自動車販売の営業マンを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
波止 鏡子

波止 鏡子

結婚を機に転職エージェント勤務8年を得て退職。人事コンサルティング会社へ転職すると同時に、キャリアパス相談を日々こなしながら原稿執筆にも邁進中。花の30代。




記事の目次

これぞ日本のノルマ地獄営業職の代表格。売れる社員=神。売れない社員=ゴミ。

自動車営業の仕事内容を一言で説明すると、お客様に自動車を販売することです。お客様は個人から法人まで幅広く存在します。そのためお客様の状況に合わせた商品提案はもちろん、トークや接客術といったおもてなし力も求められます。

多くの企業では車の販売に加えて有料サービスや任意保険への勧誘を業務の一環としており、サービスごとに月のノルマが決められています。こうしたノルマは給与や昇進にも影響してくるため、興味がないお客様にも毎回必死に勧誘しなくてはならないのが辛いところです。

給与面では多くの企業で基本給+歩合給が採用されています。自分のスキルや実力次第では、月給やボーナスをアップすることが可能なのは魅力的です。ただし、100円の商品を売るのと100万円の商品を売るのでは後者の方が圧倒的に難しく、向き不向きが大きく別れる職種とも言えます。

給与面が魅力的な反面、お客様との折衝やクレーム対応の板挟みなど精神的なストレスが多いのもこの業界の特徴です。中には「そんな無茶な・・・」というお客様の要求にも「はい!」といって対応しなくてはなりません。

頑張りが成果や給与に反映されない可能性がある中、精神的なストレスと長時間の拘束を受けつつ業務に当たらなければならないという、辛い職業であることには間違いありません。

自動車販売業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

辞めたい理由と悩み1:車が売れない時代、販売ノルマの達成のためには尋常でない血と涙を流さなければならない

自動車営業に関わらず他の職種の営業マンにも当てはまりますが、厳しいノルマを課され、その中でも結果を残さなくてはなりません。

特に自動車営業は販売金額が金額なだけに、簡単に販売が成立しないのが特徴です。それでも「車を売ってこい!」と会社から、上司から言われ続けるのが自動車営業なのです。こういった世界で働き続けていく中で、数字を上げられなければ「また怒られる・・・」、「自分には向いていない・・・」と仕事を辞めたいと考える人が多くなります。

しかもノルマは自動車に対してだけではなく、自動車ローン、自動車保険、車検やメンテナンスの早期予約、JAFへの勧誘など「車と関連する商品や金融商品」に対しても課されることがほとんどです。

もちろん本人がどれだけ頑張っても景気の影響や需要で、取り扱う商品によっては達成できない月もあるでしょう。しかし、こうしたノルマは「前年同月比○○%UP」と設定している企業が多いため、目標は年々増加し続けます。残念ながら、下がることはまずありません。

最終的にこうした商品の販売が達成できる決め手は、商品の価格や性能ではなく、自動車営業とお客様との関係性で決まってきます。そのため月末になるとお客様の一つ一つの反応に神経をすり減らすことが多くなるため、辛い日々が続きます。

辞めたい理由と悩み2:長時間労働勤務が基本

企業によって労働環境の詳細は異なるので一概には言えませんが、自動車営業は基本的に労働時間が長く、過酷な環境に身を置いて業務をおこなわなくてはなりません。以下に自動車営業の労働環境を簡単にまとめました。

【自動車営業の労働環境】
  • 残業や早出出勤、休日出勤が当たり前
  • 自分の勤務時間に関わらずお客様の都合が最優先される
  • 土日や祝日はお客様が多く、帰宅が深夜になることもある
  • 休日や夜遅い時間帯に急に呼び出されることもある
  • 時間外労働でも残業代が支給されない会社が多い
  • いつお客様から連絡が入るか分からないので、有給休暇を取るのが難しい
  • 仕事と関係のないゴルフや飲み会に誘われることがある

などが挙げられます。

こうした労働環境の背景には自動車販売がお客様あっての仕事ということが関係しています。基本的にお客様が来られる時間に合わせた業務となるため、自動車業界全体がハードワークとなっているのです。

ほとんどの企業では残業や早出出勤、休日出勤が当たり前となっているので、拘束時間が長くなります。中には連休は1ヶ月間で1回あれば良いという職場もあるぐらいです。こうした労働環境を時給に換算した時に、十分な収入を得られないと額然とする人も少なくありません。そのため、よりよい待遇や勤務条件を求めて入社してから直ぐに辞めていく人も多いのです。

辞めたい理由と悩み3:成績が悪ければ上司にパワハラにも俯いて耐え続けるしかない

上司からパワハラまがいの行為をされるのも、自動車営業を辞めたいと考える大きな理由です。

自動車や保険の販売は個人ノルマに加えて、販売所や営業所ごとにノルマが割り振られています。そのため月末には直属の上司から「君は今月ノルマの半分にも契約が達していないけどさ、今後どうするの?」、「君に支払う給料は他の同僚が稼いでいるんだよ!」といった言葉や態度での威圧が半端ありません。人によっては大勢の前で見せしめのように怒鳴る上司もいます。

上司や先輩からプレッシャーをかけられ、だんだんと社内での肩身が狭くなることはもちろん、こうした環境が続くことは精神的にも辛いです。そのため、こうしたストレスからうつ病や自律神経失調症といった精神疾患を発症するケースは少なくありません。

特に新人の場合には自分の顧客がまだいないので親族や友人に頼み込んで購入してもらうケースがあります。「自分のノルマのためとはいえ・・・」と罪悪感を感じながら契約をお願いしている新人は少なからず存在するのです。

辞めたい理由と悩み4:真面目な人ほど精神が参ってしまう飛び込みや電話営業の強要

自動車営業は営業所や展示場に訪れるお客様を待っているだけでは顧客を獲得できません。そのため自分から飛び込み営業や電話営業を行い、積極的にノルマを達成していく必要があります。

既に販売の実績があるお客様とは異なり、飛び込み営業で新規開拓を行う際には断られることがほとんどです。中には「しつこい」とお客様から怒鳴られたり、名刺すら受けとってもらわれなかったりするケースもあります。

電話営業の場合には、車の販売に興味のないお客様に毎日何十件も電話をしなくてはなりません。これは慣れない人からすると精神的な苦行とも言えます。特に電話の場合には、飛び込み営業よりもキツい言葉を浴びせられて断られるケースが多いのが実情です。
ただでさえ通常の営業が辛いのに、飛び込み営業や電話営業でも精神をすり減らす日々が続いていたら「辛い」、「辞めたい」と考えるのは仕方がないのではないでしょうか。

自動車営業に限らず他の営業マンにも同じように該当しますが、新規開拓でお客様へと物を売る仕事は精神的なストレスが溜まります。必死になって営業を行っても、話すら聞いてもらえないと、自分を否定されているような気持ちになります。そうした環境がじわりじわりと自信を喪失させていくのです。

辞めたい理由と悩み5:売ることだけが仕事なので、専門知識や手に職をといった未来にはつながらない

自動車営業やディーラーと聞くと、どこか華やかでかっこいいイメージがあるかもしれません。しかし、自動車や保険関連など商品に関する大体の知識は持っていたとしても、営業の場合には専門職とは異なり広く浅い知識をカバー出来ているかが重要となってきます。

あくまでも自動車営業は、販売の担当者としてお客様と企業の橋渡しとなり商談を進めるのが基本です。そのため車の性能に関する突っ込んだ質問や疑問についてはエンジニアへの確認が必要となり、その場で即答できないケースも存在します。

「悩み2:労働時間が長くて過酷な環境に身を置かなければならない」でも触れたように、長時間業務が蔓延しているため、専門性の勉強やスキルアップに時間を取るのが難しいのが自動車営業の特徴です。こうした理由から「30代、40代と年齢を重ねたらどんどん仕事の選択肢がなくなる・・・」と不安になって退職や転職を考え始める人が出てきます。

では、自動車販売の営業マンとして勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、自動車販売営業マンの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.あくまで自動車営業の世界でトップを狙う覚悟で腹をくくる

仕事を辞めたいと思う人の中には「ノルマは辛いけど、自動車営業としての仕事は好きなんだよね!」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした人におすすめしたいのが、今一度ご自身が自動車営業として働くメリットや思いを振り返ることです。

自動車営業として働くメリットや思いについていくつかまとめました。もちろん、これは一例なので、ぜひご自身でも考えてみてください。

【自動車営業として働くメリット】
  • 人に物を売る営業力を身に付けられる
  • コミュニケーションスキルが上昇する
  • 新規顧客を開拓した瞬間にやりがいが生まれる
  • 仕事の成果が数字になるので自信が付く

などが挙げられます。

これらのスキルは他の企業や業種でも必要とされますし、こうしたスキルを持つ人は転職市場において貴重な存在となります。キャリアアップを望むのか、結婚や子育てといったライフバランスを重要視して活動をするのかで今後のキャリア設計は大きく異なってくるかと思います。

改めて自動車営業として働くメリットをご自身の中で見直した時に、転職という選択肢がでてきてもおかしくはありません。その時には、早い段階で転職活動を始められることをおすすめします。

2.自動車販売の営業マンを辞めて他業界に転職する

自動車営業の仕事を辞めて転職するメリットを以下にいくつか挙げます。

【転職するメリット】
  • 休日出勤やサービス残業が少なくなってプライベートの時間を確保できる
  • ハラスメントが横行している職場から離れられる
  • ノルマの達成に追われる日々から解放される
  • 今よりも高い給料を得られる可能性が高い
  • ・自分の性格に合わない飛び込みや電話営業をしなくてよい

同じ職場で働き続けることがその人にとっての幸せだとは限りませんし、他業種で働くことも選択肢の一つです。転職の大きなメリットは肉体的な疲れや精神的なストレスから解放されることです。既に体調不良を感じていたり、うつ状態に陥ったりしている人は早めに転職を検討した方がいいでしょう。

もちろん転職すれば全ての悩みが解決するわけではありませんが、定年まで同じ仕事を続けなければならないという決まりもありません。今の仕事をしながら少しずつ転職活動に取り組むことで、「早く新しい職場を見つけなければ・・・」と焦ることなく余裕を持って活動をすることが可能となります。

実をいうと、自動車販売の営業マンが他業種へ転職することは、正直難しくありません。それは通常の業務を通して、他業種で働く上で必要なスキルや経験、能力を常に磨いているからです。

基本的に自動車営業はお客様からの要望にその場で対応することが多いため、仕事がテキパキしており、お客様の対応にも柔軟に対応できます。こうしたコミュニケーション力や要領の良さが他業種でも大きな武器になることは間違いありません。実績という面でも具体的な数値目標を持って日々の業務に取り組んでいる人が多いことから、アピールは行いやすいです。

これまで培ってきたスキルや技能を上手にマッチングさせられれば、他業種でも問題なく働ける人材とみなされるに違いないのではないでしょうか。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まく自動車販売の営業マン勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、自動車販売業界以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

自動車販売営業マンの勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.他ブランドの自動車販売職に転職

自動車営業としてある程度の期間働いていた方なら、自動車営業としての心構えや仕事のスタイル、働く上で有利となる各種資格も多数取得しているのではないでしょうか。そうした方におすすめしたいのが、他社の自動車営業に転職することです。

今の職場や環境で働き続けるのは辛いけど「自動車営業としての仕事にはやりがいを感じる!」という人や「ノルマさえ考慮してもらえるなら、自動車営業という仕事は続けたい!」という人は検討されることをすすめます。

中途採用となるため、賃金の交渉や福利厚生の交渉もしっかりと行えます。そのため、
自分が働きたいと思えるような労働環境や条件で勤務することが可能となります。それも他社へ転職する強みと言えます。

2.営業が好き、人が好きという方は興味のある職種の営業職へ

自動車営業として働く中で「労働条件はつらいけど、営業が大好き!」、「人と話すことが大好き」という人は少なくないと思います。そうした方には、自分が働いてみたい分野で営業職への転職をおすすめします。

基本的にどの業界でも営業職は人不足に悩んでいます。製薬業界などのような一部の業界では、資格所持が転職の際に必要となる場合もありますが、大部分の業種ではそうした制限はありません。そのため自分が興味のある業界や職種に挑戦することが可能なのです。

働いてみたい業種や職種であるからこそ、その気持ちを伝えると同時に自身の強みをしっかりと伝えられるかが採用の鍵となっています。そのため、これまで自動車営業で培ってきたコミュニケーション能力や提案力などをどのように転職先で活かせるのかを自分の中で整理する必要があります。

3.ノルマに支配されない人生を歩みたい方は、事務職などの内勤業種へ転職を

「とにかく営業という職業とは離れたい・・・」、「資料作成や見積もりを作ったり、提案したりするのは楽しかった!」という人には、営業事務や経理といった事務系の職種で再出発をする方法を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

自動車営業の皆さんの場合には仕事柄、書類作成を行うことが多く、かつ数字に触れる機会が多いので事務や経理の仕事要領を掴むことはそんなに難しくないはずです。

自動車営業として働いていた際に数字を扱う業務に慣れていたという点、コミュニケーションを重要視していた仕事をしていたからこそ部署内でのやり取りは問題なく行えるといった点は大きなアピールポイントとなります。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

学習塾や予備校勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「自動車販売の営業以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がない自動車セールス業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

無料お試し登録はこちら

人生の救済策1:もしブラック企業なら、今すぐ「弁護士の退職代行サービス」を利用してそこから逃げよう

あなたの意思が退職に固まったとしても、その決意を職場に自分で伝えることは容易ではありません。ましてや、ブラック企業に勤めている方にとっては、恫喝されたりモラハラされたりする危険性が高まる可能性があるケースも珍しくないでしょう。

そんな場合は、マスコミでも大いに話題になっている「退職代行」業者に依頼をして、全く遠くの安全な場所から、ただ自分の退職プロセスが自動的に行われていくのを眺めているだけに勤めるのに勝る手法はありません。

あなたは一切、元職場にコンタクトを取る必要がなく、ただ自宅でのんびり待っているだけで、すべての退職交渉を代行企業がスムーズに取り計らってくれるからです。

退職代行サービス会社には「一般企業」と「法律専門家企業」の2種があることに注意

ただし、退職代行サービスを利用する際には、正しい法律の交渉にたけている「弁護士」が常駐しているサービスを選ぶ必要があります。

弁護士の所属しないような一般企業の退職代行企業だと、どうしても仕事の遂行プロセスに雑さと時には脱法的な強引さが出てくるケースがあります。

したがって、退職代行サービス申込時には、慎重に「御社には弁護士が在籍していますか?交渉は弁護士が行ってくれるのですか?」と確認をとるべきでしょう。

当サイトお勧めの退職代行サービスは「汐留パートナーズ法律事務所」がダントツ

以上を考えると、当社お勧めの退職代行サービスの1つとしては、弁護士事務所そのものが運営(第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹弁護士)をしている「汐留パートナーズ退職代行サービス」があります。

「汐留パートナーズ退職代行サービス」に退職代行を依頼する場合、単純にブラック企業と連絡をこれ以上取れずに退職できるだけでなく、残業代や未払い賃金の請求もしっかり弁護士から法を武器にして取り立ててくれる点が大きいです。

ブラック企業から逃げたいあなたは、ただ家で寝ているだけで、弁護士がすべての残業代、未払い賃金を取り戻した上に、退職までスムーズかつ安全に代行交渉してくれることになります。

未払い賃金・残業代を取り戻して退職代行もしっかり成功させたいあなたはこちらから弁護士に是非ご相談を(お問い合わせや相談は無料です)

人生の救済策2:転職を希望するなら、業界内でも「優秀なコンサル」が揃う転職エージェントのリクルートエージェントを利用すべき

今現在の職場を辞めたい人には、転職を支援してくれるプロフェッショナル、転職エージェント(リクルートエージェント)の利用がおすすめです。

他業種にしても同業種にしても、「今の仕事を辞めて転職したい」と考えている方をプロが徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの転職支援にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

リクルートエージェントが他社と比較して優れている評価ポイント

非公開求人を含む多数の求人からマッチングして紹介してくれる
・人事担当者を惹き付ける履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
内定獲得率を高くするために徹底した面接対策が可能
・自分を最大限にアピールするためのノウハウを提供してくれる
人材紹介利用者層にもアプローチできる

これらのサポートをプロのキャリアアドバイザーと分野別に特化したコンサルタントが行ってくれるので、効率良く転職活動を進められるのです。

同業種への転職はもちろんですが、あなたが他業種へと転職すると決めた場合は、同業内の転職よりも多少ハードルが高くなります。

そんな時に一人で取り組むのではなく、リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すれば内定獲得率を上げられるのです。

転職サイトも転職エージェントも完全に利用料金は無料なので、希望の職種に就きたいと考えている方はリクルートエージェントへと無料登録してみてください。

今すぐに転職する気がなくとも、いつか来る転職の日のための情報入手目的での「お試し登録」もOKです。同社の担当エージェントは、無理に転職を急かさずに、じっくりとあなたの話に耳を傾けてくれますよ。

リクルートエージェントの無料お試し登録はこちらから



絶対に転職失敗したくない方へ、更にマイナビエージェントの抑え登録で理想的な転職プランが完成!

既にリクルートエージェントに登録済みの方や、絶対に転職失敗したくないので2重でサポートを受けたいとお考えの方は、マイナビサポートへの無料同時登録をすることで、2重の保険として転職成功の可能性を高めることができます。







スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク