CRO臨床開発モニター(CRA)を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
北野筆太

北野筆太

ブラック企業の取材などを主なテーマにしているライター。実際の転職経験者にインタビューをすることで、労働者が煮え湯を飲まされるその業界ならではの特殊事情やゆがみを探り当て、「就業する前に(転職する前に)知ってほしい体験談記事」を日々執筆中。

CRO臨床開発モニター(CRA)




記事の目次

新薬開発に欠かせぬCRAは「高級資格」ホルダーなのに安月給に泣く。出張の連続にヘトヘト。

国家戦略の担い手

新薬は人類の希望です。新薬の治験はそれくらい重要な仕事なのに、なぜCRO企業の臨床開発モニター(CRA)であるあなたは、浮かない顔をしているのでしょうか。

あなたの仕事の重要性を、あらためてみてみましょう。

それまで死を待つしかなかった病気が、錠剤を飲むだけで治るようになった事例は枚挙にいとまがありません。新薬こそ人類の英知です。

また、先進国の多くが、新薬開発を国家戦略に据えています。

「すごい薬」は世界中で販売されますので、1品開発するだけでその国を潤す力があるからです。日本政府も「全国治験活性化計画」を打ち出すなど製薬会社を応援しています。

そうした取り組みが実を結び、新薬の世界売上高ランキング上位100品のうち、日本発の新薬は10品あり、世界2位です。1位アメリカの53品には及びませんが、「薬といえば」のイメージがあるスイスの10品と同じで、ドイツの9品、イギリスの6品を上回っています。

こうしたことから、厚生労働省は「日本は世界でも数少ないグローバルな医薬品開発拠点」と自信満々です。

もっと頑張らないといけない

しかし、課題も多く存在します。ひとつは製薬会社の企業規模が小さいことです。2014年に医薬品売上高で国内1位になったのは武田薬品工業で、その金額は約150億ドルでした。しかし武田は、世界ランキングでは17位に沈みます。

1位のノバルディス(アメリカ)や2位のファイザー(スイス)は約450億ドルに達し、武田の3倍を誇ります。

日本の新薬開発は「もっと頑張らないといけない」状態といえるでしょう。

日本の「薬をつくる力」とは
強み 日本は世界でも数少ないグローバルな医薬品開発拠点
新薬の世界売上ランキング上位100位のうち、日本製は10品で、1位アメリカ53品に次ぐ2位。スイスも10品。4位はドイツで9品、以下イギリス6品、デンマーク6品、フランス4品
弱み 開発費は高騰しているのに製薬会社の企業規模が小さい
2014年の医薬品売上高で国内1位になったのは、武田薬品工業の約150億ドルだが、世界ランキングでは17位に沈む。1位のノバルディス(アメリカ)や2位のファイザー(スイス)は約450億ドルに達し、武田の3倍を誇る。
大手製薬会社の収益は、長期収載品に依存
基礎的医薬品は薬価改定により採算悪化
後発医薬品の企業も小規模、体質強化は必須
課題 症例の集積 国民への普及啓発
治験手続の効率化 コストダウン
医師、看護師の育成 ITの応用

参考資料「臨床研究・治験の現状と今後の動向」(厚生労働省、治験推進室、2016年2月12日)

https://dbcentre2.jmacct.med.or.jp/kyoten/files/kyogikai/h27_2_kyogikai_01.pdf

治験の活躍がカギ

では、「誰」がもっと頑張らないといけないのでしょうか。1つの薬が世に出るまでに9~17年かかります。内訳は次の通りです。

2~3年 3~5年 3~7年 1~2年 上市

(製造・販売)

基礎研究 非臨床試験 治験 承認審査

それぞれの業務内容はこうなっています。

  • 基礎研究:植物や菌、化学物質などの中から薬の候補となる成分を探す。
  • 非臨床試験:動物実験で毒性や安全性や薬物動態を調べる。
  • 治験:人を対象とした試験で、安全性と有効性を調べる。
  • 承認審査:製薬会社からの承認申請を受け、国が審査する。
  • 上市後:製造・販売(上市)となっても、予期せぬ副作用や効果を調べる。これを製造販売後調査という。

関係者全員が頑張らなければならないのですが、治験は最長7年の月日を要するので、ここは「治験の関係者さん! もっと頑張ってください!」とエールを送ります。

CROは製薬会社の外注先

治験は、「臨床研究」の中の「臨床試験」のひとつです。少々ややこしいのですが、このような概念となります。

治験の概念図

治験の概念図

臨床研究ではない研究のことを「基礎研究」といい、基礎研究は研究室で行われます。一方の臨床研究は、病院で行う「病気の解明・予防・診断・治療」と「患者のQOL向上」のことです。

臨床研究のひとつである臨床試験では、製薬会社が患者の協力を得て薬の有効性を調べます。「その薬」が「開発中の薬=将来の新薬」だったとき、その臨床試験は「治験」と呼ばれます。

ですので治験は、「製薬会社」が「病院」に臨床試験を依頼する、という形を取ります。治験は独特の業務内容になるので、ほとんどの製薬会社や病院は専門スタッフを置かず外注します。

製薬会社の外注先をCRO、病院の外注先をSMOといいます。2つの正式名称は次の通りです。

略称 CRO SMO
正式名 contract research organization

医薬品開発受託機関

site management organization

治験施設支援機関

参考資料

薬ができるまでにどれくらいの期間がかかるの?|医薬品業界の疑問を解決|株式会社イーピーメイト
薬ができるまでにどれくらいの期間がかかるの?。医薬・製薬会社の仕事について、よくいただく疑問に担当者がお答えします。
臨床試験と臨床研究って何が違うの?|医薬品業界の疑問を解決|株式会社イーピーメイト
臨床試験と臨床研究って何が違うの?。医薬・製薬会社の仕事について、よくいただく疑問に担当者がお答えします。

薬剤師CRAの田所さんはなぜ嘆く

薬剤師の資格を持つ田所真由美さん(仮名、28歳)は、大学卒業後、地元のドラッグストアチェーンに就職し、調剤部門に配属されました。

そこを1年で辞め、都内に本社を持つCROに、契約社員として入社しました。CRA業務は当初「大きな任務」と感じていましたが、3年後の契約更新時に、田所さんの方から退職を持ち出しました。

田所さんに退職の理由を尋ねると、考え込んでしまいました。

「うーん、一言で退職理由を言い表すことは無理ですね。とにかくすべてが大変で、なのにまったく報われなくて、『何してるんだろう私』状態に陥りました。入社半年ぐらいから、1日たりとも『辞めたい』と思わない日はありませんでしたよ」

もしあなたが、薬剤師や看護師や臨床検査技師といった、世間で「高級資格」といわれている資格を持っているCRAだとしたら、田所さんの退職理由が想像できるのではないでしょうか。

CRAは、本来は「治験の統括」という重要なポジションなのですが、わがままな医師、わがままな製薬会社社員、わがままな病院看護師、そして、わがままな患者たちからの、大量の「わがまま砲」を浴びることになるのです。

その上、かなり難解な仕事をこなさなければならず、CRAたちは日々勉強しなければなりません。あなたも「医師をも上回る知識を有しているのに、どうしてみんなからリスペクトされないのか」と感じたことがあるのではないでしょうか。

治験業界に理不尽さを感じているのは、あなただけではありません。

CRO臨床開発モニター(CRA)業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み…

CRO臨床開発モニター(CRA)を辞めたい人へ

調整、調整、調整の日々。治験計画はスムーズに流れて当たり前、滞れば「CRAのせい」と責められる。

辞めたい理由と悩み1:企業業績は悪くないのに、なぜCRAの給料は上がらないのか不明?

地方のドラッグストアを退職した田所真由美さんは、CRO企業への就職で東京に引っ越しました。ドラッグストアでは正社員、CROでは契約社員でしたが、CROの給料の方が手取りで2万円も多かったそうです。

「念願の医薬品関連業界に入れたし、都会の雰囲気にもワクワクしたし、その上給料も増えたので、とても嬉しく感じました」

しかし田所さんはすぐに都会の洗礼を浴びることになりました。物価の高さ、特に家賃の高さに給料上昇分が追い付きません。

「会社からは住宅補助などは一切出ませんでした。上司に『うちぐらい儲かっている会社なら、出してくれてもいいですよね』と言うと、どの会社も近年は住宅補助は出さない傾向にシフトしている、とのことでした。都内のアパートはワンルームでもなかなかの値段です。大学出ですぐで貯金もない中、家賃や光熱費の出費は最も苦労した部分で、実家から通っている同僚がどんどん貯金していくのを見て、あせりましたよ。家賃のために働いているような感覚になり、働く意欲まで削がれていきました」

あるCRO専門サイトによると、CRAの年収は400万~1200万円で、平均は600万円となっています。

この数字を聞いても、一般の人なら「1000万円プレイヤーも夢じゃないんだ!」と感じるかもしれません。しかし、薬剤師や看護師の有資格者は「400万円からのスタートは厳しい」と感じることでしょう。

治験は新薬開発のひとつの工程ですが、そのマーケットは巨大です。「製薬業界」とは独立した「治験業界」が存在するといっても過言ではありません。

CROには、華々しい業績を出している企業も多く存在し、国内3強はシミック、イーピーエス、クインタイルズです。

国内CRO3強
企業名 資本金 従業員数 売上高
シミック 30億円、内資、東証1部 6000人 620億円
イーピーエス 1億円、内資、東証1部 5000人 530億円
クインタイルズ 39億円、外資 国内4千人、世界5万人 不明

参考資料

「CRO」企業・業界ランキング | CRAばんく
CRO(開発業務支援機関)企業の一覧をランキング形式でご紹介しています。「7大グローバルCROグループ」から「国内大手CRO」「領域特化型CRO」まで、海外国内CROの「従業員数」「CRA数」「拠点数」「資本金」「売上」などの特徴が分かります。

田所さんは「企業の業績と労働条件は必ずしもリンクしていない」と感じたそうです。この実感は治験業界の真実を言い表していて、「年収を上げるには同業他社に転職するしかない」と指摘する現役CRAもいます。

引き抜きが多い業界で、仕事が認められると案外簡単にヘッドハンティングの声がかかります。

参考資料

CROとSMOって何が違うの?|医薬品業界の疑問を解決|株式会社イーピーメイト
CROとSMOって何が違うの?。医薬・製薬会社の仕事について、よくいただく疑問に担当者がお答えします。
「SMO」と「CRO」の違い | CRCばんく
「SMO」と「CRO」の違いが分かります。SMOとCROの「業務内容」「組織構成」を詳しく比較し、SMOとCROの違いを徹底的に解説しています。「代表的なSMO・CRO」も紹介しています。
治験・CROのエスアールエル・メディサーチ
治験検査・CRO事業を通じ、医薬品研究開発のトータルサポートを実現するエスアールエル・メディサーチ。

辞めたい理由と悩み2:芸能人並みの飛行機移動にヘトヘト。関係者のわがままに振り回されてゲッソリ。

出張の多さも、CRAの田所さんの大きなストレスでした。

田所さんが勤務していたCROは都内に本社がありましたが、仕事現場は地方の病院です。「有名芸能人並みに飛行機と新幹線を使っていた」そうです。

朝6時に家を出て、最終便で帰ってくるという行程は珍しくありません。連泊出張では安ビジネスホテルしか使わせてもらえず、仕事が終わってもリラックスできませんでした。

出張から戻った田所さんを待ち受けるのは、大量の書類整理です。当然のことながら平日では処理しきれず、休日出勤を余儀なくされました。

それは同僚も同じで、「会社は『出張は旅行』と思っているよね」「そうそう、『地方で遊んできたんだから休日くらい働け』って言われている感じ」などと冗談を言い合っていました。

出張の大変さは、移動やスケジュール管理だけではありません。「アウェイで働くこと」も田所さんの心労につながりました。

この仕事がなければ絶対に訪れることがない病院の、さらに奥に入り込み、昨日までまったくの他人だった人たちと協働しなければならないのです。

田所さんは、先輩CRAから「私たちの最も重要な仕事はモニタリング」と教わりました。しかしいまの田所さんは「モニタリングの重要性は2番目にすぎなかった」と思っています。

田所さんが考えるCRAで最も重要なスキルは「段取り」でした。

もちろん、治験薬を服用した患者を観察するモニタリングのスキルも、一朝一夕に獲得できるものではありません。しかし、治験実施計画という名の「段取り」に狂いが生じると、正確なデータはいつまでたっても採取できません。

CRAの仕事は、患者カルテの確認から治験薬の交付、治験実施病院へのデータ提供、さらにGCPと呼ばれる厚生労働省令に準拠していることの確認、採取したデータの解析など、多岐にわたります。

しかしそのほとんどの仕事を「他の人」に行ってもらわなければなりません。その「他の人」とは、治験実施病院の医師や看護師、薬剤師、患者たちで、彼らは全員「赤の他人」です。

治験実施病院のスタッフたちは、治験開始直後はとても協力的です。それは「うちの病院も、とうとう製薬会社に選ばれるレベルに達した」と誇らしく感じるからです。

しかし、CRAから指示される業務が大量かつ詳細かつ執拗であることが次第に判明し、彼らは露骨に「面倒臭い」顔をするようになります。

それでも田所さんたちCRAは、彼らに段取り通りの仕事をさせなければならないのです。CRAの経験があるあなたなら、田所さんの次の言葉に強くうなずくのではないでしょうか。

「私は人見知りではなかったんですが、来る日も来る日も人のエゴにさらされ続けた結果、『他人って本当に面倒』って感じるようになってしまいました」

経営者や管理職は、強い権限を与えられてから社員たちを管理します。しかしCRAは、何の権限も与えられない中で、目上の人やプライドの高い人たちを管理しなければならないのです。

あなたのストレスの原因は、関係者たちから寄せられる「なんであなたの指揮に従わなきゃなんないんだ」という冷たい視線ではないでしょうか。

辞めたい理由と悩み3:マイナーな仕事ゆえに愚痴が通じない。このやるせなさと孤独はどうやって解消したらいいのか。

CRAには、マイナーな仕事ならではのストレスもあります。一般人はもちろんのこと、医療関係者でもCROとCRAとSMOとCRCの区別がつく人はそうそういないでしょう。

つまりあなたや田所さんの孤独感は、家族や友人にはなかなか理解してもらえません。

サラリーパーソンが新橋駅付近で酒を飲むのは、自分の愚痴を正当化してほしいからです。しかしCRAたちは、愚痴を言う前にまず「そもそもCRAとは」から話し始めなければならないのです。

なのに、CRAほど愚痴がたまりやすい仕事もありません。患者の容態を医師レベルで観察しなければなりませんし、少しでも患者の状態が悪化すれば「治験薬のせいかも」と思ってしまいます。業務の一環で行っていますし、患者から同意書を取っているとはいえ、多くのCRAは「人体実験をしているのかも」という意識を拭い去ることができません。

治験薬は動物実験で「問題なし」という結果が出ています。しかし田所さんは「人に治験薬を飲ませて『効果と安全性を確かめる』ということは、『効果がないかもしれないし、安全ではないかもしれない』と言っているようなもんじゃないですか」と話します。

愚痴には良い愚痴と悪い愚痴があります。建設的でなく生産性もない文句は、悪い愚痴です。一方で良い愚痴とは、心情を吐露することでストレスが減り、翌日のエナジーになる場合です。

なのに、CRAは、マイナーな仕事を理解してもらえないばかりか、個人情報保護の観点からも、仕事の愚痴を控えなければなりません。

愚痴すら自由に言えないこの業界独特の緊張感に耐えかねてこの業界を去る人は珍しくありません。

もしも、あなたがいま「CRAを辞めたい」と思っていたとしたら、それは心の防御機能が働いているのかもしれません。

では、CROに勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?
この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、CRAの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

CRO臨床開発モニター(CRA)

1.むしろCRAの資格取得をして己が道を更に邁進する

あなたはなぜ「CRAを辞めたい」と考えているのに、退職や転職を決意できないのでしょうか。それは「ここまでやってきて、もったいない」という気持ちがあるからではないですか。

CRAは誰でもできる仕事ではありません。CRO企業がCRAとして採用するのは、薬剤師、看護師、臨床検査技師などの資格ホルダーのみです。

また、資格さえあればCRAが務まるわけでもありません。新薬開発についての知識、厚生労働省の政策、治験業務のスキル、治験患者へのケア、関係者の調整――いずれも難易度の高い仕事です。

ようやくその仕事をこなせるようになったのに、別の道を歩む理由があるのでしょうか。のるかそるかで悩んでいるなら、この道を究めてみてはいかがでしょうか。

そこでおすすめしたいのは、一般財団法人日本CRO協会の「CRA教育研修」です。この研修では、薬品会社やCRO企業の社会的使命や、倫理、関連法規、業務手順書などを学ぶことができます。

さらに「修了試験」に合格すると、「CRA教育研修修了者」として同協会に登録されます。

国家資格を持っているあなたなら「いまさら民間資格?」と感じるかもしれませんが、しかし治験業界にとどまるのであれば、この資格はどこの企業でも通用するので、同業他社に転職する際の武器になります。

研修や修了試験のための受験勉強を通じて、治験の意義を再確認できれば、仕事のモチベーションが復活するかもしれません。

参考資料

CRA教育研修について | 教育・資格検定 | 一般社団法人 日本CRO協会
日本CRO協会による「CRA教育研修制度(旧:モニター教育研修制度)」の概要を掲載しています。制度の趣旨と内容、教育研修の仕組み、総則・細則を確認いただけます。

2.語学力をレベルアップさせて外資系CRO転職を視野に

しあなたが「辞めたいけど、なんか辞められない」状態でしたら、退職も転職も一時凍結しておき、語学力、特に英語を勉強してみてはいかがでしょうか。目標はTOEIC700点以上。

特に外資系のCRO企業に勤めている方は、英語を使いこなせるようになると、途端に仕事のグレードが高まります。出世の道も開けてきます。

また内資系であっても国際共同治験を手掛けているCROは、英語ができるスタッフを重用します。日本CRO協会によると、国内の治験計画届出数の実に3割が国際共同治験になっていて、この数はさらに増える見込みです。

またCRAたちを対象にしたアンケートでも、半数が「業務に英語が関わってくる」と回答しています。あなたが直接、海外の治験担当者と副作用について会話できれば、仕事の幅はグッと広がります。

英語を自分のものにして、管理職を目指してはいかがでしょうか。管理職になると、一般スタッフとは異なった「仕事の視点」を持つことができます。そうなると、仕事のやりがいが増えるかもしれません。

3.CRAを辞めて他業界に転職する

もしあなたが「どうしてもCRAの仕事は肌に合わない」と感じていたら、それはもう他業界に転職するしかないでしょう。

CRAのように、濃厚なコミュニケーションと高度な知識の獲得が要求される職場は、向き不向きが明確に分かれるので、「長居」をすると大きなストレスをつくることになりかねません。

しかもあなたは、「転職に困らない資格」をお持ちです。さらに、その資格を必要とする会社がたくさんあります。

また、CRAの経験はあなたの転職活動を有利に運ぶことでしょう。あなたの履歴書を見た採用担当者は「CRAをやっていたなら、うちの仕事も大丈夫だな」と感じるはずです。

転職は「新たなスタート」と考えがちですが、仕事を変える本当の意義は「キャリアの深掘り」です。勤務先が変わっても、あなたがしたいことや、あなたがすべきことまでを変える必要はないのです。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まく学習塾勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、CRO臨床開発モニター(CRA)以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

CRO臨床開発モニター(CRA)の辞め方とタイミング

1.CRA争奪戦を繰り広げているCRO企業の引き留め策はかなり強引なことを知るべし。

CRAのあなたなら就職先を見つけることは、それほど難しくないでしょう。転職活動の大きな壁は、いまの会社を辞めることです。

田所真由美さん(仮名、27歳)はとあるCRO企業の契約社員でしたが、退職の際はとても嫌な思いをさせられました。

田所さんは入社から2年半が経過したころ、上司に「契約満了まであと半年となりました。少し早いんですが、大変お世話になりました」と伝えました。

上司は苦い顔をして「3年契約が終了するだけでしょ。スケジュール通りじゃないですか。誰もあなたを引き留めないよ」と言いました。

田所さんは懸命に舌打ちを我慢しました。

しかし、今度は上司が舌打ちをする番でした。

というのも、会社の専務がその上司に、「これ以上CRAを減らすわけにはいかない、慰留しろ」という指示が出たのです。もちろん田所さんが優秀だったこともありますが、この会社ではCRAの引き抜きが相次ぎ「引き留め策」を強化していたのです。

田所さんはこうした事情を、その上司から聞かされました。上司としても「引き留めない」と言ってしまった以上、専務命令であることを伝えざるを得なかったのでしょう。

田所さんがそれでも「契約の更新はしません」と答えると、上司は「正社員にするから残って」と言いました。これにはさすがの田所さんも「結構です」ときっぱり答えました。

「最初から正社員にすると言われていたら、私も考えたかもしれません。でも、私がもし『契約を更新します』と答えていたら、正社員にすることはせず、契約社員の安月給で使い続けるつもりだったわけですよね。やり方が汚いと思いました」

田所さんはそのように振り返りました。

田所さん以外の事例でも、退職を表明したCRAへの「慰留工作」はたくさん報告されています。給料をアップしたり、産休や育休を長く取ったりと、CRO企業はCRAたちの労働条件をどんどん改善しています。

それ自体は業界の改善として歓迎すべきことですが、大きな問題をはらむ強引な引き留めもあります。

2.「退職拒否」という新しいパワハラが登場。

治験業界はいま「CRA争奪戦」の様相を呈しています。ライフイベントが多い女性が大半を占める職種ですので、採用担当者はスタッフ確保に苦慮しています。

CRAを退職させた管理職にペナルティを課す企業もあります。そうなると上司たちの引き留めは強引になります。

「うちを退職したら、この業界で働けなくしてやる」と脅しをかけてくることもあります。こうした行為は「退職拒否」や「辞めさせないパワハラ」と呼ばれ、新しい労働問題になっています。

NPO法人・労働相談センターによると、「使用者から退職拒否をされた」という相談件数は、2010年から2012年までの間に3倍に急増したそうです。

法律では「労働者は、会社に退職を伝えてから2週間で辞めることができる」となっています。なので本当は、会社から退職拒否を受けても辞めちゃえばいいのです。しかしそうさせない悪知恵を、ブラック企業はたくさんもっているのです。

その1つが「離職票を出さない」です。労働者は会社から離職票をもらわないと、失業保険の手続きができません。

さらにひどいケースだと「損害賠償請求を起こすぞ」と脅してきます。

会社は従業員に、研修や指導や訓練など、さまざまな「投資」をしています。ブラック企業は退職希望者に「会社はまだ、お前に投資したカネを回収できていない。もっと働いて返せ。それでも辞めるなら賠償金を支払え」と言うのです。

CRAの訓練期間は長期間に及ぶことがあり、また指導内容も高度なので、CRO企業としては「投資額は相当なもの」と見積もっているはずです。

しかし、これらはいずれも違法です。

繰り返しますが、労働者は2週間前に退職を伝えれば、会社を辞めることができます。

もちろん、大きな責任を持たされているCRAが2週間で辞めることは、実際は難しいかもしれませんが、それでも退職まで2カ月も3カ月も待たされる必要はないでしょう。

退職拒否は明確なパワハラなので、労働基準監督署などに相談しましょう。

参考資料

やめさせてくれない ~急増する退職トラブル~ - NHK クローズアップ現代+
2012年4月26日(木)放送。厳しい雇用情勢が続く中、全国の労働者支援の窓口に意外な相談が増えている。「会社をやめたくてもやめさせてくれない」というものだ。長年労働者を支援してきたNPO法人・労働相談センターには、“退職拒否”に関する相談がこの2年で3倍に急増。退職する権利は法律で守られているが、会社側が失業保険の申...

CRAの勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.CRC(SMO企業治験コーディネーター)に転職

CRA(CRO企業の臨床開発モニター)の転職先としてメジャーなのは、CRC(SMO企業の治験コーディネーター)です。

治験は、「製薬会社」が「病院」の力を借りて実施します。製薬会社の外注先がCRA・CROで、病院の外注先がCRC・SMOとなります。

CRAはCRCを統括・指導する立場ですので、「治験の仕事は続けたいが、人を指導したり管理するのが苦手」という方がCRCに転向すれば、治験の実務に専念することができます。

ただ、CRAからCRCへの転職では、年収が少し下がってしまうかもしれません。

CRA専門サイトの調べでは、CRAの平均年収が600万円なのに対し、CRCは500万円でした。ただ、CRCは出張がほとんどないため、その「苦労軽減賃」と考えると、それほど大きなダウンに感じないかもしれません。

CRCの仕事で特徴的なのは、治験事務局の事務や治験審査委員会の設立と運営です。治験審査委員会は「IRB」と略称で呼ばれ、治験の倫理性、安全性、科学的妥当性を審査します。

似ているようで全然違う「CROとSMO」
略称 CRO SMO
正式名 contract research organization

医薬品開発受託機関

site management organization

治験施設支援機関

共通事項 どちらも治験を支援する組織
どの立場? 製薬会社を支援する:製薬会社から依頼を受け、製薬会社の立場で業務を行う 病院を支援する:病院から依頼を受け、病院で業務を行う
誰が行うの? CRA:臨床開発モニター CRC:治験コーディネーター
何をするの? SMO(CRC)の指導と統括。

モニタリング、患者カルテの確認、データ解析、統計解析、メディカルライティング、医師とのコミュニケーション

病院に治験を遂行するスキルを持つスタッフがいないときに、手伝いをする。治験の現場実務、

治験事務局、治験審査委員会(IRB、倫理性、安全性、科学的妥当性を審査)の設立と運営

モニタリングって? 治験薬の交付、回収。実施医療機関への情報提供。厚労省令(GCP)順守の確認。治験実施計画の確認。進捗管理。報告書の作成。
年収は? 400万~1200万円

平均は600万円

300万~800万円

平均は500万円

参考資料

CROとSMOって何が違うの?|医薬品業界の疑問を解決|株式会社イーピーメイト
CROとSMOって何が違うの?。医薬・製薬会社の仕事について、よくいただく疑問に担当者がお答えします。
「SMO」と「CRO」の違い | CRCばんく
「SMO」と「CRO」の違いが分かります。SMOとCROの「業務内容」「組織構成」を詳しく比較し、SMOとCROの違いを徹底的に解説しています。「代表的なSMO・CRO」も紹介しています。
治験・CROのエスアールエル・メディサーチ
治験検査・CRO事業を通じ、医薬品研究開発のトータルサポートを実現するエスアールエル・メディサーチ。

2.それぞれの資格を生かした転職【薬剤師編】

薬剤師のCRAの転職先としておすすめしたいのは、ドラッグストアです。いま「なんかグレードが落ちる感じ」と思った薬剤師CRAは、古いドラッグストアを思い浮かべたのではないでしょうか?少し誤解を解いておきましょう。

いまのドラッグストアには、次の2つの特徴があります。

  1. ドラッグストア業界は成長産業。儲かっている企業はやはり快適。
  2. ドラッグストアの生き残り策は「調剤」にあり。薬剤師がとても大切にされる業界。

経済産業省は、ドラッグストア業界に対し「社会的基盤としての期待」を寄せています。それはドラッグストアには、1.買い物弱者の救済、2.セルフメディケーションの促進――という機能が備わっているからです。

ちなみに2013年の国内のドラッグストア店舗数は1万7千店で、年間売上は6兆円に達します。

薬剤師の仕事に大きく関わる「セルフメディケーション」ですが、これは行政用語です。その意味は「健康寿命をのばすために、どこでも簡単に医療サービスを受けられる仕組みをつくり、自己健康管理を進める取り組み」となります。

厚生労働省は、病院による医療提供は価格が高いと考えています。それでセルフメディケーションを拡充させて、それほどコストをかけなくても、つまり病院に頼らなくても健康寿命はのばそうとしているのです。

ドラッグストアの薬剤師は、その任務に携わることができるのです。

薬剤師CRAのあなたが「転職しようかな」と思ったときにぜひ活用していただきたいのが、転職支援サイトが行っている相談会です。

例えばDODAは、薬剤師に特化した転職相談会を、東京、大阪、愛知、福岡で開催しています。キャリアコンサルタントが1対1で対応してくれますし、ネットに公開していない求人もたくさん用意しています。

参考資料「ドラッグストア業界の現状及び業界を巡る環境の変化について」(経済産業省、2014年11月)

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoujo/self_medichation/pdf/001_05_00.pdf

3.それぞれの資格を生かした転職【看護師編】

看護師CRAのあなたにおすすめしたい転職先は、訪問看護です。訪問看護は、病院看護やクリニック看護とはまったく異なる仕事の醍醐味があります。それは「患者のホームで看ること」です。

病院やクリニックでの看護業務は、「ホームにいる看護師」が、「アウェイに来ている患者」を看ることです。

なぜなら医療機関は、看護師にとっては「勤務先」ですが、患者にとっては「できれば行きたくない場所」だからです。

しかし訪問看護師たちは、文字通り患者の「ホーム」で患者と接します。同じ看護業務であっても、患者宅での「患者の表情」は、病院での「表情」とまったく違います。

病院勤務が長い看護師でも、新鮮な驚きがあるでしょう。看護師CRAから訪問看護に転身すれば、なおさらでしょう。

しかも、訪問看護は厚生労働省が積極的にプッシュしています。診療報酬や介護報酬でも加算を増やすなどして、訪問看護師の収入増を狙っています。

国は「訪問看護師を増やしたい」と考えています。あなたが訪問看護の世界に飛び込むことは、大きな社会貢献になるのです。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

CRO臨床開発モニター(CRA)

CRO勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「CRA以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がないCRO臨床開発モニター(CRA)業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

無料お試し登録はこちら

人生の救済策1:もしブラック企業なら、今すぐ「弁護士の退職代行サービス」を利用してそこから逃げよう

あなたの意思が退職に固まったとしても、その決意を職場に自分で伝えることは容易ではありません。ましてや、ブラック企業に勤めている方にとっては、恫喝されたりモラハラされたりする危険性が高まる可能性があるケースも珍しくないでしょう。

そんな場合は、マスコミでも大いに話題になっている「退職代行」業者に依頼をして、全く遠くの安全な場所から、ただ自分の退職プロセスが自動的に行われていくのを眺めているだけに勤めるのに勝る手法はありません。

あなたは一切、元職場にコンタクトを取る必要がなく、ただ自宅でのんびり待っているだけで、すべての退職交渉を代行企業がスムーズに取り計らってくれるからです。

退職代行サービス会社には「一般企業」と「法律専門家企業」の2種があることに注意

ただし、退職代行サービスを利用する際には、正しい法律の交渉にたけている「弁護士」が常駐しているサービスを選ぶ必要があります。

弁護士の所属しないような一般企業の退職代行企業だと、どうしても仕事の遂行プロセスに雑さと時には脱法的な強引さが出てくるケースがあります。

したがって、退職代行サービス申込時には、慎重に「御社には弁護士が在籍していますか?交渉は弁護士が行ってくれるのですか?」と確認をとるべきでしょう。

当サイトお勧めの退職代行サービスは「汐留パートナーズ法律事務所」がダントツ

以上を考えると、当社お勧めの退職代行サービスの1つとしては、弁護士事務所そのものが運営(第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹弁護士)をしている「汐留パートナーズ退職代行サービス」があります。

「汐留パートナーズ退職代行サービス」に退職代行を依頼する場合、単純にブラック企業と連絡をこれ以上取れずに退職できるだけでなく、残業代や未払い賃金の請求もしっかり弁護士から法を武器にして取り立ててくれる点が大きいです。

ブラック企業から逃げたいあなたは、ただ家で寝ているだけで、弁護士がすべての残業代、未払い賃金を取り戻した上に、退職までスムーズかつ安全に代行交渉してくれることになります。

未払い賃金・残業代を取り戻して退職代行もしっかり成功させたいあなたはこちらから弁護士に是非ご相談を(お問い合わせや相談は無料です)

人生の救済策2:転職を希望するなら、業界内でも「優秀なコンサル」が揃う転職エージェントのリクルートエージェントを利用すべき

今現在の職場を辞めたい人には、転職を支援してくれるプロフェッショナル、転職エージェント(リクルートエージェント)の利用がおすすめです。

他業種にしても同業種にしても、「今の仕事を辞めて転職したい」と考えている方をプロが徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの転職支援にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

リクルートエージェントが他社と比較して優れている評価ポイント

非公開求人を含む多数の求人からマッチングして紹介してくれる
・人事担当者を惹き付ける履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
内定獲得率を高くするために徹底した面接対策が可能
・自分を最大限にアピールするためのノウハウを提供してくれる
人材紹介利用者層にもアプローチできる

これらのサポートをプロのキャリアアドバイザーと分野別に特化したコンサルタントが行ってくれるので、効率良く転職活動を進められるのです。

同業種への転職はもちろんですが、あなたが他業種へと転職すると決めた場合は、同業内の転職よりも多少ハードルが高くなります。

そんな時に一人で取り組むのではなく、リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すれば内定獲得率を上げられるのです。

転職サイトも転職エージェントも完全に利用料金は無料なので、希望の職種に就きたいと考えている方はリクルートエージェントへと無料登録してみてください。

今すぐに転職する気がなくとも、いつか来る転職の日のための情報入手目的での「お試し登録」もOKです。同社の担当エージェントは、無理に転職を急かさずに、じっくりとあなたの話に耳を傾けてくれますよ。

リクルートエージェントの無料お試し登録はこちらから



絶対に転職失敗したくない方へ、更にマイナビエージェントの抑え登録で理想的な転職プランが完成!

既にリクルートエージェントに登録済みの方や、絶対に転職失敗したくないので2重でサポートを受けたいとお考えの方は、マイナビサポートへの無料同時登録をすることで、2重の保険として転職成功の可能性を高めることができます。







スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク