い合わせや相談は無料です)

人生の救済策2:転職を希望するなら、業界内でも「優秀なコンサル」が揃う転職エージェントのリクルートエージェントを利用すべき

今現在の職場を辞めたい人には、転職を支援してくれるプロフェッショナル、転職エージェント(リクルートエージェント)の利用がおすすめです。

他業種にしても同業種にしても、「今の仕事を辞めて転職したい」と考えている方をプロが徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの転職支援にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

リクルートエージェントが他社と比較して優れている評価ポイント

非公開求人を含む多数の求人からマッチングして紹介してくれる
・人事担当者を惹き付ける履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
内定獲得率を高くするために徹底した面接対策が可能
・自分を最大限にアピールするためのノウハウを提供してくれる
人材紹介利用者層にもアプローチできる

これらのサポートをプロのキャリアアドバイザーと分野別に特化したコンサルタントが行ってくれるので、効率良く転職活動を進められるのです。

同業種への転職はもちろんですが、あなたが他業種へと転職すると決めた場合は、同業内の転職よりも多少ハードルが高くなります。

そんな時に一人で取り組むのではなく、リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すれば内定獲得率を上げられるのです。

転職サイトも転職エージェントも完全に利用料金は無料なので、希望の職種に就きたいと考えている方はリクルートエージェントへと無料登録してみてください。

今すぐに転職する気がなくとも、いつか来る転職の日のための情報入手目的での「お試し登録」もOKです。同社の担当エージェントは、無理に転職を急かさずに、じっくりとあなたの話に耳を傾けてくれますよ。

リクルートエージェントの無料お試し登録はこちらから



絶対に転職失敗したくない方へ、更にマイナビエージェントの抑え登録で理想的な転職プランが完成!

既にリクルートエージェントに登録済みの方や、絶対に転職失敗したくないので2重でサポートを受けたいとお考えの方は、マイナビサポートへの無料同時登録をすることで、2重の保険として転職成功の可能性を高めることができます。







スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク