CADオペレーターを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
野村 龍一

野村 龍一

医療系転職コンサルタント企業で700名以上の医師転職支援に関わる。近年は医療以外にも様々な業種からの「私も会社を辞めたい」という転職相談が相次ぎ、転職成功者のインタビューを敢行中。2016年12月より一般転職に関する情報提供、人生相談を当サイトにて開始。




記事の目次

華々しいCADオペレーターという名前の裏にある地味な仕事

野村龍一
今回はCADオペレーターを転職して、現在は大手メーカーの営業として働いている国生美由紀さん(仮名)からの寄稿レポートです。
国生美由紀 さん
CADオペレーターから「設計のわかる営業」として某大手メーカーに転職しました国生と申します。板挟みが多く長時間勤務のCADオペレーターの苦しみを、みなさんにも是非知ってほしいと思っています。

製造業においては「建築家」や「設計者」という職業はもとより、近年では「プロダクトデザイナー」や「インテリアコーディネーター」ように、「デザインする」という華々しいイメージのある職業が知られるようになりました。CADオペレーターも同様に、一般の方がその言葉を聞けば、「デザインするという業務に関わり、建物やインテリア、様々な製品を設計、企画している」という印象を受けるかもしれません。

しかし、実状は様々な業種において、「CADオペレーター」は、「設計者」や「デザイナー」、「企画者」とは全く質の異なる職種であり、その仕事は設計者や企画者の指示に従い図面を起こす、つまり、単純に「CADを操作して線を引くだけ」の仕事なのです。CADオペレーターというのは、設計者や企画者の労力を省くために、製図の仕事、言い換えれば「やっつけ仕事」を担う職業なのです。

また、代表的な業種では、建築家やプロダクトデザイナーは、その実績により脚光を浴びることがありますが、CADオペレーターの名前は表舞台に出ることはまずありません。よくある例え話で、「漫画家とアシスタントの関係に似ている」などと言われることがありますが、漫画本の巻末に名前が記載される漫画家アシスタントの方が、はるかに注目を浴びていると言えます。

CADオペレーター業界ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

辞めたい理由と悩み1:設計者と現場作業員や職人に板挟みにされる

設計者も人間ですので、当然その業務も全てが完璧ではありません。したがって、CADオペレーターが指示された通り正確に製図したとしても、間違いや不備のある図面、現場作業員が製作できないような図面を描いてしまうことが多々あります。このとき、現場からの問い合わせやクレームは、まずCADオペレーターが対応することがほとんどです。

本来、CADオペレーターは設計者の設計や構想について言及することはできません。その資格やスキルがないからです。しかし、実際にオペレーターが設計者に図面不備などの旨を伝えて対応を仰ぐと、製作上で問題が起きているのに、「その設計で問題ない」とか、現場が早急な対応を求めているにも関わらず、「今は時間がないから後にしろ」というような言葉が返ってきて、驚かされます。

設計者というのは、「ものを創造している」という考え方から、強いプライドを持っている人が多いのです。そういった人は、それが業務であろうが、他者に迷惑をかけようが、自分の間違いを認めたがらないのです。

図面の不備に対する設計者の指示で、最も困ってしまう対応は、「オペレーターが考えて対応しろ」です。そもそも、「設計」は設計者の職務です。完全に職務放棄です。オペレーターが対応できないから、指示を仰いでいるのに・・・。

いずれの場合においても、設計者が問い合わせやクレームに応じなければ、オペレーターが対応することになります。「納期」が存在するからです。建設業や製造業に関わらず、「納期」というものは、どの業界でも付いて回るものだと思いますが、「ものをつくる」業界では、物理的に不可能な納期というものが必ずあります。

そして、この業界では納期に余裕があることは、まずありません。受注すれば最速で納入です。したがって、オペレーターは納期を守るため、自身で解決策を考え、現場へ指示をしなければならないのです。問い合わせに対してきちんと指示を出し、現場の対応も直接してくれる設計者もいますが、かなり稀です。

しかし、オペレーターの本来の職務内容やスキルを考慮すると、この問題を解決するのは無理なことです。これができるのであれば、「設計者」と呼ばれるべきです。解決できないと分かっている問題を抱えることは非常に大きなストレスになります。常にそのことが頭から離れなくなります。

