コンタクトレンズショップを辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
野村 龍一

野村 龍一

医療系転職コンサルタント企業で700名以上の医師転職支援に関わる。近年は医療以外にも様々な業種からの「私も会社を辞めたい」という転職相談が相次ぎ、転職成功者のインタビューを敢行中。2016年12月より一般転職に関する情報提供、人生相談を当サイトにて開始。




外から見ると楽そうに見えるコンタクトレンズ販売業の裏側と悩み

野村龍一
今回は元コンタクトレンズ販売店員で、現在は眼科で視能訓練士として働く成瀬浩二さん(仮名)からの寄稿レポートです。
成瀬浩二さん
コンタクトレンズ販売店から眼科に転職した成瀬と申します。

男女平等が言われる世の中ですが、まだまだ社会に出ると営業職は男性、販売職は女性という印象は強いのではないでしょうか。
その中で私は男性としてコンタクト販売に就職して数年勤めたのちに転職をしました。
そこで感じた悩みと解決法、そして、コンタクト販売業の「今」を知ってもらえればと思います。

まず、コンタクト市場は少子高齢社会の影響で少しずつではありますが縮小していますが、コンタクト自体の粗利率の高さや使用者数の多さから景気などの影響を受けることは考えにくいです。

しかしながら、コンタクト販売業を選んだことは後悔しています。周りをみるとみんな営業職につき、安定した収入、休みをもらっています。
週末には遊びに出かけた様子を私は少ない休憩時間の中、インスタで確認しては大学4年の就活を思い出します。それでも、入社2年目で店長になり、社会人として綺麗ごとだけじゃ通じない、その中でいかに自分の信念を貫くのかと、学ぶ事はたくさんあり、成長できたと確信しています。

そんな私がどんな仕事経験をしたのか、どんな転職をしたのか、どうなっていくかもぜひご覧いただきたいです。

コンタクトレンズ販売店ならではの、就業中の不満、大変さ、辛さと悩み

辞めたい理由と悩み1:女性ばかりの職場で男性が働く気苦労

この業界でも男は上に立ち、女は店で接客をする体質はもちろんあります。
しかしながら、美容系やファッション系の販売に比べ、年を取っていても説得力が出てくるという利点があるため、男性が店頭でずっと働くのも悪くはないです。

そんな私が男性として入社した時に悩みがあっても相談する先輩がいない事が悩みでした。
店長含め、社員はすべて女性でしたし、男性として強くなくてはいけないという気持ちもありました。また、店長としてスタッフの女性たちを1つにまとめることも大きな悩みでした。

女性が集まると必ずと言っていいほど、派閥が生まれます。店長としてその派閥抗争やイジメをうまく宥めながらもしっかりと上に立ち、役割をまっとうするのは毎日がハラハラですし、「頼むから、仕事だけに集中させてくれ。」という思いでした。

辞めたい理由と悩み2:とにかく休みがほしい!安い給料で休みのない販売業。

私の会社は完全週休2日制でした。
年末年始、夏季休暇などは一切関係なしに、週2日を休む日々はのちに転職を考えた1番の理由かもしれません。

それに加えて過酷な労働時間。
新人の頃は朝9時に出勤して、夜の9時半まで働く日々が続き、休みの日は体を休めるのが最優先になっていきます。
気づけば店にいる、この生活リズムに耐えられなくなり辞める人が大勢いました。

もちろん、ここを耐えて先輩スタッフや上司の信頼を集めてくると出世の道も見えてきます。
むしろ、人が多くやめるためにライバルは少なく、何か結果を残すことなく、耐えているだけで出世できるところは良いところと言いますか、楽なところではあります。

また、給料の話ですが、販売業にお金の期待はしない方がいいでしょう。
私の場合、一番もらえていた時期が店長の頃ではなく、たくさん残業手当がついていた新人の頃でした。
それだけ、給料が将来的に上がることはないと感じ、家庭をもつことも考えた将来がただただ不安でした。

辞めたい理由と悩み3:とにかく仕事が簡単、それゆえの悩み。

販売業の仕事は簡単です。
販売業の方に「接客だけが仕事じゃない!」とでも言われそうですが、たしかに販売業の接客は仕事の4割ぐらいでしょうか。
他の6割は仕入れ・注文・店の装飾・経理・雑務など色んな仕事があります。しかしながら、どれも数回やれば覚えることが出来る仕事です。

それゆえに入社2年目で感じたのが仕事に対する「退屈」「無気力」でした。ただ毎日、同じことの繰り返しで、成長志向が人より強い私にとってこれほど苦痛なことはありませんでした。

新しい企画を当時の店長に相談してみたり、眼科検査やコンタクトレンズの勉強をしてみたりと何かが変わるのではと思い、色んな事を試みました。新しい企画に関しては、ただのスタッフの私にとってそこまで大きなことも出来ませんでしたし、勉強に関してもそこまで学ぶ事が多くない為、状況はさほど変わりませんでした。
それでも、その努力が身を結んだのか、その時期に店長昇進の話しが来ました。
また、エリアマネージャーに今の仕事に対する退屈・無気力ということを相談するとともに、いすれかは店長になりたいと話したところ、とんとん拍子で店長就任が決まりました。何事にも口に出して伝えることの重要性を感じました。

辞めたい理由と悩み4:ワンマン経営による下層への負荷

現場が見えてない社長・経営者はいたるところにいます。
私の会社も全然見えていませんでした。
それがそのまんま、下への悪い影響を与える会社もあれば、悪い影響を与えるものの、現場が一つにまとまる利点もありますが、私のいた会社は社長を見たことがないスタッフも多いために悪い影響でしかありませんでした。

見たこともない社長の一声で翌日から確認事項が増え、推奨商品が変わることは日常茶飯事でした。
そんな日々を繰り返すと、お客様との接客よりも確認事項をすべてこなす事やどの商品を売らないといけないのかが主になることで私もスタッフも接客が作業になり、お客様にとっての心地よい買い物が出来ていたかは疑問が残ります。

もちろん、スタッフの不満は店長である私に向けられ、社長とスタッフのサンドイッチ状態で、ストレスはたまる一方でした。
店長としてうまくやるためにも、スタッフがやってないことをやっていると上に報告し、やってほしいことをやらないスタッフには会社を辞めない程度に注意する日々を送っていました。

しかし、社長が現場にこなくても、部長や課長の見回りはあるため、その時ばかりは全スタッフが本来やるべき確認事項を隅々まで行います。
おそらく、上の人たちは私たちが慣れてない作業をしているのも一目瞭然だったと思います。
それでも、しっかりやっていると形だけでも褒めていただいたことは救いでした。

辞めたい理由と悩み5:眼科の院長ともうまくやっていかないといけない

コンタクト販売店は必ず近くか隣に眼科が併設されています。
これはコンタクトレンズが高度管理医療機器に指定されている為、購入には処方箋が必要だからです。

見た目は販売店と眼科が別々のように見えますが、大抵、裏で繋がっており、私の会社も隣接眼科を管理する部署まであるぐらいでした。

そんな眼科にはもちろん医者がいるのですが、曲者が多く、販売店がやりたいことや本部からの指示を素直に聞いてくれる方はごく僅かでした。
何かあると店長が呼び出され、本部もそこまで助けてくれず、自分で解決しようとすると眼科の院長が怒ったり、本部が「勝手にやるな!」と言ってきたりと、中間管理職の辛さが一番でてしまうところでした。

この件に関しては医者に従うしかないので、例えば、「天井から遮光カーテンを垂らしてくれ」と言われて眼科の入っているショッピングモールに相談したところ、「消防法に引っかかるので出来ません」と言われ、こうゆうことでも揉め事が始まってしまいます。
結局、この件は怒った院長先生の直談判でカーテンを着けることになりました。

このように眼科の部分は流されるがままに仕事を行うため、問題が多い眼科や院長先生に当たると、眼科部分の仕事が多くなります。
それにプラスして販売店の仕事もあるため、外れを引くと非常に大変ですね。

眼科医師の年収・収入・将来性と転職条件|医師紹介会社研究所
「医師がうらやむ医師」といわれる眼科医。緊急手術がほとんどなく、勤務時間の予定が立てやすいので、プライベートを重視する医師が専攻する傾向があります。さらに収入面でも他科の医師より高待遇である、というイメージが根強くあります。
では、コンタクトレンズ販売店に勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、コンタクトレンズ販売店員の人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.販売業の良いところを再発見してモチベーションを上げる

多くの悩みがある反面、良い点ももちろんあります。
1つ目の良いところは店長になりやすく、若いうちから店を動かす能力が付きます。
近くに上司がいないという事は責任が増えるが、その分、自由も増えるため、好きなように仕事が出来ます。

私自身、この自由を利用して多くの企画を発案し、売り上げを上げることが出来たため、新しいやりがいも見つけることが出来ました。
自分のモチベーション1つで店の状態が変化していく事はプレッシャーの中にも自分が成長している事を実感できる瞬間でした。

もちろん、そこでだらけてしまったり、楽をしようとすると店の数字やスタッフの接客に現れてしまいます。

2つ目の良いところはお客様から元気をもらえるところではないでしょうか。
私自身も失敗をした時に何度もお客様の「ありがとう」に救われました。
綺麗ごとのように感じますが、お客様との接客を会話から楽しんでしっかり提案する事で信頼関係が生まれ、元気をもらう事が多々ありました。
人と接するという事が強みになり、将来に繋がった私の武器になりました。

2.とにかく出世する、そうすれば休みも給与も増えてきます。

上にいきたいなら「冷静に」「残酷に」なりましょう。
誰しもが「出世したいと考えるもの」。
店舗が多いと店長になることも簡単ですが、その上にあるエリアマネージャーや課長のような立場に上がっていくことが1つの壁になります。

私が店長として、多くのエリアマネージャーと接し、ある共通点を見つけました。
それは「冷静と情熱」です。

「情熱」というのは仕事に対して情熱があるのはもちろん、私たち店長にもしっかり向き合ってくれるという事でした。
しかし、それとは逆にすべてが味方になってくれるわけではありませんでした。
何かトラブルがあるとアドバイスはあるものの、肩代わりをするとか、矢面に立ってくれるという事はありませんでした。
あくまで冷静を保ち、情が入らないようにしていると感じました。

要するに店長としても、表面上は連携の取れたチームを演じながらも他の店長を助けないという事です。

まずい案件(眼科、出店しているショッピングセンター、お客様とトラブル)に直面している他店に手を差し伸べようとすると自分自身も巻き沿いになります。
私も他店のトラブルの話しを聞いていて、解決法を考えただけで上司からその件について問い詰められたことがあります。
出世したいのであれば、何かに成果を上げるのではなく、トラブルのない店長を演じるのです。あくまで成果をあげるのは自店のみという考えを貫く必要あります。

店長を経験してから転職する

悩みが多くあるのであれば転職するのも有りです。
今や、人材を求めている会社はたくさんありますし、自分にあった会社は出会ってないだけで、どこかにはあるでしょう。

そんな転職を考えた時に「店長」という肩書は転職成功に効果があります。
何度も言いますが、この業界は早くして店長になりやすいです。

私自身も入社1年半で店長になりました。
たしかに早い方ではありましたが、他の同期も多くは2年目で店長になり、切磋琢磨しながら店を盛り上げようとしていました。

先日、みずほ銀行が34歳支店長になり、ニュースになっていましたが、私は24の時に店長になったのにと考えると業界の違い、人材不足が浮き彫りだなぁと感じましたね。
そんなこんなで私自身、転職の面接で「店長」というフレーズは持っているだけでも面接に対する自信に繋がりました。
その勢いで私が行ったコンタクト販売の企画を話せば、とても魅力的な人材にみえたはずでしょう。すぐに内定をいただきました。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まくコンタクトレンズ販売店勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、コンタクト業界以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

コンタクトレンズ販売店の勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.コンタクトレンズ業界大手に転職する

業界最大手は給与、賞与、休暇がしっかりしていると業界の繋がりで聞いたことがあります。
ちなみにコンタクトレンズ販売業界の最大手はeyecity(アイシティ)という販売店がトップシェアを誇ります。

この販売店は株式会社HOYAが運営しているため資金源もあり、宣伝の多さなどから、コンタクトと言えばアイシティというイメージ付けに成功していると私は感じます。
コンタクト業界の経験があるのであれば、即戦力です。
将来を考えると大手に行けば出世の面で大変かと思いますが、「安定」が手に入ります。

実際に私の会社にもアイシティの幹部がそのまま自分の会社の役職に就いたケースもありますが、もし店長クラスの転職であれば、また1からスタートでしょう。
それでも、信頼を集めることは容易になります。
男性として将来を考えた時に、この「安定」は重視すべき項目であり、働いていて結局、仕事は「お金」と「休み」だと思ったのであれば、大手への転職をぜひおすすめします。

2.コンタクトレンズメーカーに転職する

コンタクトレンズのメーカーは最大手のジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社や株式会社ボシュロム、クーパービジョン・ジャパン株式会社など多くの優良企業があります。

販売店で店長になるとメーカーさんと挨拶、会話の機会も増えて、コンタクト業界の色んな話しを聞かせてくれます。
中には仲良くなり、転職の相談も乗ってくれる営業さんもいますので、コネクションを作っておくことも有りだと思います。

メーカーさんの仕事は販売店と眼科のルート営業と新規開拓です。
私たちのような販売店の対応をすることもあれば、眼科医との接待や交渉もあり、営業としてのコミュニケーション能力は必須だと感じます。

また、コンタクト販売よりも数字が求められる職業ですし、仕事が大変になることは間違いないです。
その分、販売業と違い、世の中の人と同じように祝日土日は休み、夏季休暇、年末年始もあります。給与、賞与もしっかりしているでしょう。
また、定年までの仕事として考えた時に販売よりも営業の方がお金も休みも働き方も利点が多いのでないでしょうか。

3.視能訓練士になり眼科で働く

目に関する唯一の国家資格が「視能訓練士」です。
いわば、眼科検査員のトップです。
しかしながら、視能訓練士になるには、視能訓練士の課程がある専門学校、大学に3、4年通うか、大学卒業済みで指定された科目・単位を取得していると1年制で取れる専門学校もございます。

私自身、この1年制の専門学校に行き、資格を取りました。
同じような人はたくさんいて、同じ目標に向かって1年間死に物狂いで勉強させられます。
そりゃそうですよね、だって取得するのに3,4年かかるところを1年で取得するのですから。

また、コンタクト販売を行っていたことや眼科の検査を手伝っていた経験は検査スピードが他の人より早いぐらいで、知識についてはほとんど1からの勉強と考えてもいいぐらいです。
やはり、医療は奥が深く、視能訓練士も眼科医と同様に疾患や検査意義などを知る必要があります。
それは、検査をしながら、どの疾患を疑って、その疾患にはどの検査が最良なのか自分で考えて検査しなければいけないためです。

また、1年制は就職してからも苦労します。
いくら1年頑張ったとは言え、勉強不足がでてしまい、仕事をしながらも他に自分で勉強を続けないと、ただ資格だけもっている視能訓練士になります。
それぐらいの覚悟もって挑戦しないとお金と時間が無駄になりますので注意が必要です。

そんな中で私は眼科検査の楽しさを知り、多くの逆境を乗り越えることが出来ました。
コンタクト販売の前社にも「資格を取りたいため、辞めたい」と伝えたところ、一回は止められたものの、最後は快く背中を押してくれました。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

コンタクトレンズ販売店勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「コンタクトレンズ以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がないコンタクト販売業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

無料お試し登録はこちら

人生の救済策1:もしブラック企業なら、今すぐ「弁護士の退職代行サービス」を利用してそこから逃げよう

あなたの意思が退職に固まったとしても、その決意を職場に自分で伝えることは容易ではありません。ましてや、ブラック企業に勤めている方にとっては、恫喝されたりモラハラされたりする危険性が高まる可能性があるケースも珍しくないでしょう。

そんな場合は、マスコミでも大いに話題になっている「退職代行」業者に依頼をして、全く遠くの安全な場所から、ただ自分の退職プロセスが自動的に行われていくのを眺めているだけに勤めるのに勝る手法はありません。

あなたは一切、元職場にコンタクトを取る必要がなく、ただ自宅でのんびり待っているだけで、すべての退職交渉を代行企業がスムーズに取り計らってくれるからです。

退職代行サービス会社には「一般企業」と「法律専門家企業」の2種があることに注意

ただし、退職代行サービスを利用する際には、正しい法律の交渉にたけている「弁護士」が常駐しているサービスを選ぶ必要があります。

弁護士の所属しないような一般企業の退職代行企業だと、どうしても仕事の遂行プロセスに雑さと時には脱法的な強引さが出てくるケースがあります。

したがって、退職代行サービス申込時には、慎重に「御社には弁護士が在籍していますか?交渉は弁護士が行ってくれるのですか?」と確認をとるべきでしょう。

当サイトお勧めの退職代行サービスは「汐留パートナーズ法律事務所」がダントツ

以上を考えると、当社お勧めの退職代行サービスの1つとしては、弁護士事務所そのものが運営(第一東京弁護士会所属 佐藤秀樹弁護士)をしている「汐留パートナーズ退職代行サービス」があります。

「汐留パートナーズ退職代行サービス」に退職代行を依頼する場合、単純にブラック企業と連絡をこれ以上取れずに退職できるだけでなく、残業代や未払い賃金の請求もしっかり弁護士から法を武器にして取り立ててくれる点が大きいです。

ブラック企業から逃げたいあなたは、ただ家で寝ているだけで、弁護士がすべての残業代、未払い賃金を取り戻した上に、退職までスムーズかつ安全に代行交渉してくれることになります。

未払い賃金・残業代を取り戻して退職代行もしっかり成功させたいあなたはこちらから弁護士に是非ご相談を(お問い合わせや相談は無料です)

人生の救済策2:転職を希望するなら、業界内でも「優秀なコンサル」が揃う転職エージェントのリクルートエージェントを利用すべき

今現在の職場を辞めたい人には、転職を支援してくれるプロフェッショナル、転職エージェント(リクルートエージェント)の利用がおすすめです。

他業種にしても同業種にしても、「今の仕事を辞めて転職したい」と考えている方をプロが徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントの転職支援にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

リクルートエージェントが他社と比較して優れている評価ポイント

非公開求人を含む多数の求人からマッチングして紹介してくれる
・人事担当者を惹き付ける履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
内定獲得率を高くするために徹底した面接対策が可能
・自分を最大限にアピールするためのノウハウを提供してくれる
人材紹介利用者層にもアプローチできる

これらのサポートをプロのキャリアアドバイザーと分野別に特化したコンサルタントが行ってくれるので、効率良く転職活動を進められるのです。

同業種への転職はもちろんですが、あなたが他業種へと転職すると決めた場合は、同業内の転職よりも多少ハードルが高くなります。

そんな時に一人で取り組むのではなく、リクルートエージェントの転職支援サービスを利用すれば内定獲得率を上げられるのです。

転職サイトも転職エージェントも完全に利用料金は無料なので、希望の職種に就きたいと考えている方はリクルートエージェントへと無料登録してみてください。

今すぐに転職する気がなくとも、いつか来る転職の日のための情報入手目的での「お試し登録」もOKです。同社の担当エージェントは、無理に転職を急かさずに、じっくりとあなたの話に耳を傾けてくれますよ。

リクルートエージェントの無料お試し登録はこちらから



絶対に転職失敗したくない方へ、更にマイナビエージェントの抑え登録で理想的な転職プランが完成!

既にリクルートエージェントに登録済みの方や、絶対に転職失敗したくないので2重でサポートを受けたいとお考えの方は、マイナビサポートへの無料同時登録をすることで、2重の保険として転職成功の可能性を高めることができます。







スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク