ウエディングプランナーを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
波止 鏡子

波止 鏡子

結婚を機に転職エージェント勤務8年を得て退職。人事コンサルティング会社へ転職すると同時に、キャリアパス相談を日々こなしながら原稿執筆にも邁進中。花の30代。




記事の目次

顧客に幸せを届けるために、自分自身が身も心もすり減らしているウェディングプランナー

ウェディングプランナーは結婚する新郎新婦のアドバイザーという役割を担っており、結婚式の全体的なプランニングも行っています。企業によっては、ブライダルコーディネーターやウェディングプロデューサーとも呼ばれており、その多くはホテルやブライダルコーディネート企業に勤めています。

ウェディングプランナーには結婚する2人の門出を祝うために、イベントなどの提案や高いレベルの接客が求められます。それ以外にも参加者に不快な思いを与えないための正しい言葉遣いや礼儀作法などが出来る必要があります。

しかしその一方で、仕事が体力的にハードだったり、収入面が満足いくものでなかったりするために辞めたいと考えている人が存在することも事実です。本来でしたら幸せを届ける立場にもかかわらず、他人の幸せに嫉妬してしまう人も中にはいます。

このような理由から同じように「ウェディングプランナーはもう辞めたい」と思いながらも、泣く泣く仕事を続けている人は、少なくありません。

ウェディングプランナー業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

辞めたい理由と悩み1:休日出勤や残業で体力的にキツい業務内容がデフォルト

ウェディングプランナーは他業界と比べて離職率が高く、その理由は労働時間の長さにあります。結婚式が行われる日程の関係から、まず土日休日に有給を取得することは難しいです。挙式の開始時間によっては早朝・深夜の勤務になります。他の挙式の準備のために残業も多いのがこの職種の特徴です。

このようにハードな生活を送っているプランナーが多く、時には1日の間に複数の結婚式をこなさなければならないこともあります。早朝から半日以上ずっと働きっぱなしといった生活を休みなく続けていることで、体調を崩す人が少なくありません。

辞めたい理由と悩み2:仕事内容の大変さとはアンバランスな低給与なのに、日々顧客のクレームで疲弊する

仕事内容の大変さを考慮すると、ウェディングプランナーの給料は決して高いとは言えません。これも業界で働く人の悩みの一つです。

業界の平均年収は250万円〜450万円ぐらいです。自身の営業成績で給料が変わるのが特徴です。「自分はこんなにも頑張っているのに、給料が上がらない」ということに不満を感じる人は少なくありません。

仕事にやりがいを感じている人であっても、生活のために別の職種への転職を余儀なくされているという実情もあります。

辞めたい理由と悩み3:他人の幸福を預かるという業務責任が重く、ストレスが溜まって自分が潰れそうになる

ウェディングプランナーはお客様の要望に応えようと頑張りすぎるあまり、精神的なストレスを溜め込んでしまう人が多いです。こうしたストレスから「仕事を辞めたい」と思うことがあります。

他人を幸せにする役割を持つウェディングプランナーには重大な責任があります。当事者にとっては一生に一度しかない結婚式です。失敗は許されないため、毎回大きなプレッシャーがのしかかります。

その責任の重さにストレスがたまり、精神的に潰れてしまうケースが後を絶ちません。ウェディングプランナーは激務に加えてプレッシャーと責任を背負わなければならず、体力的にも精神的にもタフな人しか長く続けられない仕事なのです。そのため仕事のやりがいや楽しさを考える前に、ブライダル業界を離れていく人もいます。

辞めたい理由と悩み4:イメージと現実が大きく掛け離れすぎていた仕事であることに気付いた

ウェディングプランナーとして働きはじめてから、イメージと現実のギャップにショックを受ける人が少なくありません。そのためか、サービス業の中でもウェディングプランナーは特に退職率が高いと言われています。

ブライダル業界は「結婚する夫婦を幸せにする」、「2人を笑顔に出来る」といった華やかなイメージがある一方で、契約につなげるための営業活動なども行わなくてはなりません。企業によってはしっかりとノルマが設定されており、ウェディングプランナーの皆さんたちもノルマの達成に四苦八苦した経験があるのではないでしょうか。

数字だけを追求すれば良い単純な仕事ではないものの、営業成績が大事なことは皆さんもお分かりいただけるかと思います。こうした理想と現実のギャップを痛感し、落胆が隠せなかった人も多いのではないでしょうか。

辞めたい理由と悩み5:顧客は幸せなカップルなのに私のプライベートは?思わず他人の幸せに嫉妬してしまう

中には他人の幸せに嫉妬してしまうケースがあります。「段々、人の幸せな姿を見るのが辛くなった」、「必要以上に自分の結婚に焦りを覚えるようになった」など、結婚適齢期に焦りを感じているとこのような思いにかられてしまうようです。

仕事をしていく中で他人を幸せにしたいという気持ちよりも、嫉妬心や妬みといった感情が生まれてしまうのは精神衛生上良くありません。そのような気持ちを持ち始めた時点で、速やかに転職を検討されることをおすすめします。

