経理を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
北野筆太

北野筆太

ブラック企業の取材などを主なテーマにしているライター。実際の転職経験者にインタビューをすることで、労働者が煮え湯を飲まされるその業界ならではの特殊事情やゆがみを探り当て、「就業する前に(転職する前に)知ってほしい体験談記事」を日々執筆中。




記事の目次

経理は「経営の番人」という重要な仕事だが「利益を生まない職種」という側面も。ときにはやりがいに迷うことも…

営業マンのマンガといえば「サラリーマン金太郎」や「課長島耕作」「釣りバカ日誌」などが思い浮かびます。営業という仕事には、何億円もの契約を取るというサクセスがあり、ノルマという厳しい競争世界があり、世界を股にかけるというチャレンジがあるので、ドラマ性にことかきません。

よって、サラリーパーソンといえば「営業」というくらい、ビジネスの花形職になっています。

一方で経理は、とても地味な仕事です。

経理マンの最大の目標は、成功ではありません。「間違えないこと」です。

つまり、営業マンは努力や工夫で仕事を100にもゼロにもマイナスにもできるのに対し、すべての経理マンは「間違えやすい」「ややこしい」という「マイナス」からスタートして、「間違えない」「正確」「期日通り」という「ゼロ」を目指すのです。

経理マンは周囲からこう思われています。

「できて当たり前」「間違えたら存在意義がない」

経理マンにとって決算書作りは、最も華やかなイベントといえます。しかしそれすら、内容の良い決算の数字が出ても、経理マンをほめたたえる人はいません。売上を伸ばして利益を出して表彰されるのは、いつも営業や開発の人たちです。

経理マンが「間違えない」仕事をしているからこそ、社長は経営に集中できますし、営業マンは気兼ねなく外で戦えますし、開発陣は研究に没頭できます。

なのにその経理マンたちはいま、毎日毎日、溜息ばかりついています。

それは、仕事がシビアだからです。

経理業務がずさんな会社が倒産の憂き目に遭ったり、つぶれないまでも経営者が責任を取らされたりしてニュースをにぎわせています。

これは、企業は正しくビジネスしなければならないという「企業統治」や「コンプライアンス」という考えが広く浸透したためです。

こうした機運の中で、経理マンは「経営の番人」として働くことを求められています。

その厳しさに耐えかねて、また1人、有能な経理マンがこの仕事を辞めました。

中堅化学薬品会社で5年間、経理マンとして働いた、田口勝則さん(仮名、28歳)です。

まずは、田口さんの苦悩と奮闘とご覧ください。

あなたも経理マンなら、田口さんの姿に、自分の日常生活が重なるはずです。「自分と同じだ」と思えるだけで、あなたは少し癒されるはずです。

しかしこの記事はそれだけで終わりません。あなたに「いまの苦しさから抜け出す方法」をお教えすることも、筆者の務めです。

この記事は4分少々で読み切れるので、ぜひ完読いただくことを期待します。

経理マンが追うのは「数字という名の会社の姿」。経営にがっつり関わる仕事。なのに退職者がこうも出るのはなぜなのか。

辞めたい理由と悩み1:元銀行マンが新しい経理課長に就任し職場が一変。人間関係がきしみ始めた。

田口さんは有名私立大学の経済学部を卒業後、東京の商社で営業として働き始めましたが、「都会の水」が合わず1年で辞めて、地元の化学薬品会社に転職しました。そこは工業用アルコールやシンナーなどを製造しています。

田口さんは日商簿記3級の資格しかなく、初めての経理の仕事はとまどいの連続でした。しかし、決算期でなければ定時で帰れることや、営業と違って日々やることが見えているので、処理をすれば終わるという感覚が快適だったことから、「経理っていいかも」と感じるようになりました。

さらに、勉強したことがすぐに職場で応用できる点も、田口さんには良かったようで「自分は経理に向いている」と確信するまでになりました。

入社3年目になると、田口さんは次の仕事の責任者になりました。

①現預金や当座預金の入出金などのキャッシュフロー管理

②売掛・買掛金管理

③出張費などの諸経費管理

④給与計算及び支払い

⑤社内外報作成、福利厚生諸手続きなど総務事務

「責任者」といっても主任や係長といった正式な役職が付いたわけではありませんが、田口さんが経理処理した仕事については、経理部長はもちろんのこと、課長も主任もほぼスルーでした。

若い田口さんがこれほど信頼されていたのは、とにかく仕事が正確で間違いがほとんどなかったからです。

ところが、入社から3年が経過したころ、経理部長と経理課長が同時に異動になりました。この変則的な人事異動の真相は、田口さんたちには知らされませんでしたが、不正の責任を取らされたという噂でした。そして新任部長と新任課長が、田口さんの大きなストレッサーとなっていったのです。

新経理部長には、営業畑が長い課長が抜擢されました。つまり「経理素人」がトップに就いたのです。それをフォローする意味で、新経理課長には、会社の取り引き銀行から天下ってきた「カネのプロ」が就任しました。

新経理部長の口癖は「がはは、俺は経理のことなあんも知らんからな」と「がはは、それは○○君(新経理課長)に聞いてくれ」の2つでした。

つまり実質、外様の元銀行マンがこの会社の経理を牛耳ることになったのです。

新経理課長がまず導入したのは「銀行流」でした。

毎月末の決算で、1円でも伝票類と帳簿の金額が合わなければ、夜通し「差異」の原因究明をさせられました。これまでのチェックも決して緩いものではありませんでしたが、23時を過ぎても原因が分からないと、以前の経理部長なら「あ、1800円がこんなところにあった!」と三問芝居を打って、自分の財布から不足していた1800円を負担して、経理スタッフを帰宅させていました。

元銀行マンには、こうした良い意味でのおおらかさがなく、ときには経理部員全員に朝まで書類と伝票のチェックをさせたこともあります。

いや「全員」ではありませんでした。経理部長だけは「がはは、俺は帰るぞ」といって定時で帰りました。

新経理課長は、差異に関してはとても厳しく追及しました。単純な計算ミスがほとんどなのですが、必ず「横領」や「使途不明の支出」を疑うのです。これには田口さんたち全経理スタッフが辟易しました。

若手のホープだった田口さんがスタッフを代表して、新経理部長に直談判することになりました。

田口さんが「課長のやり方は厳しすぎます。もう少しスタッフを信じてください」と言うと、部長は「君が優秀なのは知っている。でも上司の悪口をその上の上司に報告するのは、密告だぞ。その意味が分かっているのか!」と怒鳴りました。

田口さんはこう振り返ります。

「経理の仕事って、おカネと書類上の数字を合せるだけなんですが、そこには豊富な知識と深い洞察力が欠かせません。

でもほかの部署の人には、経理マンの知識も洞察力も見えませんよね。それで他部署の人は経理の仕事を『楽そうだ』と思うんです。

でも、実は肉体的にも精神的にもタフでなければ経理職は長く務まりません」

経理マンには2つのタイプがあります。ひとつは、この仕事によって肉体的にも精神的にも鍛え上げられる人です。「経理が天職」と言うタイプです。

もうひとつは肉体的にも精神的には疲れ果ててしまうタイプです。

あなたはどちらのタイプでしょうか。もし後者なら、仕事に押しつぶされる前に「脱出」する手段を検討しましょう。

新人経理マン必見! 求められる4つの資質とは
集中力 経理の仕事はルーティンワークの連続。同じ仕事に飽きない集中力が必要。
忍耐力 経理の仕事にはゴールがない。ご褒美もない。ただただ数字合わせに心血を注ぐ忍耐力が必要。
簿記2級 日商簿記3級では「弱い」。できれば経理に配属される前に2級を取得しておこう。
エクセル マイクロソフトofficeのうち、ワードは「できれば尚可」だが、エクセルは「必須科目」。エクセルは「普通に使える」レベルではダメで、「使いこなせる」レベルにしておく必要がある。そうでないと身を滅ぼすことになりかねない。

資料「経理の仕事内容」(経営ハッカー)などを参考に筆者が編集

辞めたい理由と悩み2:会社によっては「何でも屋」の役割をやらされることも。経理マンがホームセンターに日々買い物?!

田口さんは、経理の仕事のほかに「何でも屋」もやらされていました。例えば工場で使う原材料や工具などは、資材部が購入します。しかし急遽必要になった物品が近所のホームセンターで売っている場合、工場スタッフは資材部を通さず、その買い物を田口さんに依頼するのです。

なぜそんな仕事が田口さんのところに回ってくるかというと、突発的な買い物の手続きが面倒だからです。

工場スタッフが購買依頼書を書いて資材部スタッフに渡し、資材部スタッフが資材課長にお伺いを立て、資材課長が経理課長に許可をもらい、経理課長が田口さんに現金を出させ、田口さんが資材課長にその現金を渡す、という流れです。整理するとこうなります。

工場で必要な物品を購入するときの正式ルート
①工場スタッフ

「あ! 原料がない!」

②工場リーダー

「購買依頼書を資材部に持参」

③資材部スタッフ

「資材課長、購買依頼書が届きました」

④資材課長

「分かった、経理部に行ってくる」

⑤資材課長

「経理課長、原料を買う現金を出してください」

⑥経理課長

「田口君、工場に現金を持っていって」

⑦田口さん

「工場長、原料を買う現金です」

⑧工場スタッフ

「田口さん、原料を買ってきました。これが領収書です」

手続きが面倒なだけでなく、この間、工場の生産が滞ることにもあります。

しかし工場スタッフが直接、経理部にやってきて、人のいい田口さんに懇願すれば、これらの手続きが省かれるのです。

その買い物が3万円以下の少額であれば、田口さんが経理課長の了解をもらえば買うことができます。

工場スタッフが田口さんに泣きつくときは、必ず緊急時なので、工場スタッフはすぐに現場に戻らなければなりません。それで田口さんがホームセンターに行くことになるのです。

田口さんが「何でも屋」になったのは、田口さんが入社したときの経理課長の指導があったからです。彼は田口さんに「経理マンはおカネだけを見ていちゃだめ。工場で起きていることを把握しておかないと『生きた経理』はできないよ」と教えました。

田口さんはそれ以来、暇になると工場の控室に出向き、工場スタッフたちと交流するようになりました。そうなると、伝票の記載内容と工場内の景色が一致するようになり、「なんでこの部門の生産性が落ちたんだろうか」と考えたり「急にこの費用が増えたということは、あの商品の製造が増えるんだな」という予測が立つようになりました。

しかし、その教えを授けてくれた経理課長は人事異動で去り、新しくやってきた元銀行マンの経理課長は「経理は徹底的に数字を追え」というタイプでした。なので、田口さんが「何でも屋」を続けていると、新課長は「なんでそんな仕事を引き受けているの?」と冷淡です。

田口さんが「工場のためですから」と答えると、新課長は「ふんっ、そのせいで残業になっても、残業時間を付けるなよ」と言いました。

田口さんは、前課長の方がより深く「会社と工場を愛していた」と感じました。

あなたも「経理の仕事を極めること」と「会社のために働くこと」の間で揺れ動いた経験があるでしょう。

経理マンはドライでなければならないと、誰が決めたのでしょうか。

経理マンの悩みとやりがい
ミスが許されない。正しくて当たり前。 部下の教育。業務の項目が多く、育てにくい。部下の意欲が低いことも。
他部署とのコミュニケーションがとりにくい。「経理目線」で話すと嫌われる。「経理からの相談」イコール「経費の話」と思われる。 パソコンと書類と仕事をしている感じ。
勤務中に会社の外に出ることができない。
予算の立案はダイナミック。 経営陣に「経営課題」を報告したら評価された。
ルーティンを守っていればよいので気楽。 キャリアアップが明確。昇進基準がフェア。
勤務中に会社の外に出なくてよい。

資料「経理担当者500名に大調査」(経理プラス)などのまとめ

経理担当者500名に大調査!経理のやりがい、大変さ…本音レポートを公開! - 経理プラス
この度、経理プラスでは経理担当者500名にアンケートを行いました。経理業務効率化のために取り組んでいることや、その効果、そして仕事へのやりがいなど経理担当者のホンネが詰まったレポートなっています。ぜひご覧ください。

辞めたい理由と悩み3:陰湿なパワハラが若手経理マンをむしばむ。「コミュ力」ゼロの上司の下で働く悲劇。

営業マンの成績は、経済状況や運不運に翻弄されることがありますが、経理の世界は実力の差が明確です。経理知識の浅い人が、運に恵まれてベテラン経理マンに勝つことはまずないでしょう。

若手のホープとして将来を嘱望されていた田口さんでしたが、元銀行マンの新経理課長と比べると、知識も経験も見通しも判断力もすべて「赤子のようなもの」でした。

人当たりが良く、他部署からも好かれていた田口さんは、新経理課長の恰好の標的でした。部内の飲み会のときに、酔った課長が田口さんに「君はどんな資格を持っているんだ」と言いました。田口さんが「簿記3級です」と答えると、課長は大声で笑ってこう言いました。

「簿記3級なんて、中学生でも取れるだろうに。経理マンが3級しかもっていなかったら、普通は『簿記の資格はありません』っていうぞ。それを胸を張って『3級です』って、君、本当におめでたいな」

宴席は静まり返りましたが、課長の田口さん口撃は止まりませんでした。

これがきっかけとなり、経理課長は職場でも田口さんをののしるようになりました。田口さんが不貞腐れて返事をしないと、わざわざ田口さんの席まで行って、田口さんの頭を小突くこともありました。

田口さんは当時の心境をこう語ってくれました。

「『ぶんなぐる』ではなく『小突く』程度なので、経理部長もそのほかの経理スタッフも、深刻に考えていませんでした。私も、決して痛いわけではありません。でも、1回小突かれるたびに、プライドが1枚ずつはがされていくような気がしました。

まさか自分がパワハラを受けるなんて、思いもしませんでしたので、パワハラというものをどうやってとらえて、誰に相談していいのか分かりませんでした。

営業の現場でのパワハラって、怒鳴ったり無茶なノルマを設定したりと、見えやすいんですが、経理のパワハラは陰険に行われるので、被害を訴えづらいんです」

あなたは、田口さんの「経理のパワハラは陰険」という指摘に、深くうなづいたのではないでしょうか。

経理マンのあなたが尊敬できる経理マンは、「数字という名の会社の姿を追っている人」です。あなたが尊敬できない経理マンは「ただただ数字を追っているだけの人」です。

そして「数字を追っているだけの人」というのは、性質が陰険で、視野が狭く、自分の考えに合わない人を受け入れる度量がありません。しかしこういう人が経理部門の管理職に就くことは珍しくなく、そうなると経理スタッフは悲劇です。

こういう人のせいで、経理の仕事が嫌いになる若い人は少なくありません。

では、経理担当者としてに勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?
この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、経理マンの人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.「簿記1級」や「IFRS検定」を目指し、経理の王道的スペシャリストをひたすら追求する

田口勝則さん(仮名、28歳)は経理の仕事に嫌気がさし、5年で化学薬品会社を退職しました。次に就いたのは家電量販店の倉庫スタッフでした。つまり、経理から完全に足を洗ったのです。

筆者は少しもったいないなと感じました。というのも、田口さんの話を聞きながら、「この人は『経理の心』がある」と感じていたからです。

なので、筆者は、あなたにも同じ言葉を捧げたいと思います。

「あなたの経理の心を、もっと成長させませんか」

あなたの疲れは理解していますが、あなたなら経理マンとしてもっと成長できます。

そのひとつの道が、「資格への挑戦」です。

日商簿記3級の方は、ぜひ2級に挑戦してみてください。

そして2級の方は、難関の1級を目指してください。

日商簿記は、1級になると急に難易度が高くなります。まず、暗記に頼ることができなくなります。暗記で合格できるのは2級までと心しましょう。

簿記1級の試験範囲は非常に広いので、勉強法としては、基礎を徹底的に身に付け、速く解答するスキルを獲得します。

1級に合格するには、

①2級の5年分の過去問を平均95点以上取り

②1年分の過去問の解答時間を90分以内に抑えること

が必要になります。

この取り組みは、いわゆる「おカネになる努力」です。簿記1級を持つ経理マンは、間違いなく経営陣から一目置かれます。

あなたの先輩や上司にも、1級取得者は数えるほどしかいないと思います。「1級保持者ゼロ職場」も珍しくありません。

もうひとつのおすすめ資格は、「IFRS(国際会計基準)検定」です。

もしあなたが勤める会社が海外進出を果たしているとしたら、こちらの取得をおすすめします。

企業の経理や会計の方法は、その国の政治、経済、商習慣、文化によって異なりますが、国によって会計基準が異なると、フェアなビジネスができません。そこでグローバル企業は、国際会計基準を採用するのです。

経理マンのあなたがIFRS検定に合格すれば、上司や経営陣はあなたを「海外業務を見据えた取り組みをしている社員」と評価するでしょう。

資料「IFRSとは」(IFRS Consortium)

IFRSとは|IFRS検定(国際会計基準検定)試験
国際会計基準に関する知識の習熟度を測るための国際会計基準検定(IFRS Certificate)の日本語試験のサイトです。

2.財務会計業務に挑戦する

もしあなたが「経理と財務の仕事の違いをはっきり説明できる」のであれば、この章は飛ばしてください。しかしもしあなたが「財務の道なんて想像したこともない」のであれば、この機会に「財務の仕事」に興味を持ってみてください。

企業におけるおカネを扱う仕事には「会計」「経理」「財務」の3つがあり、簡単にまとめるとこうなります。

会計 入出金の管理
経理 経費や利益の動きを算出
財務 事業に必要なおカネを算出

「事業に必要なおカネを集める」のが社長で、「事業に必要なおカネを算出」するのが財務の仕事です。

つまり、財務のメインの仕事は、社長に「社長がやりたいとお考えになっている新規事業を行うには総額○億円が必要で、その計算根拠はこうです」と示すことなのです。

その金額を算出するために必要な情報を想像してみてください。

社長に新規事業に必要なおカネを提示するために必要な情報
社長は何をやりたいのか その事業の売り上げ見込みは?
その事業の継続期間は? 必要な資材は? その価格は?
リスクは? 撤退コストは? どこからおカネを調達すると最もコストが安い?

これを見ただけでも、会社のことと社長のことを熟知していなければ、財務の仕事が務まらないことが分かるでしょう。

しかし、会社のことと社長のことを熟知していても、財務の仕事は務まりません。財務の仕事を任されるのは「おカネに強い人」だけです。

つまり、経理マンのあなたには、現在の職場で経理の仕事を完璧にこなした後に、会社の事業内容についてじっくり勉強していただきたいのです。

会社の事業内容には社長の気持ちが反映されているので、自ずと「社長の気持ち」が分かるようになります。そうなると「うちの社長ならあの企業を買収するかもしれない」といったことが予想できるようになるかもしれません。

そこまで予測が進むと、あなたなら次に「資金は○億円必要になる。さてどうする?」と考えることでしょう。これが財務の仕事です。

3.経理の仕事を辞めて他業界に転職する

経理は非情です。情け容赦無用のおカネを扱うからです。

営業マンには、取引先や自社の社員たちとの間に、義理と人情に基づいた「貸し借り」があります。しかし、経理マンが「貸し借り」をしてしまったら、「会計の粉飾」や「横領」といった経済事件に発展してしまいます。

このシビアな世界に耐えられない経理マンは、実は少なくありません。残業をしていても人との接点がまったくなく、それがストレスになるのです。

そういう人が上の資格を目指したり財務の仕事に挑戦することは、無謀です。仕事と心のバランスが崩れ、出社できなくなる事態に陥りかねません。

「自分はそうかも」と思ったあなたにおすすめしたいのは、経理の仕事を辞めて、他の業種に転職することです。

「他業種」といっても、いちからスキルを身に付ける必要はありません。というのも、経理の仕事で培ったあなたのいまのスキルは労働市場で引っ張りだこだからです。

「おカネに強い」という強みをそのまま活かしつつ、あなたがいま抱えている悩みを解消できる道を紹介します。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まく経理マン勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、経理以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

退職時期とタイミングには注意を! 込み入った仕事を抱えている経理マンなら2カ月は引き留められることを覚悟しよう。

1:海外出張の精算業務が突如発生。有給休暇を返上する羽目に。

現役の経理マンであるあなたに「次の職種」を紹介する前に、前述した田口さんが、化学薬品会社を辞めるときに味わった苦労を知っておいてください。

あなたの退職のときも、同じ思いをするかもしれないからです。

田口さんは、銀行から天下ってきた新しい経理課長にいじめられ、経理部長やそのほかの同僚からの助けもなく、退職の道を選びました。

田口さんは最初に課長に退職の意向を伝えました。すると課長は「その方がいいよ。君、経理に向いていないから」と言い放ったのでした。田口さんはなんとか悔し涙をこらえました。

経理課長のその口ぶりから、田口さんはすぐに辞めることができると判断しましたが、その翌日、退職願を持って総務部に行くと「2カ月は辞めさせるなって経理課長から言われているけど」と言われました。

そうなのです、経理課長は田口さんの仕事の引き継ぎに、少なくとも2カ月は必要と判断し、総務部に根回しをしていたのです。

田口さんは憤りを感じたと同時に「勝った」とも思いました。というのも、経理課長が「いますぐ田口に辞められたら経理部の仕事が回らない」と判断した、と推測できたからです。

田口さんはすぐに引き継ぎメモの作成に取り掛かりました。後任の担当者の覚えが悪かったので、休日を返上して引き継ぎ業務を行いました。その後任の担当者は「これ全部を本当に田口さんが1人でやっていたんですか!?」と驚いていました。

そうやって田口さんは、引き継ぎの漏れがないように段取りを組み、それをこなし、最終出勤日を迎えました。有給休暇が溜まっていたため、最終出勤日は退職日の2週間前になっていました。

ところがその日の午後、経理部に、海外出張組の出張伝票が大量に舞い込んできました。ほとんどが英語の領収書で、解読も一苦労します。翌日から月末の締め業務が始まるというこのタイミングで、イレギュラーの難題が発生したのです。

その日の午後6時、田口さんの最終出勤日の終了の時刻ですが、田口さんは残業を買って出ました。これには経理部長も感謝の意を示し、経理スタッフ全員に寿司の出前を取ってくれました。仕事の途中でしたがみんなで大テーブルで食べました。しかしただ1人、田口さんをいじめた経理課長だけは、自分の机で寿司をほおばってしました。

結局田口さんは、翌日と翌々日も有給休暇を返上して仕事を手伝いました。

あなたはいま、「私もそうなるかも」と思ったのではないでしょうか。あなたのいま抱えている込み入った内容の仕事を、一体誰が引き継げるというのでしょうか。

あなたもきっと、「退職は2カ月後ね」と言われる口です。つまり、あなたは、引き止められる期間を計算に入れて、退職願を出すタイミングを考えなければならないのです。

2:元同僚が明かしてくれた意外な事実。パワハラ課長は自分に嫉妬していた?

田口さんは、どうして経理課長が田口さんを標的にしたのかと考えました。しかしその答えはとうとう見つかりませんでした。というのも、田口さんは一度も、経理課長のことを嫌いになったことがないからです。人物としても問題ありませんし、経理の知識では尊敬すらしていました。田口さんの前に現れると、突如性格が変わったように意地悪になるのです。

それが判明したのは、かつての同僚から久しぶりに会わないかと誘われて飲みに行ったときでした。

居酒屋で落ち合って、元同僚はまず、職場で田口さんを守れなくて申し訳なかったと述べました。田口さんは、「自分が君の立場でも同じだったと思うよ」と言いました。

そして田口さんは「なぜ俺ばかりいじめられたんだろうか」と尋ねました。元同僚の回答は、田口さんにはとても意外でした。

「課長に誘われて、2人で居酒屋に行ったことがあったんだよね。そのとき、『田口が卒業した大学、俺、落ちてるんだわ』って言ったんだよ。つまり、田口が課長に狙われていたのは、課長の嫉妬なんだよ」

田口さんはこれを聞いて、ほっとしました。人生を通じて、あそこまで人から攻撃されたことがなかったので、どうしても「自分」を責めてしまっていたからです。それがいま、自分のせいではなく、経理課長の狭い人間性のせいであったことが判明したのです。

居酒屋を出て元同僚と別れてから田口さんは、なぜ元同僚が課長の本心を教えてくれたのだろうかと考えました。田口さんはすでに会社を辞めているので、課長の悪口を言っても影響はないと考えた、ということもあるでしょう。

そして田口さんは「自分が最後まで一生懸命仕事をしたからではないか」と思いました。課長からパワハラを受けたにも関わらず、職場を放棄せず、それどころか普通以上にきちんと引き継ぎ業務をしたことで、「社会人として認めてもらえた」のです。

インタビューの最後に田口さんはこう言いました。

「嫌味ではなく、経理課長には『仕事のやり方を教わった』と思っています。引き継ぎ業務の手を抜かなかったのは、課長に負けたくなかったからなんです。私の退職後に、課長に『田口がいなくなって大変になった』って思わせたかったからです。

パワハラはいけませんが、仕事で部下を追い込むことは、一定程度は必要なのかなって思うようになりました。そうしないと、人って一生懸命働けないと思うんです」

田口さんの発言からは学ぶことが多かったです。引き継ぎをしっかり行い、会社にかける迷惑を最小限に抑えることが、「けじめを付けること」につながり、それが次の仕事に全力でぶつかるモチベーションになるのです。

経理担当者の勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.税理士事務所、会計事務所に転職

現役の経理マンのあなたに真っ先におすすめしたい転職先は、税理士事務所です。

というのも、あなたが「経理の仕事もなあ」と思うは、「おカネの計算ばかりだしなあ」と感じるようになったからと想像するからです。

また、企業の経理の仕事は、決算という大イベントをのぞけば、ルーティンの連続です。いや、決算ですらルーティンに組み込まれています。

しかし税理士事務所の仕事は、おカネの計算ばかりではありません。事務所の経営者である税理士先生に代わって、あなたが顧問先の企業の社長の元に出向き、「おカネのアドバイス」を行うのです。

これはかなりアクティブでドラマティックな仕事といえます。

転職サイト「DODA」の求人票から、税理士事務所がどんな人物を求めているのかを見てみましょう。

税理士事務所の求人票
所在地 業務内容 年収など
東京・銀座 月次決算報告書、記帳代行、経営戦略支援、税務申告、節税対策、相続対策、税務調査 年収400万以上、税務実務2年以上
名古屋 決算、確定申告、年末調整、領収書整理、会計ソフト入力 月収18万円+インセンティブ、年収例29歳経験5年:750万円
神奈川県

厚木市

会計伝票、帳簿入力、決算、税申告、会計ソフトの操作指導 年収250万~600万円、★1000万円超の従業員もいる、簿記2級必須

資料「税理士事務所の転職・求人検索結果」(DODA)

税理士事務所の求人・転職・中途採用情報 - doda
税理士事務所の求人情報です。転職を妥協したくないなら求人情報10万件以上のdodaへ。取り扱っている求人は大手・優良企業から、スタートアップ企業まで規模もさまざまです。dodaにしか掲載していない求人も多数。ご希望に合った求人をご紹介します。

いずれの業務内容も、あなたがこれまでやってきたことのはずです。特に注目してほしいのは、神奈川県厚木市の税理士事務所の年収欄です。なんと、ここのスタッフの中に、年収1000万円を超える人がいるのです(★)。

なぜ、同じ経理の仕事なのに、こんなに年収が高いのかというと、それは税理士のスタッフには経理知識に加えて、経営支援のスキルが求められるからです。

税理士事務所のスタッフは、通常のおカネの計算から始まって、どんどん経営の神髄に食い込んでいけるのです。

クライアントが税理士事務所のアドバイスに従って業績を伸ばせば、クライアントはいくらでも顧問料を支払うのです。

それが報酬が高い理由です。税理士事務所への転職は、成果主義による給料が最大の魅力といえるでしょう。

2.会計コンサルティング会社に転職

いま、多くの企業が「会計」に注目しています。

一般的に日本の企業は、利益を上げることと従業員を養うことは得意ですが、株主に対する情報開示はそれほど得意ではありません。そのため、会計をごまかしたことが発覚し、社会的信用を失い、その結果経営まで傾いた事例が後を絶ちません。

そこで、会計系のコンサルティング会社が活躍しています。税理士事務所の中にもアドバイス機能に力を入れているところもありますが、会計コンサルタントは、事務処理よりアドバイスに力を入れています。

会計系コンサルティングと税理士事務所の違い

会計系コンサルティング アドバイス、コンサルティング>事務処理
税理士事務所 アドバイス、コンサルティング<事務処理

ある会計コンサルタントは、段ボール会社の経理マンの不正を見破りました。その経緯は、テレビドラマさながらです。

その会社では会長に退いたはずの父親が経営の実験を握っていましたが、急に病に倒れ、息子の社長が経営の舵を握ることになりました。

そこには「番頭さん」といいますか「会長の右腕」といいますか、とにかくそれくらいの影響力を持つ経理マンがいて、息子社長も信頼しきっていました。

というのも、息子社長は経理が苦手で営業に専念したかったので、その経理マンと利害が一致したのでした。

ところが会長が亡くなると、取引先の倉庫会社の社長が、息子社長に「ある告白」をしました。

その倉庫会社は、息子社長の段ボール会社に対して長年バックマージンを渡していました。倉庫会社の社長は「こうやって会長も亡くなったことだし、そろそろ悪い慣習をやめさせてほしい」と言うのです。

つまり、倉庫会社は、段ボール会社に対し、取り引きを継続してもらうために裏金を渡していたのです。

息子社長にとっては初めて聞く話です。真相を知っているはずの会長はすでに鬼籍に入っています。そこで息子社長が会長の右腕だった経理マンに尋ねると、最初はシラを切りました。

息子社長は知り合いを通じて会計コンサルタントに相談し、その会計コンサルタントが経理マンを「取り調べ」することになりました。

会計コンサルタントは弁護士を手配して、息子社長も加えた3人で、会社の書類を調べ上げました。

バックマージンを支払っていたのは、倉庫会社だけではありませんでした。その総額はゆうに「億円単位」に達していました。

経理マンは「カネはすべて会長に渡した、自分は一銭ももらっていない」と言い続けましたが、弁護士が刑事告発をすると言ったところ、貯金をすべて差し出すことで決着しました。

いかがでしょうか。

あなたのように「おカネに詳しい」というスキルをお持ちの方は、会社を救うことができるのです。企業の経理マンは会社の歯車の1つですが、会計コンサルタントは経営のパートナーになれるのです。

3.これまでの経理力を駆使し、フランチャイズオーナーを含めた独立開業路線を考える

「フランチャイズのオーナーって、コンビニ?」と思ったあなたは、ぜひこの章も最後までお読みください。もちろんフランチャイズの代表格はコンビニですが、「え、あそこも?」という店も、実はフランチャイズなのです。

次の表を見てください。フランチャイズ・ビジネスは、さまざまな業界で導入されています。日本経済はフランチャイズが回しているといっても大袈裟ではありません。

あれもこれもフランチャイズ
社名 店名 営業内容
(株)アレフ びっくりドンキー ハンバーグレストラン
(株)壱番屋 CoCo壱番屋 カレー店
(株)オートバックス オートバックス 自動車用品
(株)カーブスジャパン カーブス フィットネス
(株)京進 京進スクール・ワン

学習塾
(株)さくら介護グループ さくら介護ステーション

訪問介護
(株)セブン-イレブン・ジャパン セブン-イレブン コンビニ
(株)ダスキン ダスキン、ミスタードーナッツ クリーンサービス、ドーナッツ店
(株)TSUTAYA TSUTAYA DVDやCDレンタル
(株)ドトールコーヒー ドトールコーヒー コーヒー店

(株)ハークスレイ ほっかほっか亭 持ち帰り弁当

資料「日本フランチャイズチェーン協会」

会員一覧|一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会

それでもあなたは、「経理の知識がフランチャイズ経営に役立つの?」とお感じになるでしょうか。または「どの業種を選んだらいいのか分からない」と思っているでしょうか。

それももったいない話です。

フランチャイズは元々「簡単に展開できるのに成功できる戦略」を築き上げたところから出発するので、「失敗しにくい」性質があるのです。

それでもすべてのフランチャイズ・オーナーが成功しているわけではないのは、「おカネの管理」に失敗しているからです。

フランチャイズの「親会社」は経営ノウハウや集客術、接待業務、スタッフ教育などほとんどすべてを教えてくれますが、唯一オーナーが苦手とするのが「おカネの管理」なのです。

ところが、あなたは、「おカネの管理」に関して完璧です。つまり、他のフランチャイズ・オーナーにはない強みをすでに持っているのです。

一歩を踏み出すことが次の道の成否を握るのは、いつでもどの立場にあっても同じです。

この記事が、あなたの一歩につながればこんなに嬉しいことはありません。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

経理勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「経理以外の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がない経理担当業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。