転職エージェントとの関係を強化するマル秘の方法 – 戦略的に会社を辞める転職技術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
越川正志

越川正志

有力な転職コーディネーターと協力する形で、某電力会社から某大手総合商社に転職を成功させました。商社へ転職希望の方は、私の転職成功例と方法論を、是非参考にしてみてください。

これまでの記事でも書いていますが、転職活動の水先案内人かつパートナーとも言える転職エージェントに関しては、優秀かつ信頼できる人を複数見つけて、いろいろ相談しながら、転職活動を進めていくことが重要だと思います。

ただし、優秀な転職サージェントといえども、人の子ですので、お付き合いの仕方は重要だと痛感しています。
これまでのいろいろな転職エージェントとのお付き合い、やりとりもふまえて、転職者目線での上手な転職エージェントとの初めてのお付き合いの仕方、そして関係を深めるための特別な方法に関して書いてみたいと思います。




転職エージェントへのファーストコンタクトの仕方、留意点

世の中のいろいろなことは、何事も最初が肝心と言いますが、転職エージェントとのやり取りも最初が重要だと思います。

転職エージェントへのコンタクトは、リクルート他の大手の転職支援サイトに個人情報を登録して、その転職支援サイトを運営している転職支援会社の所属の転職エージェントからの連絡を待つケースもあると思いますし、以前の記事で書いたように有料サイトのビズリーチの転職エージェント検索機能を使って、転職を希望する業界、業種に強い転職エージェントを探して、自分からコンタクトするケースもあるかと思います。
(私自身は、後者の方が転職エージェントの所属会社に縛られずに優秀な転職エージェントを早く見つけることができると思いますので、お勧めですが)

この転職エージェントとの最初のやり取りの際にやはり、履歴書や職務履歴書があると自分がこれまでのどういうことをしてきたかを早く理解してもらえると思いますので、準備した上で、これらの書類を最初から、送付すべきだと思います。

逆に履歴書や職務履歴書も作成していないようだと、転職エージェントは本気で転職活動をしようとしているのか?と感じますし、それらの書類作成からサポートしないといけないの?と及び腰になるかもしれませんので、注意すべきだと思います。

企業側の求人ポジションに応募する場合、履歴書と職務履歴書を転職エージェント経由で、先方の人事担当者に送付することでプロセスが開始するケースがほとんどですので、急ぎの求人の場合、これらの書類をゼロから作成しているようでは間に合いません。

これらの書類を時間を見つけて作成していくことが転職活動のスタートになりますし、作成した書類を常に見直しながら、仕事の内容が変わったら、情報を更新したりしていくことは自分ですべきで、転職エージェントから、ポジションの紹介を受けたら、求人の背景などを考えて、アピールすべきポイントや留意事項などを相談しながら、書類をブラシュアップして、応募書類としていくことが望ましいと思います。

ということで、転職エージェントとの最初のやり取りの段階で、履歴書、職務履歴書は準備しておき、それらを送付の上、やり取りを開始するのがいいと思います。

その上で、メールで、自分がこれまでどのような仕事をしてきて、現職でどのような状況で、今後、どういう時間軸(いつくらいまでに転職したいと考えているか等)で転職を考えていこうとしているか、どのような業界、業種への転職を考えているかなどを整理して書いて、一度、平日のお昼にでもお会いしたいが面談対応してもらえないか?と打診してみるのがいいのではないかと思います。

こうしたやり取りを最初からすることで、中には紹介できそうなポジションがないと面談自体を断ってくる転職エージェントもいますが、お互いに時間を無駄にしなくていいですし、逆にこちらの基本的な情報や転職活動に関してのスタンス、方向性を理解した上で、面談に応じてくれる転職エージェントは、第一ハードルはクリアしたという見方もできます。

最初の転職エージェントとの面談時アレンジや留意事項

私は自分自身の経験から言って、最初の転職エージェントとの面談は、必ず直接会って話をすべきだと強く感じています。
とはいえ、平日の日中に転職エージェントのオフィスで面談するために会社を休む必要もありますので、平日のお昼に会社のそばのレストランなどで、ランチをご一緒しながら、転職エージェントにお会いするというアレンジがいいのではないかと思います。

平日の夜に転職エージェントのオフィスで面談するというのも選択肢ではありますが、その日の仕事との状況によっては、残業等で面談のために転職エージェントのオフィスに行くのが難しくなるケースもありますし、一日の仕事を終えての面談はお互いに疲れているので、やや暗い雰囲気になりがちで、後ろに予定がないと、時間もだらだらしがちなので、経験上、平日のお昼にランチをご一緒しながら面談というのがいいのではないかと思います。

平日のお昼なら、日中でお互いに元気ですし、お昼の時間内に終わらせる必要があるので、効率的に話をしようとお互いが意識するので、要点を押さえた話がしやすいですし、ほとんどのケースで、転職エージェントがお昼をご馳走してくれるので、お得感もあったりします。
(お腹がすいている状態の方が頭の回転が早くなるので、短時間でお話をしながら、ご飯も食べるという感じで、少々、慌ただしいですが、慣れればリズムがつかめるようになると思います。)

転職エージェントによっては、平日の夜にオフィスまで来てほしいと回答してくる人もいますし、あとは、お昼に電話でまずは話を聞きたいという人もいます。

なお経験上、前者のオフィスまで来るように言ってくる転職エージェントは忙しいのでしょうが、機械的な対応をしてくるケースが多いように感じました。
(要するに、転職者側の都合に合わせて対応しようというよりは、電話や面談のノルマはこなさないといけない転職エージェントのスケジュール優先で、転職者側に自分のオフィスに来させるということですので、通常のお客様相手の商売ではありえない話とも言えますので、お付き合いしていくとしても、要注意だと思います。)

後者の電話で話を聞こうとする転職エージェントとも何度か遭遇し、平日のお昼や仕事の後、夜間に電話で話をしたこともありますが、やはり、一度も会ったことがない同志だと相手の様子もよく分からないですし、そうして電話だけでやり取りをした転職エージェントから求人ポジションの紹介を受けたりしたケースは皆無でした。
やはり、まずは直接会ってお互いのことを知り、理解するというステップこそが重要だと感じています。

転職エージェントの基本的な役割をふまえた留意事項

転職エージェントの基本的役割は、当たり前ですが、企業の求人ニーズを把握し、転職を考えている転職候補者群の中から、可能性が高そうな人を探し、企業側に紹介し、書類選考、面接などの一連の選考プロセスをサポートし、内定受領後は条件交渉、最終的には転職までのサポートをするというものです。

あくまで、転職活動をしている人が主役なので、職務履歴書や履歴書を準備し、面接での自己紹介、応募理由などを論理的に整理したり、応募先の企業や業界の分析ということは転職者自らが、主体的に準備していくしかないのですが、転職者個人個人のレベルでは、通常、分からないような企業側の内部情報の収集(面接官の経歴や過去の面接で質問事項、内定条件で交渉余地の有無など)をどこまでしてくれて、Inputしてくれるかは非常に重要と感じています。

あと、これまでの転職支援などを通じて、分析、整理した知見を基づくキャリア相談、お悩み相談をしてくれる機能もありますし、書類選考のやり取りから始まり、面談日程の調整等の秘書的なものまで、いろいろあります。

こうした仲介者としての転職エージェントの立ち位置、役割を考えると、我々、転職者はやはり自分のことをきちんと理解してもらえるようにコミュニケーションをしっかり取り、紹介されたポジションも応募しないならしないで、理由も含めて、迅速にフィードバックしていくことで、自分の”ストライクゾーン“を早く理解してもらえるようにすべきだと思います。
(自分が転職エージェントの立場だったら、紹介しても反応がなかったり、理由も説明せずに何度も紹介したポジションを断れたら、おもしろくもないですし、そもそも転職する気があるの?と疑問に感じて、一生懸命対応する気もなくなりますよね?)

転職エージェントとの関係を強化するマル秘の方法

転職エージェントに自分のことをよく理解してももらい、腰を据えてお付き合いしてもらうことが重要ですが、今すぐに転職は考えていないけど、継続してキャリア相談を受けながら、適宜、求人ポジションが出てきたら連絡してもらい、現職の状況も考えて、その都度、判断していきたいというケースも多いのではないかと思います。
(以前の記事でも書いた複線的なキャリア構築という意味でも、現職と他の選択肢を並行してみていくアプローチをお勧めしていました。)

転職エージェントの立場に立つと、やはり転職が成立して、企業側から紹介料をもらえてなんぼというのが実情でもありますので、やはり、今すぐ転職をしたいと考えている転職候補者の方を優先したくなるのは仕方がないことだと思います。

私の場合、かなりの数の転職エージェントにお会いしてきたわけですが、お会いして、業界の話などをいろいろしていると、私がいろいろなことを知っているのに感心し(業界経験20年超なので当たり前なのですが)、転職エージェントから、今、企業から依頼を受けている求人ポジションにはまりそうな人が人材データベースなどではなかなか見つからないので、知人等で該当しそうな人がいれば紹介してもらえないかと相談を受けるケースもちょこちょこありました。

最初は、ボランティア的にそうした相談を転職エージェントから受けたら、そのエージェントとのお付き合いが深くなくても、自分の知り合いで該当しそうな人に関心有無を聞いて、紹介したりしていたのですが、よくよく考えると、腰をすえておつきしてもらいたいと考えている転職エージェントも日々、そうした企業の求人ニーズに合う人材を探しているわけなので、自分自身のキャリア相談をするだけでなく、自分の周りで転職を考えている人がいたら、そうした関係強化したい転職エージェントにご紹介してみるとことにしたところ、かなり感謝され、私自身のキャリア相談や求人ポジションの紹介がない時でも知人の紹介を通じて、やり取りをすることができるようになりました。

そうしたやり取りをしていたところ、今度は、転職候補者から相談を受けているが、紹介できそうな求人ニーズのある会社を紹介してもらえないかとの相談も受けるようになりました。
ここまでいくと、私が転職エージェントの仕事のかなりの部分をお手伝いしている感もありますが(転職候補者だけでなく、求人ニーズのある企業側もご紹介となると両方に関与しているわけですので)幸い、前職の先輩や仕事で接点のあった人が業界のいろいろな会社に在籍されていて、役員や人事担当になっていたので、連絡してみたところ、20社くらいで転職エージェントに会って、話を聞いてもいいよという会社が見つかり、ご紹介することができました。

こうしたやり取りを通じて、しばらくご無沙汰していた業界の知り合いの方にコンタクトするきっかけにもなり、求人ニーズのあるところに優秀な転職エージェントを紹介することで感謝されることにもなり、私自身の立場では、一石二鳥という感じになりました。

こういう形で、自分の知り合いの転職候補者や人脈を活かして求人ニーズのありそうな会社を転職エージェントにご紹介したりしていくと、私のことを忘れずにいてくれて、耳寄りな求人ポジションの情報などが入れば、真っ先に連絡してくれたりもするようになります。

まとめ

今回は、転職エージェントとのお付き合いの仕方を経験もふまえ、整理してきました。
相手の立場や役割を考えておつきあいしていくことが重要ですし、やはり、人と人とのやり取りなので、相性もありますので、複数の信頼できる転職エージェントは確保しておくのが重要だと思います。

スポンサーリンク