では、ウェディングプランナーとして勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、ウェディングプランナーの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.ウェディングプランナーとして働くメリットを再度考える

仕事を辞めたいと思う人の中には「ウェディングプランナーとしての仕事は好きなんだよね!」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした人におすすめしたいのが、今一度ご自身がウェディングプランナーとして働くメリットや思いを振り返ることです。

ウェディングプランナーとして働くメリットや思いについていくつかまとめました。もちろん、これは一例なので、ぜひご自身でも考えてみてください。

【ウェディングプランナーとして働くメリット】
  • 様々なお客様に対応するためコミュニケーション能力が培われる
  • 相手の要望をしっかりと聞くため、ヒアリング力が養われる
  • お客様のニーズや個性に合う提案をオーダーメイドすることで提案力が培われる
  • お客様毎に提案内容を考えるため、対応力が養われる
  • お客様を満足させようとするホスピタリティーが育てられている

などが挙げられます。

これらのスキルは他の企業や業種でも必要とされますし、こうしたスキルを持つ人は転職市場において貴重な存在となります。

ウェディングプランナーという仕事に対してやりがいを感じている人も多いでしょう。仕事に誇りを持って取り組んでいるのであれば無理に辞める必要はなく、ウェディングプランナーとしての経験やスキルに磨きをかけるべきです。

ですが、改めてウェディングプランナーとして働くメリットをご自身の中で見直した時に、転職という選択肢がでてきてもおかしくはありません。その時には、早い段階で転職活動を始められることをおすすめします。

2.転職した場合のメリットも同時に考えてみる

キャリア選択には複数の選択肢を常に考えておくべきです。従って、上記と同時にウェディングプランナーの仕事を辞めて転職するメリットも考えておくべきでしょう。転職した場合のメリット以下にいくつか挙げます。

【転職するメリット】
  • 生活が安定して、満足のいく収入が得られる
  • 土日休日に休みを取ることが可能になる
  • 規則正しく働くことが出来る
  • 転職で新たな自分の可能性を発見出来る
  • 厳しい労働環境から解放されることで、心身の負担が軽くなる

などが挙げられます。

もしも「ウェディング業界に戻るつもりはない」と覚悟している人の場合には、今の仕事にこだわらずに転職するされることをおすすめします。特に生活の安定は非常に大きいです。転職をきっかけに、同じ労働時間でもウェディングプランナー時代よりも倍以上の金額を稼ぐことが可能です。

3.ウェディングプランナーを辞めて他業界に転職する

ウェディングプランナーが他業種へ転職することは、正直難しくありません。それは通常の業務を通して他業種で働く上で必要なスキルや経験、能力を常に磨いているからです。

基本的にウェディングプランナーは、その仕事柄から体力やホスピタリティーが高い人が多いです。仕事を通して「どうしたらご夫婦が喜ばれるだろうか?」や「このご夫婦にはどんな提案が良いのだろうか?」など常に相手のことを考えているため、お客様相手に仕事を進めていく職種では大変重宝される人材です。転職市場においても貴重な存在となります。

これまで培ってきたスキルや技能を上手にマッチングさせられれば、他業種でも問題なく働ける人材とみなされるに違いありません。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まく学習塾勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、ウェディングプランナー以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

ウェディングプランナーの勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.全く社風が異なる同業他社のウェディング会社に転職

ウェディングプランナーとしてある程度の期間働いていた人なら、ウェディングプランナーとしての心構えや仕事のスタイル、働く上で有利となる各種資格も多数取得しているのではないでしょうか。そうした人におすすめしたいのが、これまで働いていた企業や職場とは違う環境での再出発です。

今の職場や環境で働き続けるのは辛いけど「お客様の『ありがとう』のために!」という人や「出来ることならウェディングプランナーで働きたい!」という人は検討されてみてはいかがでしょうか。

同じウェディングプランナーで働くとはいえ、勤務形態や職場が変わればお客様も一緒に働く同僚も全く違います。そのため労働環境さえ変われば、問題なくウェディングプランナーとして働き続けられるという人も少なくないのです。

2.高いホスピタリティーを武器に宿泊業や接客業への転職 

中には「お客様にホスピタリティーを提供する仕事をしたい」という人も多いかと思います。そうした人には、宿泊業や接客業への転職をおすすめします。

基本的に宿泊業や接客業は常に人不足に悩んでいます。こうした業界ではウェディングプランナーとして培った、強い責任感や基本的な接客力の高さが武器となります。それだけではなく、ホスピタリティーも養われているためこうした業界に入っても「お客様のために」という気持ちを忘れずに働くことが出来ます。

3.自分の力で成果を出すことができる「営業・販売職」へ転職

「自分の実績だけで成果を残す仕事がしたい!」「ウェディングプランナーとはまったく違う仕事がしたい」という人も多いかと思います。そうした人には、自分が働いてみたい分野の営業・販売職へ転職されることをおすすめします。

基本的にどの業界でも営業・販売職は人不足に悩んでいます。ウェディングプランナーは営業業界から見ると異色の経歴ですが、その点を逆手にとってアピールが可能なのも強みの一つになります。

働いてみたい業種や職種であるからこそ、その気持ちを伝えると同時に自身の強みをしっかりと伝えられるかが採用の鍵となっています。そのため、これまでウェディングプランナーとして培ってきた力をどのように転職先で活かせるのかを自分の中で整理する必要があります。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

ウェディングプランナー勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「ウェディングプランナー職以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がない塾講師/予備校業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

無料お試し登録はこちら

人生の救済策1:もしブラック企業なら、今すぐ「弁護士の退職代行サービス」を利用してそこから逃げよう

あなたの意思が退職に固まったとしても、その決意を職場に自分で伝えることは容易ではありません。ましてや、ブラック企業に勤めている方にとっては、恫喝されたりモラハラされたりする危険性が高まる可能性があるケースも珍しくないでしょう。

そんな場合は、マスコミでも大いに話題になっている「退職代行」業者に依頼をして、全く遠くの安全な場所から、ただ自分の退職プロセスが自動的に行われていくのを眺めているだけに勤めるのに勝る手法はありません。

あなたは一切、元職場にコンタクトを取る必要がなく、ただ自宅でのんびり待っているだけで、すべての退職交渉を代行企業がスムーズに取り計らってくれるからです。

退職代行サービス会社には「一般企業」と「法律専門家企業」の2種があることに注意

ただし、退職代行サービスを利用する際には、正しい法律の交渉にたけている「弁護士」が常駐しているサービスを選ぶ必要があります。

弁護士の所属しないような一般企業の退職代行企業だと、どうしても仕事の遂行プロセスに雑さと時には脱法的な強引さが出てくるケースがあります。

したがって、退職代行サービス申込時には、慎重に「御社には弁護士が在籍していますか?交渉は弁護士が行ってくれるのですか?」と確認をとるべきでしょう。

当サイトお勧めの退職代行サービスは「汐留パートナーズ法律事務所」がダントツ

以上を考えると、当社お勧めの退職代行サービスの1つとしては、弁護士事務所そのものが運営(第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹弁護士)をしている「汐留パートナーズ退職代行サービス」があります。

「汐留パートナーズ退職代行サービス」に退職代行を依頼する場合、単純にブラック企業と連絡をこれ以上取れずに退職できるだけでなく、残業代や未払い賃金の請求もしっかり弁護士から法を武器にして取り立ててくれる点が大きいです。

ブラック企業から逃げたいあなたは、ただ家で寝ているだけで、弁護士がすべての残業代、未払い賃金を取り戻した上に、退職までスムーズかつ安全に代行交渉してくれることになります。

未払い賃金・残業代を取り戻して退職代行もしっかり成功させたいあなたはこちらから弁護士に是非ご相談を(お問い合わせや相談は無料です)

人生の救済策2:転職を希望するなら、業界内でも「優秀なコンサル」が揃う転職エージェントのリクルートエージェントを利用すべき

今現在の職場を辞めたい人には、転職を支援してくれるプロフェッショナル、転職エージェント(リクルートエージェント)の利用がおすすめです。

他業種にしても同業種にしても、「今の仕事を辞めて転職したい」と考えている方をプロが徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの転職支援にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

リクルートエージェントが他社と比較して優れている評価ポイント

非公開求人を含む多数の求人からマッチングして紹介してくれる
・人事担当者を惹き付ける履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
内定獲得率を高くするために徹底した面接対策が可能
・自分を最大限にアピールするためのノウハウを提供してくれる
人材紹介利用者層にもアプローチできる

これらのサポートをプロのキャリアアドバイザーと分野別に特化したコンサルタントが行ってくれるので、効率良く転職活動を進められるのです。

同業種への転職はもちろんですが、あなたが他業種へと転職すると決めた場合は、同業内の転職よりも多少ハードルが高くなります。

そんな時に一人で取り組むのではなく、リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すれば内定獲得率を上げられるのです。

転職サイトも転職エージェントも完全に利用料金は無料なので、希望の職種に就きたいと考えている方はリクルートエージェントへと無料登録してみてください。

今すぐに転職する気がなくとも、いつか来る転職の日のための情報入手目的での「お試し登録」もOKです。同社の担当エージェントは、無理に転職を急かさずに、じっくりとあなたの話に耳を傾けてくれますよ。

リクルートエージェントの無料お試し登録はこちらから



絶対に転職失敗したくない方へ、更にマイナビエージェントの抑え登録で理想的な転職プランが完成!

既にリクルートエージェントに登録済みの方や、絶対に転職失敗したくないので2重でサポートを受けたいとお考えの方は、マイナビサポートへの無料同時登録をすることで、2重の保険として転職成功の可能性を高めることができます。







スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク