Webデザイナーを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
波止 鏡子

波止 鏡子

結婚を機に転職エージェント勤務8年を得て退職。人事コンサルティング会社へ転職すると同時に、キャリアパス相談を日々こなしながら原稿執筆にも邁進中。花の30代。




記事の目次

日進月歩のWeb技術進化についていくだけで精一杯。このまま働き続けて、自分に将来はあるのだろうか?

Webサイトはデザインの良し悪しにより、商品を売ることが出来たり、顧客を獲得出来たりと成果が大きく変わります。それはWebデザイナーの手腕にかかっているといっても過言ではありません。見た目だけではなく使いやすさも考慮しなければならず、サイト作成において重要な役割を担っています。

Webサイトのデザインは個人や企業といったお客様からの依頼を元に、全体の構成を考えながら構築していきます。多くのスキルを身に付けているWebデザイナーほど当然のようにデザインの幅が広がり、お客様の要望に応えられるようになります。

そのためお客様の要望を的確にくみ取る能力が必要となります。中には全て丸投げというお客様もおり、その度に「相手が意図するもの」を形にする力が求められます。
お客様が納得するまで作り続けるという気の遠くなるような作業もあります。

クリエイティブな作業である一方、体力勝負な面もあるのがWebデザイナーの仕事です。時にはお客様からの無理な要望や納期を押し付けられたりすることもあります。中にはお客様からの要望がエンドレスで終わりが見えないという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。正直、Webデザイナーは精神的にタフにならないと心がもちません。

こうした仕事環境と業界事情からWebデザイナーとして働くことに限界を感じ、他社や他業種への転職を考えている人は少なくありません。

Webデザイナー業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

辞めたい理由と悩み1:必死に学んだ今最新のWeb技術やデザイントレンドがあっという間に時代遅れになる

Web技術の移り変わりがとにかく早いです。これはWebデザイナーに限らずIT業界全般に該当することではないでしょうか。日々新しい技術や情報が次々と登場するため、次から次へと勉強しなくてはなりません。そのため勉強することが苦手な人や変化に弱い人にとっては過酷な仕事とも言えます。この業界で働く人の多くが新しい技術の勉強をしているからです。

数年前は革新的だと言われていた技術でも、今では既に時代遅れというケースは少なくありません。急激に移り変わる環境の中で常にアンテナを張って物事を捉える努力をしなくてはいけないのです。

辞めたい理由と悩み2:我儘なクライアントの要求をまじめに受け止めてしまうと、休む暇がない日々がさらに多忙になる

ちょっとした作業だからといって、お客様の要求を全て無料で受けているWebデザイナーは少なくありません。お客様第一に考える姿勢はビジネスマンとして素晴らしいのですが、何事も勉強だと全てを受けていると休む暇がなくなります。

このような生活が長く続けば続くほど体力的にも精神的にも辛くなり、次第に体に不調をきたします。Webデザイナーは業務内容の多さに加え、スピードも同時に求められる世界です。中には「タスクをこなせないから朝から終電前まで働いている」という人もいます。そのため気が付いたら周囲がストレスやプレッシャーに押し潰されて心を病んでいたというケースが少なくありません。

辞めたい理由と悩み3:仕事だけでプライベートがない日々…自分都合での休日などはまず取れない

Webデザイナーのように「お客様第一主義」のような仕事になってくると、自分の都合で有給や休暇が取りにくくなります。休みを取っていたとしても、お客様の都合で会社から連絡が入ることもしばしばです。

これでは仕事終わりのアフターファイブはもちろん、休日も仕事や会社のことが気になってゆっくりと休む事が出来ません。これは、Webデザイナーを家族や恋人に持つ人にも同じ事が言えます。

こうした仕事環境では、家族とはいえ一緒にいても気が休まりません。特に仕事第一主義の人をパートナーに持つと「一緒に家族やパートナーとして過ごして行けるのか?」といった疑問がついて回ります。

特に女性の場合には、結婚や出産といったライフバランスの兼ね合いが取りにくくなるため「本当にこの仕事を続けていて良いのだろうか?」と考える人も少なくありません。

辞めたい理由と悩み4:拘束時間が長い長時間労働なのに、給与が少なく昇給もまず見込めない

Web業界の中でもWebデザイナーは労働時間の割に給料が安いという特徴があります。得られる収入は持っているスキルによって変化します。HTMLやCSSなどのタグが書ける人は月収20万円程度、SEOを意識したコーティングが出来る場合には月収30万円程度が相場とされています。

Webデザイナーの平均年収は360万円程度ですが、エンジニアの年収と比較すると安い金額です。労働時間の割に見合った給料をもらえていない人が多く、それが当たり前と思っている人も少なくありません。

また残業時間という概念を持っていない企業や人材が多いのもWeb業界の特徴です。そのため、深夜まで働くことが当たり前という企業スタイルを持っている会社もいまだに複数存在します。こうした業界の常識も労働時間の割に給料が安いと感じさせる要因につながります。

辞めたい理由と悩み5:クリエイティブな実務よりも「言いなりの実務」ばかり…やりがいはない。

「Webデザイナーって言葉の響きがかっこいい!」というイメージからこの仕事に憧れて働き始めた人も少なくないのではないでしょうか。しかし、現実は華やかな印象とは裏腹に地味な作業が多く「やりがいがない」、「つまらない」と嘆いている人が多いです。

もともとクリエイティブな職業だと思っていたものの、実際に業界に入ってみれば、すべてはクライアントやディレクター、プロデューサーの一方的なオーダーに従うばかりで、あなた自身のクリエイティブ性は一切求められません。

職人的な要素が強い職業なのである程度は仕方がないものの、「自分は技術者なのだ」という意気込みで仕事に取り組まないと、段々業務の意味が見いだせなくなります。

では、Webデザイナーとして勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?
この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、「Webデザイナーの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.このままWeb業界でデザイナー職として働き続けるメリットを、自分自身で再整理してみる。

仕事を辞めたいと思う人の中には「Webデザイナーとしての仕事は好きなんだよね!」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そうした人におすすめしたいのが、今一度ご自身がWebデザイナーとして働くメリットや思いを振り返ることです。

Webデザイナーとして働くメリットや思いについていくつかまとめました。もちろん、これは一例なので、ぜひご自身でも考えてみてください。

【Webデザイナーとして働くメリット】
  • 様々なお客様に対応するためコミュニケーション能力が培われる
  • 相手の要望をしっかりと聞くため、ヒアリング力が養われる
  • お客様のニーズや個性に合う提案をオーダーメイドすることで提案力が培われる
  • お客様毎に提案内容を考えるため、対応力が養われる
  • 納期に合わせて仕事をするため責任感が強くなる

などが挙げられます。

これらのスキルは他の企業や業種でも必要とされますし、こうしたスキルを持つ人は転職市場において貴重な存在となります。キャリアアップを望むのか、結婚や子育てといったライフバランスを重要視して活動をするのかで人によって大きくキャリア設計は異なってくると思います。

Webデザイナーにおいては「お客様の『ありがとう』のために」とやりがいを感じている人も多いでしょう。仕事に誇りを持って取り組んでいるのであれば無理に辞める必要はなく、Webデザイナーとしての経験やスキルに磨きをかけるべきです。

ですが、改めてWebデザイナーとして働くメリットをご自身の中で見直した時に、転職という選択肢がでてきてもおかしくはありません。その時には、早い段階で転職活動を始められることをおすすめします。

2.同時に「もし自分が転職した場合」のメリットも整理して考えてみる。

現在の職を続けた場合のメリットだけでなく、「もし自分が転職した場合」のメリットについても同時に考えることが重要です。Webデザイナーの仕事を辞めて転職するメリットを以下にいくつか挙げます。

【転職するメリット】
  • 厳しい労働環境から解放されることで、心身の負担が軽くなる
  • 本当にやりがいのある仕事を見つけて取り組むことでモチベーションがアップする
  • 納期に追われずに済むので激務から解放される
  • ライフワークバランスを整えることが可能となる

などが挙げられます。

転職のメリットには給料のアップなどもありますが、大きなメリットは「自分のプライベートな時間を確保出来る」です。人並みの生活を送れるということがどれだけ素晴らしいことなのかをぜひ実感してください。

転職に対して不安を持つ人も少なくありませんが、これまで自身が行ってきた仕事や経験を信じてぜひ一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

3.思い切ってWebデザイナーを辞めて他業界に転職する

Webデザイナーが他業種へ転職することは、正直難しくありません。それは通常の業務を通して他業種で働く上で必要なスキルや経験、能力を常に磨いているからです。

基本的にWebデザイナーは、その仕事柄から提案力や責任感が高い人が多いです。お客様毎に案件に対応する必要があるため対応力の高い人も少なくありません。

仕事柄培われた提案力や判断力はどの企業や業種でも重宝されますし、転職市場においても貴重な存在となります。これまで培ってきたスキルや技能を上手にマッチングさせられれば、他業種でも問題なく働ける人材とみなされるに違いありません。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まくWebデザイナー勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、Webデザイナー以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

Webデザイナーの勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.これまで働いていた環境とはまったく違う職場への転職を考えてみる。

Webデザイナーとしてある程度の期間働いていた人なら、Webデザイナーとしての心構えや仕事のスタイル、働く上で有利となる各種資格も多数取得しているのではないでしょうか。そうした人におすすめしたいのが、これまで働いていた企業や職場とは違う環境での再出発です。

今の職場や環境で働き続けるのは辛いけど「お客様の『ありがとう』のために!」という人や「出来ることならWebデザイナーとしては働きたい!」という人は検討されてみてはいかがでしょうか。

同じWebデザイナーで働くとはいえ、勤務形態や職場が変わればお客様も一緒に働く同僚も全く違います。そのため労働環境さえ変われば、問題なくWebデザイナーとして働き続けられるという人も少なくないのです。

2.Webデザイナーとしての企業勤務過去経験を活かして、フリーランスで独立起業をする

「職場環境は合わないけど、Webデザイナーとしては働き続けたい!」という人には、フリーWebデザイナーとして開業という道もあります。

もちろんフリーで働き始めるというのは、ある程度実務経験を積んでいないと難しい選択肢です。ですが、この機会に思い切ってチャレンジしてみるのも一つの手です。

いきなりフリーになるのは抵抗があるという人は、独立前提で働くことが可能な職場で期間を決めて働くという方法もあります。目標と期間を決めることで、働くことに緊張感とやりがいが生まれるからです。

3.PC教室やWEB制作教師の講師に転職して、納期のないまったりした職場でマイペースな生き方をする

「自分の実績だけで成果を残す仕事がしたい!」、「Webデザイナーという肩書きを上手に利用したい!」という人も多いかと思います。そうした人はIT講師へ挑戦してみてはいかがでしょうか。

Webデザイナーの仕事を通して手に入れたパソコンスキルをフル活用出来る職業です。仕事で使うために学習している受講生に対して、デザイナー目線でみた時に必要なポイントや知っておいた方が得なことをアドバイス出来るのも強みとなります。

さらに実務経験を積んでいく中で、独立といった可能性も視野に入れることが出来ます。そのため組織の一員として終わりたくない人や将来的に独立を視野に入れている人にはおすすめの職業です。

働く時間を自分の裁量で決定出来ることから、家庭と仕事を両立したいと考えている人に人気が高い職種でもあります。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

Webデザイナー勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「Webデザイナー以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がないWebデザイン業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

スポンサーリンク