担当案件がその1件だけならそれほど問題にならないかもしれませんが、大抵は複数件を抱えています。一つのことに意識を取られ過ぎて、他の仕事が頓挫してしまいます。家に帰っても解決策を考えてばかり、酷いときには夜も眠れなくなってしまうこともあります。

さらに、ここで「現場」が追い打ちをかけてきます。現場も納期に追われているのです。「現場」が意味するのは建設業であれば土木作業員などの施工者、製造業であれば機械オペレーターなどの製品加工者など、業種によって様々ですが、いわゆる「職人」と呼ばれる、もっと言ってしまえば「ガテン系」の人々です。

こういった人々が納期が迫った案件の、図面の不備について詰め寄ってきます。怒鳴るなどは当たり前、酷いときは工具を持ち込んで威嚇してくるような職人もいます。当然、設計者は見て見ぬふりですが、職人は設計者を捕まえてこのようなことはしません。現場の人間は、製造業界のピラミットを知っているのです。

業界によって多少の差異はあるようですが、基本的に設計者は製造工程の頂点にいます。彼らがいなければ営業も、見積も、製作もできないからです。したがって、下工程の現場が設計者に対して強く当たることは稀です。代わりに、間に入ったオペレーターがはけ口となってしまうのです。

このように設計者の怠慢と現場からの圧力で板挟みにされたオペレーターは、酷い場合にはストレスや不眠から、うつ病や胃腸炎などの病気を発症してしまう方が少なくありません。

辞めたい理由と悩み2:オペレーターなのに、設計者に近いスキルを求められる

結局のところ、上記の板挟みの状況を克服するために、オペレーターは設計者に近いスキルを求められるようになります。本来、CADオペレーターという職務は、設計者の考案した構想図や基本図をCADデータ化するだけ、もしくは、過去の案件で使用されたデータを編集するだけ、紙媒体の図面をデータ化するだけというような、CADの操作さえできればこなせるものです、。

しかし、実際には板挟みの状況を予防するために、製図の段階で、「この部分は、このままでは施工できないので、少し位置を変えておこう」とか「この部品は、この寸法では納まらないから、小さくしておこう」とか「この角度では加工できないから、向きを変えておこう」というように、自然とつくることを意識した製図をするようになります。また、それでも板挟みにされてしまったときの打開策を講ずるため、施工や製作に関する知識を習得しようとするようになります。

端的に言えば、この板挟みに対する予防策と打開策は、現場について知るということです。さらに言えば、「現場に対する知識をもって製図を行う」=「設計」です。板挟みにされないよう努力する結果、オペレーターは設計者に近いスキルを求められることになってしまうのです。

しかし、その割には同じ職場で、有資格者の設計者などとオペレーターの給与を比べたときに、オペレーターの方が圧倒的に水準が低いのです。CADオペレーターとは、給与に対して、求められるスキルが高くなりがちである苦しい仕事です。

辞めたい理由と悩み3:設計者がオペレーターの職務ボリュームを把握していない

設計者は建物や製品の構想を考えることはしますが、基本的に製図の作業はほとんど行うことはありません。売れっ子の設計者であればなおさらです。また、製図にかかる時間を見積もることもありませんし、ほとんどの場合、見積りもできません。

そもそも、設計というのは、構想を立てた後の製図の段階で、問題を洗い出し、修正していくものです。金額の見積りは図面1枚を数万円などと換算することはありますが、図面1枚に費やす時間は見積りできません。どこで、どんな問題が発生して、修正にどれくらい時間がかかるか分からないからです。

そのため、設計者は、ある1つの案件を製図するのに、どれだけの時間がかかるか、また、オペレーターが現在どれくらいの案件を抱えているかなどの職務ボリュームを把握していないのです。職場環境や人数によりますが、もし、職務のボリュームを管理する者がおらず、ましてや、外注先がない場合、引き渡された業務は全て自身で消化するしかありません。

設計者は、主に営業が既に受注してきた案件でないと着手しません。つまり、営業が受注したものからは逃げられないというのは設計者も同じですが(大抵の場合は営業活動に設計者が関わっていますが)、設計者はオペレーターの負荷を気にすることなく仕事を押し込み続けます。製図は工程中で最も時間のかかる職務ですので、やがてオペレーターの人数が釣り合わなければ、パンクします。

労働環境の改善が叫ばれるようになりましたが、過剰な仕事ボリュームをを吸収するため、超過の残業を余儀なくされるオペレーターは多いはずです。もちろん会社は、オペレーターのサービス残業を見て見ぬふり。

「とあるオペレーターが残業中の深夜0時に、図面の質疑のため同業にダメ元で、ふざけて電話してみたところ、相手が電話に出た」というような話も普通にあります。

では、CADオペレーターとして勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?
この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、「CADオペレーターの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.設計者と互いに、本来の分業職域を全うする

本来、CADオペレーターの職務は設計ではなく、製図です。現場からの問い合わせに対して、オペレーターに対応できないものであれば(本来、伝達だけで対応する必要もないと思いますが)、設計者が対応するのが基本です。もし、現場からの問い合わせを知らせたにも関わらず、設計者が取り合わなかったとしても、そこで折れてはいけません。自分で対応できないという問題だと分かっているのに、解決するために考え込んでしまうことほど苦痛なことはありません。

建設業や製造業の企業で頂点に君臨する設計者に盾突くのは勇気のいることです。しかし、この先、板挟みに合って苦しむことを予防するために、本来は設計者の職域である「考えること」を設計者に全うさせましょう。当然、職務を主張するのであれば、自身の仕事をきっちりとこなし、隙がないようにしておかなければなりません。

ただし、設計事務所などにおける設計者は、頂点どころか経営者である可能性があります。この場合は、覚悟を決めて闘う必要があります。もし、難しいようであれば次の解決策を選択しましょう。

2.現場に近づき、必要になるスキルを身に付ける

もし、上述の方法でも設計者が取り合わないとき、または、設計者が経営者であった場合、自分自身で板挟みの状況を予防、打開していくしかありません。

まず、現場を納得させ、工程をスムーズに進められるような指示が出せるように、現場側からの視点で考えることができなければなりません。それには、現場で実際に行われている施工や加工を常に意識して、知識を身に付けなければなりません。また、会社が許すようであれば、現場へ出て施工や加工を自身の目で見ながら勉強するのが最も有効です。さらに、ここで職人とコミュニケーションを取りながら、仕事を教えてもらえれば最高です。

また、現場に対する態度も大事です。基本的に職人はオペレーターを下に見ています。したがって、高圧的な態度をとってはいけません。怒鳴られても怒鳴り返してはいけません。必要以上にへりくだる必要はないと思いますが、指示や提案をするときは、言葉使いに注意して、「飽くまで提案です」くらいの調子で話しましょう。また、上述のように普段から現場とコミュニケーションを取っていれば、現場の人間も慣れてきます。仲間意識が芽生える段階になれば、攻撃されにくくなり、ストレスの原因は半減します。

さらに、現場での学習を積み重ねれば、現場目線の知識とスキルが身に付きます。つまり、「設計者という職務」に近づくということになります。業種により知識やスキルの違いが多々ありますが、長く務めるであろう業種であれば資格を取りキャリアアップすることも考えてみるのもいいでしょう。設計者となることも不可能ではありません。

3.仕事を分担できる仲間をつくる

CADオペレーターという仕事において、圧倒的な仕事ボリュームを押し込まれるのはよくあることです。しかし、作業スピードを上げることでボリュームを消化するのは、ほとんど無理です。よほどマウス操作が下手な状態から、練習して速くなったとかいう場合でない限り、製図の作業スピードを向上させて、過大なボリュームの仕事を時間内に片付けるのは無理です。そもそも、CADというもの自体が製図の時間短縮のためにできたものです。

この場合、職場でたった一人のCADオペレーターの方には無理ですが、仕事を分担できる横のつながり、つまり、仲間をつくるのが得策です。CAD製図の仕事では、他人のデータを見たとき、他人がどこまで、どのように描いたかは全く分からないものです。

しかし、普段から業務上のコミュニケーションを取っていれば、どのような案件をどこまで進めているかなど、互いに把握できるはずです。すると、急ぎの案件が連続して入ってきたとか、大型案件が入ってきたなど、いざというときに仲間と分担することが可能です。また、最悪、自分が病気などで長期の休みなどになってしまった場合にも、スムーズなフォローをしてくるでしょう。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まくCADオペレーター勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、CADオペレーター以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

CADオペレーターの辞め方とタイミング

辞め方とタイミング1:担当案件の引き継ぎをしっかりと行う

上述の通り、CADデータは他人から見ると、何をどこまで描いたか、さっぱり分からないものなので、ある程度の区切りを付けてから引き継ぎするべきです。担当案件を完了させてからの引き継ぎが理想です。

また、建設業や製造業であれば、繁忙期が存在します。辞めたいと思うような職場であれば、その繁忙期は激務を極めた状態でしょう。その時期にあなたが退職すれば、今まで共に苦しんできた仲間が、さらに悲鳴をあげることになります。もし、退職のタイミングが選べるのであれば、仲間のために繁忙期は避けるべきです。

辞め方とタイミング2:早めに退職の申し出を

上述のように担当案件を完了させるだけの時間があった方がいいと思いますので、なるべく繁忙期を避けて早めに退職の申し出をするべきです。タイミングは業種にもよりますが、3カ月前くらいには退職を申し出て、転職活動の準備も進めたましょう。

辞め方とタイミング3:なるべく波風を立てないように

これは、どのような職業でも当然のことですが、なるべく波風を立てないように退職しましょう。CADオペレーターは、ほとんどの方が工業関係のお仕事をされていると思いますが、かなり専門的で狭い業界です。転職先が元の職場の取引先だったなどということは、よくあることです。

CADオペレーターの勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

今までお話してきたように、CADによる製図と一口に言っても、業種によってオペレーターが要求される知識やスキルは様々です。それゆえに、専門性が高く希少価値が高い職種と言えますが、逆を言ってしまえば、今までのキャリアを活かすのであれば、就職口が狭いとも言えます。

ですから、キャリアを活かした転職を本気で考えるのであれば、現職を退職する前に準備を始めるべきです。まず、あなたが、現在どのようなスキルを持っていて、どのように次の仕事で活かしていきたいのかを見据えてから転職活動を始めましょう。

CADオペレーターの仕事は専門性が高く、門が狭いため、自分で就職先を探すのはかなり骨が折れます。また、希望するような職業につけるだけのスキルを自分が持ち合わせているかどうか、客観的に判断するのも困難です。さらに、工業系の業種においては、転職先では即戦力が求められます。畑違いの業種からの応募は厳しいということを覚えておいてください。例えば、「機械メーカーで製品のCADオペレーターをしていました」という方が、「建築士の資格を取得したので、建築設計に転職したいです。」というのは、かなり難しいと思います。

このような場合には、職業紹介事業者のキャリアアドバイザーを利用すると、より良い転職活動ができると思います。キャリアアドバイザーに希望する職業を話せば、要望にあった職業を紹介してくれるの当然ですが、あなたの現状のスキルでどのような職業に就ける可能性があるのか、客観的に値踏みしてくます。また、応募などの取次ぎを行ってくれる業者もあります。これらの手段を利用しながら、お勧めの転職先を検討してみてください。

1.CAD技術を生かせる設計士に転職する

いっそのことキャリアアップを狙いましょう。製図をしてきた経験を最も有効に活かせる職業です。建築業であれば建築士、その他製造業であれば技術士など、工業系の設計の資格は多岐に渡ります。CADオペレーター就業中に、具体的な転職後のキャリア形成を明確にした上で、必要となる資格を取っておくと再就職が有利です。ただし、その業界でCADオペレーターの実務経験がなく、資格だけあっても就職は困難です。

2.プロダクトデザイナーに転職する

CADソフトが扱えるのであれば、デザイナーが使用するイラストレーターやフォトショップなどのソフトもすぐに習得できると思います。転職先では当然、即戦力が求められますので、CADオペレーターの就業中にソフトの習得を済ませておきましょう。また、様々な製品や図面に携わってきた業種の経験を活かして、就職試験のときにアピールできるよう、転職先が求めるような製品をデザインしたポートフォリオなどを作っておくといいかもしれません。

3.建築業、製造業(メーカー)の営業職に転職する

今まで図面に描いてきたもの売る仕事です。図面を描いてきた経験から、建築物や製品の構造、詳細、長所などを顧客にアピールできると考えます。その業種や営業の経験がなくても応募ができる企業が多いですが、なるべく経験の活かせる業種を選択したいところです。

4.設備管理職、施工管理職に転職する

図面を見て描いてきた経験や、ものを作ってきた経験を活かして、今までとは逆の、ものを扱ったり管理したりする仕事ができると思います。こちらも、CADオペレーターをしていた業種が主となります。いわゆる「現場」の仕事で、今までの事務職とは色合いが異なりますが、未経験でも募集していることがあります。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

CADオペレーター勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「CADオペレーター以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がないCADオペレーター業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

無料お試し登録はこちら

人生の救済策1:もしブラック企業なら、今すぐ「弁護士の退職代行サービス」を利用してそこから逃げよう

あなたの意思が退職に固まったとしても、その決意を職場に自分で伝えることは容易ではありません。ましてや、ブラック企業に勤めている方にとっては、恫喝されたりモラハラされたりする危険性が高まる可能性があるケースも珍しくないでしょう。

そんな場合は、マスコミでも大いに話題になっている「退職代行」業者に依頼をして、全く遠くの安全な場所から、ただ自分の退職プロセスが自動的に行われていくのを眺めているだけに勤めるのに勝る手法はありません。

あなたは一切、元職場にコンタクトを取る必要がなく、ただ自宅でのんびり待っているだけで、すべての退職交渉を代行企業がスムーズに取り計らってくれるからです。

退職代行サービス会社には「一般企業」と「法律専門家企業」の2種があることに注意

ただし、退職代行サービスを利用する際には、正しい法律の交渉にたけている「弁護士」が常駐しているサービスを選ぶ必要があります。

弁護士の所属しないような一般企業の退職代行企業だと、どうしても仕事の遂行プロセスに雑さと時には脱法的な強引さが出てくるケースがあります。

したがって、退職代行サービス申込時には、慎重に「御社には弁護士が在籍していますか?交渉は弁護士が行ってくれるのですか?」と確認をとるべきでしょう。

当サイトお勧めの退職代行サービスは「汐留パートナーズ法律事務所」がダントツ

以上を考えると、当社お勧めの退職代行サービスの1つとしては、弁護士事務所そのものが運営(第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹弁護士)をしている「汐留パートナーズ退職代行サービス」があります。

「汐留パートナーズ退職代行サービス」に退職代行を依頼する場合、単純にブラック企業と連絡をこれ以上取れずに退職できるだけでなく、残業代や未払い賃金の請求もしっかり弁護士から法を武器にして取り立ててくれる点が大きいです。

ブラック企業から逃げたいあなたは、ただ家で寝ているだけで、弁護士がすべての残業代、未払い賃金を取り戻した上に、退職までスムーズかつ安全に代行交渉してくれることになります。

未払い賃金・残業代を取り戻して退職代行もしっかり成功させたいあなたはこちらから弁護士に是非ご相談を(お問い合わせや相談は無料です)

人生の救済策2:転職を希望するなら、業界内でも「優秀なコンサル」が揃う転職エージェントのリクルートエージェントを利用すべき

今現在の職場を辞めたい人には、転職を支援してくれるプロフェッショナル、転職エージェント(リクルートエージェント)の利用がおすすめです。

他業種にしても同業種にしても、「今の仕事を辞めて転職したい」と考えている方をプロが徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの転職支援にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

リクルートエージェントが他社と比較して優れている評価ポイント

非公開求人を含む多数の求人からマッチングして紹介してくれる
・人事担当者を惹き付ける履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
内定獲得率を高くするために徹底した面接対策が可能
・自分を最大限にアピールするためのノウハウを提供してくれる
人材紹介利用者層にもアプローチできる

これらのサポートをプロのキャリアアドバイザーと分野別に特化したコンサルタントが行ってくれるので、効率良く転職活動を進められるのです。

同業種への転職はもちろんですが、あなたが他業種へと転職すると決めた場合は、同業内の転職よりも多少ハードルが高くなります。

そんな時に一人で取り組むのではなく、リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すれば内定獲得率を上げられるのです。

転職サイトも転職エージェントも完全に利用料金は無料なので、希望の職種に就きたいと考えている方はリクルートエージェントへと無料登録してみてください。

今すぐに転職する気がなくとも、いつか来る転職の日のための情報入手目的での「お試し登録」もOKです。同社の担当エージェントは、無理に転職を急かさずに、じっくりとあなたの話に耳を傾けてくれますよ。

リクルートエージェントの無料お試し登録はこちらから



絶対に転職失敗したくない方へ、更にマイナビエージェントの抑え登録で理想的な転職プランが完成!

既にリクルートエージェントに登録済みの方や、絶対に転職失敗したくないので2重でサポートを受けたいとお考えの方は、マイナビサポートへの無料同時登録をすることで、2重の保険として転職成功の可能性を高めることができます。







スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク