建築作業員を辞めたい人へ=つらい職場を上手に辞める方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




The following two tabs change content below.
北野筆太

北野筆太

ブラック企業の取材などを主なテーマにしているライター。実際の転職経験者にインタビューをすることで、労働者が煮え湯を飲まされるその業界ならではの特殊事情やゆがみを探り当て、「就業する前に(転職する前に)知ってほしい体験談記事」を日々執筆中。




記事の目次

都会のビルも快適な住宅も建築作業員が作っている。なのに、誰からもリスペクトされることはないのは何故だ。

一般の人が「建築の仕事」と聞いて思い浮かべるのは、

  • 体力勝負
  • 安全第一
  • 単純作業

といったイメージではないでしょうか。

建築作業員のあなたも、「そう思われている」と感じていることでしょう。しかし同時に、「そうじゃない、建築の仕事はこれだけじゃない」とも思っているはずです。

建築現場での仕事の本質は次の3点です。

  • 職人技
  • 繊細作業
  • 段取り7割

建築現場での作業は、綿密に練られた計画の下で進んでいます。「段取り7割」とは、建築作業員が作業に取り掛かるときには、すでに7割の仕事が終わっているという意味です。優秀な建築作業員たちは、必ず前日の夜には翌日の仕事のシミュレーションを終えています。当日の朝は「これとあれとそれをやれば1日が終わる」と分かっています。

建築現場にほとんど事故がないのは、こうしたシミュレーションに加えて、卓越した「職人技」があるからです。ITの時代においても、建築は徹底してアナログです。何千回何万回と繰り返し行ってきた作業を、きょうも寸分たがわず行えるから、現場の安全が保たれているのです。

建築の作業は力づくというのは間違ったイメージで、実際は、恐ろしく繊細な作業の連続です。例えば、3メートルで1ミリの誤差が許されてしまったら、どういうことが起こるでしょうか。30メートルで1センチもずれてしまうのです。10階建てのマンションの高さは大体30メートルですから、10階の部屋の床が1センチもずれてしまい欠陥マンションになってしまいます。建築現場では、誤差は許されないのです。

建築作業員のあなたも、段取り7割、職人技、繊細作業を徹底的に仕込まれてきたはずです。なのにあなたはいろいろな人から「建築現場って、きつい・汚い・危険の3Kなんだろ」と言われてきたはずです。

東京、大阪、名古屋、横浜には、世界有数の建築物が立ち並び、さながら未来都市を作っています。地方にも、大きく機能的で豪華な建築物が並びます。それを作ってきたのは、あなたたち建築作業員です。

なのになぜ、誤解されているのでしょうか。あなたはこの仕事にやりがいを感じているのに、世間の評価がそれほど高くないのはなぜでしょうか。

「俺たちは職人だ」その誇りを失ったことはない。だが働く環境が良くない。つらい。辞めたい。

辞めたい理由と悩み1:30年後にも足跡が残る仕事ってカッコイイ。やりがいを感じた後に大きな落とし穴が。

リョウヘイさん(仮名、23歳)は2017年2月、3年間勤めた、ビルの屋上にコンクリート目地を打ち込む建築施工会社を退職しました。

リョウヘイさんの風貌は、身長170センチ、体重55キロの細マッチョで、Tシャツと長髪に隠れて何の絵なのか分かりませんが、首筋にはタトゥーが入っています。

その見た目とは裏腹に、インタビューは始終とても丁寧な受け答えで、筆者は「きちんとしたサラリーパーソン」という印象を持ちました。

リョウヘイさんは工業高校を卒業後、電気工事を請け負う会社に入りましたが、知り合いに「建築の方が給料が格段にいいぞ」と誘われて、建築作業員に転身しました。

「目地打ち」とは、ビルの屋上に敷かれたコンクリートの板とコンクリートの板の間の隙間を埋める工程です。ここをしっかり埋めないと、水やほこりが侵入し建物の耐久性が落ちてしまいます。

ところが、水の侵入や建物の耐久性の低下といった現象は、1年や2年で現れるものではありません。何十年という月日をかけて、じわりじわりとダメージを与えていくのです。なのでコンクリートの目地打ちは、少しのズレも許されない大変責任の重い仕事なのです。

リョウヘイさんは先輩から「この仕事の魅力は、いい仕事をしたかどうかが30年後に分かることだ」と聞かされ、「仕事の厳しさに耐えてみよう」と思いました。

リョウヘイさんは勉強を重ねました。

「世の中に目地材(めじざい)がこんなにあるとは、まったく知りませんでした」

目地材とは、その名の通り目地打ちに使う材料のことで、接着剤だけでも数十種類もあります。目地に埋め込む資材も、平らなモノ、あえて凸型になっているモノ、高級な素材を使ったものなど多種多様です。

リョウヘイさんはこれらを覚えるために、会社にあるカタログを見たり、ネットで調べたりしました。

あなたも建築作業員なら、リョウヘイさんの気持ちが理解できるでしょう。建築物は、風雪に耐えて人の命と財産と生活を守ります。その建物を1年でも長くもたせたいと考えるのは、職人の当然の思いです。

建物を作り守る建築作業員の仕事は、間違いなくやりがいがあります。

しかし、リョウヘイさんはわずか3年で退職してしまいました。あなたも、この記事を読んでいるということは、「そろそろ辞めどきかな」と心によぎったのではないでしょうか。

やりがいがあるのに辞めたいと思わせるのはなぜでしょうか。もう少しリョウヘイさんの話に耳を傾けてみてください。

建築作業員や土木作業員などの仕事とは
現場 マンション、ビル、住宅、道路、トンネル、鉄道、ダム、橋
仕事 重機械の操縦、掘削、コンクリート、石積み、溶接
役職 建築作業員、土木作業員、建設作業員

作業長、雇用責任者、土木技術者、作業指揮者、現場監督

働く人 学歴不問、高い協調性、危険な現場での集中力と持久力
必要な知識 作業の知識、機械の知識、安全衛生の知識、コスト

辞めたい理由と悩み2:東京オリンピック建設ラッシュに沸く日本列島なのに建築作業員が手に入れる幸せは薄い。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、東京を中心に国内の都市部では空前の建築ブームを迎えています。人手不足を補おうと建築作業員の引き抜きが日常的に行われるため、企業は職場の魅力づくりに力を入れています。

中でも建築作業員に特に喜ばれるのは、「現場メシ」です。ある高層ビルの建築現場では、内装工事前のワンフロアを、まるまる飲食街にして、定食屋、コンビニ、ファストフードを出店させています。これらはコストを度外視した建築作業員へのサービスで、これらの店はビルの完成と同時に撤去されます。

しかし、そのような「恵まれた現場」は、まだ少数です。建設ラッシュは建築作業員を幸せにするより、追いつめている側面の方が強いようです。

ショータさんはコンクリートの目地打ち施工会社の採用面接のときに、社長から「うちは営業も施行も地元重視だから」と言われました。ところが実際に入社してみると、出張の嵐でした。

出張手当は出るのですが、現地での宿泊代や外食代は、全額自己負担です。ショータさんは、出張に出た方が手取りが減るという逆転現象に見舞われたのでした。

「出張は移動も大変だし、慣れない土地だから遊ぶ気にもならないし、周りは知らない人ばかりだから気を使うし、良いことは全然ありませんでした」

ショータさんはそう振り返りました。

不規則な勤務形態は、出張ばかりではありません。建築作業のすべての工程は、必ず「ある作業の後」に行わなければならず、必ず「ある作業の前」には終わらせなければなりません。例えば、足場を組み立てなければ壁の塗装工事はできません。しかし、足場を組み立てる会社と壁を塗装する会社は、まったくの別会社なのです。連携の難しさは容易に想像できます。

住宅の基礎工事でも、木枠を組み立てなければコンクリートは流し込むことができないので、木枠屋はコンクリート屋より先に仕事に取り掛からなければならないのです。

すべての工程に順番があるということは、1つの工程が遅れれば、それ以降の工程がすべて遅れることになります。

ショータさんたちの屋根のコンクリの目地打ち作業は、屋根にコンクリートを敷き詰めなければ仕事ができませんが、雨で日程が数日ずれることは珍しくありません。

だからといって目地打ちが遅れれば、最終的な完成時期が遅れるので、土日祭日を使って作業をしなければならなくなるのです。

ショータさんは次のように言いました。

「工事が増えて喜んでいるのは社長だけです。雨が降ってその日の仕事が流れれば、俺たちの給料は出ませんが、その工事は必ず期限内に終わるので、社長は全然痛くありません。俺たちは、急に休めと言われたり、休もうと思っていた日に出勤しろと言われたりします。納期が厳しい仕事を苦しみながら終えても、給料が増えるわけじゃありません」

辞めたい理由と悩み3:塩を補給しながら肉体を酷使する作業は楽じゃない。そんなときに社長の「気合話」を聞かされると腹が立つ。

ショータさんは恥ずかしそうに「体力自慢の建築作業員が『疲れた』って言っちゃいけないんだけど、本当に疲れました。疲労――結局これが辞めた最大の理由かな」と言いました。

ショータさんの仕事は、ビルの屋上のコンクリートの目地打ちですから、当然ながら、屋上に行かなければなりません。

3~4階程度の低層ビルであれば、足場の悪い仮設階段でも屋上まで昇るのにそう負担はありませんでした。しかし、10階建て以上の高層ビルともなれば、屋上まで昇ること自体が大変で、かなりの体力を要しました。ショータさんたちが作業を開始する前にエレベーターが設置されていることはまれで、大抵はエレベーター無しの作業です。

機械と資材を運び上げるだけで3往復以上必要です。そして夏場は、燦々と降り注ぐ日光の下での作業になります。ショータさんはいつも、2リットル・ペットボトルの水を2本持ち込みましたが、いつも終業前になくなっていました。塩飴をなめながら仕事をしないと倒れる過酷な状況でした。

仕事のつらさに追い打ちをかけたのは、社長のキャラクターでした。社長は激務で傷を負った建築作業員たちに塩を塗るようなことをする人でした。

「現場は気合だ」が口癖の社長が現場に来る日は最悪です。常識的に休みにすべき悪天候でも、「気合」で仕事を進めるのです。気象庁が「台風」と言っても、社長は「機材が飛ばされなければ仕事ができるべや」と、作業の手を緩めることはありません。

そして、従業員たちが風邪をひこうものなら大変です。朝礼で、他社の作業員がいてもかまわず悪態をつくのです。

「社長はというと、これがびっくりするくらい健康なんです。真冬でも作業が始まると必ずTシャツ1枚になるんです。ジャンパーを着ながら仕事をしている作業員には『脱げ脱げ、だからお前の仕事は遅いし不正確なんだよ』と怒鳴りつけます。それで風邪を引かせていることが分からないんですよ」

ショータさんはあきれたようにそう言いました。

あなたの現場でも「古い考え」や「理不尽な精神論」がまかり通っているのではないでしょうか。こうした「仕事のやりにくさ」は、やりがいをどんどん減らしていきます。

特に、もしあなたが20代や30代の若手なら、「これが現場の流儀」「これが常識」とは考えることができず、悶々とする日々が続いているのではないでしょうか。

では、建築作業員として勤めるあなたはどうすればよいのでしょうか?
この先もつらい現実に耐えながら生きていかなけばならないのでしょうか?
いいえ、建築作業員の人生を変える解法」はきちんと存在していますので、それを今からご説明いたします。

あなたの「会社を辞めたくなる悩み」への対応策

1.数ある資格を狙い撃ち取得して、給与アップにダイレクトに反映させ、モチベーションを上げる。

どの業界でも資格は業務内容と給料に大きく影響しますが、建築業界こそ「資格社会」といえるでしょう。

建築分野の「資格の王者」は1級建築士です。給料が格段に増えるどころか、独立することも可能です。ただ、試験は難関ですし、試験を受けるためにも学歴や実務経験といった壁が立ちはだかります。なので、受験勉強を10年以上重ねても受からない人もいます。

そこでおすすめなのが、木造建築士です。1級建築士も2級建築士も木造建築士も、この資格でできる仕事は、建物の設計と建築現場での工事管理です。

1級建築士と2級建築士と木造建築士の違いは、従事できる建物の規模です。1級建築士は無制限、つまりどんな建物でも設計・工事管理できますが、木造建築士は木造2階建て以下の建物しか扱うことができません。

ただ、扱うことができる建物の規模が小さくなる分、取得のハードルが低い資格なのです。

2級建築施工管理技士もおすすめです。鉄筋工事、大工工事、内装仕上げ工事など、あらゆる建築工事の計画作成、施工図作成、工程管理を行うことができます。現場の責任者に昇格するには、必ず持っている必要があります。

また、建築から離れるのですが、「現場系の資格」のひとつである「地山の掘削作業主任者」は、採石工事ではこの資格を持っている人がいないとならないので、この資格を持っているだけで「必要とされる人材」になることができるのです。

こうした資格は、仕事の出来不出来や、スキルのあるなしに関わらず、キャリアを1歩進めることができます。

最後に紹介したいのは、衛生管理者です。建築や土木などの現場は危険と隣り合わせなので、働く人の安全と健康を監視する人を置く必要があり、それが衛生管理者です。

衛生管理者には、事務職が就くこともありますが、この資格を持った建築作業員もこの仕事をすることができます。

衛生管理者は仕事の性質上、たくさんの働く人から多くの悩みや苦労話を聞きます。職場の相談役の立ち位置になるので、現場をまとめる力が養われます。

つまり、現場で経験を積み、「現場系の資格」をこつこつ取得し、その上で衛生管理者といった「事務系の資格」を取得すれば、管理職の道が開けるのです。

このように、建築作業員も計画的にキャリアを重ねていけば、昇格と昇進を同時にゲットできる道が開けるのです。

資格名 取るとどうなる? 受験資格、実務経験年数
1級建築士 学校やビルなど大規模建物の設計と工事管理ができる 建築系の大学卒業後2年以上、または2級建築士4年以上など
木造建築士 2階建て以下の木造建築物の設計・工事管理ができる 建築系の高校卒業後3年以上、または建築整備士保有者など
2級建築施工管理技士 建築工事の計画、施工図作成、工程管理 工事管理、施工管理などの経験
衛生管理者 現場の安全と健康を確保する、法律で有資格者を置くことが定められている 高校卒業後3年、または、無資格で10年以上など
地山の掘削作業主任者 採石工事で必要、作業の指揮、工具点検、安全指導 講習と終了テストで取得

2.中途半端は辞めて「現場監督」を目指し邁進

現場監督になるまでは辞めない――そのように自らを鼓舞し続けている建築作業員がいます。

「ゲンバカントク」には、独特の響きがあります。なんでも知っていて、なんでも教えてくれて、困る前に手助けしてくれて、困ってしまったときも相談に乗ってくれます。「親分」と似たイメージです。

一方で、冷静、完璧、コスト意識といった、クレバー(賢い)なイメージも、現場監督にはあります。ひと癖もふた癖もある現場の作業員をまとめる一方で、背広を来た事務所の人たちと折衝しなければならないからです。

現場監督になるには、建築士や施工管理技士といった資格が必要ですが、それを持っているからといってこの晴れやかな地位に就けるわけではありません。

現場監督に最も必要な要素は、安全で正確で効率的な作業を行う管理能力です。建築現場を知らない一般の人は、安全で正確で効率的な仕事を行うことは当然のことだと考えるかもしれません。

しかし、「安全で正確で効率的な作業」は、日本語として矛盾しています。なぜなら、正確な作業をしようと思えば危険なことをしなければならないことがありますし、正確さと安全性を追求すれば、非効率な作業になるからです。

つまり、いち建築作業員のあなたが現場監督になるには、まずは、あなたのいまの仕事を安全に正確に効率的に行う必要があるのです。

まさに、いまがあっての将来なのです。

3.建設作業員を辞めて他業界に転職する

さて、建築作業員として進むべき道として、資格の取得と現場監督への夢をお示ししたわけですが、しかし筆者は、ショータさんのように建築作業員を数年であきらめる選択も「あり」だと感じています。

それは、この建築業界は、勤務先の会社や働く現場によって良い場合と悪い場合の差が激しすぎるからです。

ブラック建築会社に入ってブラック現場に配属されれば悲劇が待っている、それは当たり前です。しかしホワイト建築会社に入ることができた場合でも、現場によってはつらい目に遭うこともあります。

あなたも建築現場から飛び出しみてはいかがでしょうか。

あなたが現場で学んだことや身に付けた技術、耐えて耐えて身に付けた忍耐力を求める他業種は沢山あります。

そうです、筆者は「できる建築作業員」こそ、転職すべきだと考えているのです。そこに「未来」と「可能性」があるからです。

他業種への転職…不安はよくわかります。

しかし、まく建設作業員勤務を抜け出して、人生の立て直しに成功した人の多くは、建設作業以外への道を選択した人々なのです
この件について、以下でより詳しく説明いたします。

建設作業員の辞め方とタイミング

1:ギックリ腰を起こしているショータさんを仮病扱い。辞める決断をした。

転職する前にやらねばならないこと、それは退職です。しかし、人手不足が社会問題にまでなっている建築業界では、簡単にはあなたを辞めさせないでしょう。

ショータさんも、「辞める」と宣言してから大変な苦労を強いられました。

ショータさんは「辞めたい」と思いながら、なかなか言い出せないでいました。押しの強い社長に気後れしていたこともありましたが、仕事が次から次へと舞い込んでいる現状で辞めてしまっては、親身に指導してくれた先輩方に迷惑をかけることにもなるからです。

ところがある日の作業中、4年近く発生していなかったギックリ腰が再発してしまったのです。2人の同僚がショータさんを抱えて10階建てビルの屋上から作業車まで運んでくれました。しばらく休んでいいと言われたのですが、痛みは引きません。

そんなときです。作業車のドアが突然空いて、「何時間休んでんだよ!」と怒鳴られたのです。声で社長だと分かりましたが、ショータさんは振り向くことができず、顔は確認できませんでした。

社長は続けて「ギックリ腰なんて、どうしてなるんだよ!」と言いました。ショータさんはこれで切れました。ただ、「切れた」といっても反撃したわけではなく、静かに切れたのです。「もう辞めよう」と決めました。

社長が立ち去ってから、ショータさんは自分のスマホで救急車を呼び、病院に搬送してもらいました。さすがにあせったのか、社長が救急車を追って病院まで来ましたが、ショータさんは、やはり静かに「社長、帰ってください。会社、辞めますから」と言って、追い返しました。

2:無謀な社長に対抗するにはSOSを出そう。

ショータさんは2週間で退院したのですが、1人暮らしのアパートに戻っても日常生活がままならないので、実家に一時避難することにしました。

そしてギックリ腰の再発からちょうど1カ月が経過した日、社長から電話があり、「いつ復活するんだ」と言われました。

ショータさんは「会社は辞めます」と言うと、社長は「わははは、あのときの冗談をまだ気にしているのか」と言いました。

作業車の中で痛みで苦しんでいるショータさんに向かって、「ギックリ腰なんて、どうしてなるんだよ!」と言い放った言葉を、社長は「冗談」の一言で片づけようとしているのです。

「社長、本当にもう仕事はできません。会社は辞めます」ショータさんは気力を振り絞ってそう断言しました。

しかし社長は、「辞めれるはずないだろがあ!」と怒鳴って電話を切りました。

ショータさんが両親に相談すると、両親は「労働基準監督署に相談しなさい」と助言しました。

労働基準監督署では、「ギックリ腰は労災になる可能性があるので、会社に労災保険の手続きをしてもらってください」と教えてもらいました。そこからはトントン拍子に話が進みました。

なんてことはありません、社長は労働基準監督署からにらまれるのが嫌で、ショータさんの退職を認めた上に、ギックリ腰の「見舞金」まで提示しました。その上で社長は、ショータさんに「これだけあげるんだから、労災にしないでほしい。休みの日にギックリ腰になったことにしてほしい」とお願いしました。

ショータさんがそれを断ると、社長は「特例」の退職金も出すと言いました。というのも、その会社には退職金制度がなかったのですが、「口止め料」としてショータさんに支給するというのです。

ショータさんが再び両親と労働基準監督署に相談すると、両親は「手打ちにしてはどうか」と言い、労基署職員は「その金額で満足できるなら『和解』とみなすこともできます」と回答しました。

ショータさんは和解することにしました。

同じく建築作業員のあなたも、ショータさんのこの退職エピソードを聞き「うちの会社も、退職のときはこれくらいもめそう」と感じたのではないでしょうか。

ショータさんがスピード解決したのは、社長が急に弱腰になったからです。労災認定されて大きなペナルティを課されるよりは、おカネで解決しようと判断したのでしょう。

腰を痛めたショータさんには申し訳ない言い方になりますが、ある意味ラッキーなケースと言えるでしょう。

しかし同じ幸運があなたに訪れるとは限りません。また、ギックリ腰や事故によって会社を辞めることは、次の仕事に支障が出るので、そうした悲劇に見舞われる前に、断固とした決断と、綿密な準備と、そして毅然とした対応で、穏便で平穏な退職を勝ち取ってください。

建設作業員の勤務経験が優遇される、より就労条件のよい「おすすめ転職先」の例

1.人手不足ですぐにでも転職可能!市場規模もどんどん成長中。宅配ドライバーに転職

大手宅配会社が2017年に、取り扱う荷物の量を減らすと発表しました。通信販売が拡大し、荷物量が爆発的に増え、現在働いているドライバーだけではさばききれなくなったからです。

このことは、宅配ドライバーの労働環境がこれから改善することを示唆しています。さらに、通信販売の荷物を運ぶ仕事は、有り余っていることも意味しています。

だからこそ、体力があり、仕事の段取りを上手につけることができるあなたにおすすめするのです。

そして、宅配業界には未来があります。例えば先ごろ日産が自動運転技術を搭載したミニバンを発売しました。運転の労力がかなり軽減されることから、売れ行きは上々です。

宅配業界では、自動運転技術が今後も向上すると見て、「自動運転トラックによる宅配」の研究に着手しています。政府も乗り気で、国家戦略特区で実験を行うことも決まりました。

まだあります。安定飛行が可能なドローンによる荷物運びもかなり現実味を帯びてきましたし、アメリカでは、宅配ロボットが街の中を動き回ることが法律で認められました。

こうした「宅配革命」は、大きなビジネスチャンスです。あなたの「力」を、この分野にぶつけてみてはいかがでしょうか。

宅配業界の未来は明るい
新たな試み 内容
自動運転トラック 自動運転車が決められた道を走り、宅配先に到着。利用者がパスワードを使って自動運転車のトランクを開けて荷物を取り出す。
ドローン ゴルフ場でプレイ中のプレイヤーに、センターハウスから飛び出したドローンがゴルフボールや食事を届ける。
ロボットが運ぶ アメリカ・バージニア州で、自動配達ロボットに配送業務を認める法案が成立。2017年7月から施行。

資料「宅配の未来はどうなる」(NHK NEWS WEB)

URL:http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2016_0727.html

「超・人手不足の物流業界を救う3つの大革新」(東洋経済)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00161884-toyo-bus_all&p=1

2.建築業で鍛えた体力が発揮できる、自動車工場の工員に転職

もしあなたが、「力仕事は続けたいけど、外の作業はもう嫌だ」という理由で建築作業員を辞めようと考えているのであれば、転職先には自動車工場の期間従業員がおすすめです。

この仕事は

  • 自慢の体力を発揮できる
  • モノ作りという点では建設と同じ
  • 短期集中で稼げる

という特徴があります。

日本の自動車工場はロボットの導入が進み、かつての「3K工場」というイメージとはかけ離れていますが、それでも自動車は、1トン、2トンという物体なので、やはり体力がある人が求められています。

建築と自動車は、完成品の姿はまったく異なりますが、求められる製品を考え、開発し、設計し、手順通りに作り上げていくという「日本のモノ作りの思想」は同じです。

そして自動車メーカーは、日本のモノ作りでは、断トツのトップランナーです。業界規模は年間60兆円以上に達し、建設業界の4倍になります。労働者数も自動車業界は約21万人で、建設業界のおよそ2倍です。

ビジネスには「規模のメリット」という言葉があります。規模が大きければ大きいほど、原則、良いことが起こるという考え方です。

もちろん例外もありますが、業界別の平均年収で見ると、自動車業界は688万円と、建設業界の1.1倍です。つまり「業界が大きい方が給料も多い」という原則が当てはまるのです。

日本の自動車業界のすごさ
年間 自動車業界

(2018年6月)

建設業界の何倍? 建設業界

(2018年6月)

業界規模 60兆3720億円 4.0倍 15兆1956億円
過去5年間の伸び率 +4.8% -1.1%
労働者数 206,811人 1.9倍 109,423人
平均年齢 39.9歳 43.9歳
平均年収 688万円 1.1倍 638万円

自動車工場の期間従業員は、一定期間働くことを契約するのですが、延長も可能ですし、正社員への道も開けています。

そして期間従業員の身分でも給料はかなり魅力的です。下に業界1位のトヨタと2位のホンダの期間従業員の求人票の概要を記しました。

トヨタの期間従業員
1年目の月給 27万~30万円 月21日勤務、残業20時間、深夜業務33時間
2交替 6:25~15:05と16:00~0:40
募集要項 | トヨタ自動車 期間従業員のご案内
トヨタ自動車 期間従業員についてご案内します。
ホンダの期間従業員
月収 勤務6カ月以下 27万~29万円 21日勤務、2交替制、残業20H、休日勤務なしの場合
6カ月超12カ月以下 26万~29万円
仕事内容 機械加工 エンジン部品の穴開け、替え刃チェック
塗装 ボディーへの塗装、外観検査
エンジン組み立て ミクロン単位で精密に加工された部品を組み立てる
完成車組み立て ボディーにエンジンやインテリアを組み付ける
完成車検査

外観、ライト、ブレーキ、足回り、排気ガスなどのチェック
Honda|期間従業員募集|応募資格と給与など
Hondaの製作所で一緒に働きませんか?栃木、埼玉、浜松、鈴鹿、熊本で二輪、四輪の完成車、汎用機等の製造に関するお仕事です。

3.建築現場の支援ビジネス従事する業界に転職

建築支援、建設支援といえば建設コンサルタントを思い浮かべるかもしれませんが、建築作業員のあなたにおすすめしたい転職先は、「建築現場を支援する会社」です。

建設業界は好景気に沸いていますが、現場の人手不足はとても深刻で、建物をいっぱい作りたいけど、作ってくれる人がいない状態に陥っています。そこで現場の作業の一部を直接支援したり、現場をコントロールしてくれるサービスが求められています。

建設現場の支援を行っている企業は、次のようなサービスを提供しています。

  • 現場事務
  • 現場写真の整理
  • 廃棄物管理
  • 安全日誌
  • 工事日誌
  • プロジェクト管理と作業員の情報共有
  • 現場の気温管理
  • 車両通行の安全確保
  • 現場の遠隔監視
  • 風速計測

どれも、建築作業員たちが「やらなきゃいけない仕事だけど、それをやっていると本業の仕事が遅れてしまう」と感じている仕事ばかりです。

こうした現場支援サービス事業を成功させるには、どのようなニーズがあるのかを知ることがカギを握ります。

そうです、あなたなら「現場のニーズ」を熟知しているはずです。

建築、建設現場の課題はまだあります。人手不足を補うには、「60歳以上のベテラン」「女性」「外国人」の方々を上手に使っていく必要があります。

これまで「屈強な男たちの職場」だった建築現場に、こうした人たちが入ってくるということは、さまざまな問題を生じさせます。

それをスムーズに運営することも、現場支援サービスには含まれます。

現場の問題点を知りつくし、現場に愛着があるあなたにうってつけの仕事といえるでしょう。

人生の選択肢は常にあなた自身が持っている

建築作業員勤務のあなたの人生を変えるために、まず一番注目すべきことは「建築作業の職場もあることを知る」ということです。
案外、外部と交流がない建築業界人は井の中の蛙になることが多いです。
自分の会社以外のことを全く知らないというケースも非常に多いようで、勇気を出して一歩外に踏み出せば大きな海が広がっているということを、改めて考えてみてはどうでしょうか。

兎に角、どうしても今の悩みが解決できなければ「別に辞めればいい」「辞めたっていいんだ」「自分は自由に人生を選択できるんだ」と割り切ること。

周囲からの目を気にしたり、あなたの人生と無関係な上司のメンツを立てて、自分の人生を後回しにしてします思考こそが「今の職場を辞められなくなってしまう」ことの最大原因であり、悩みをより深くして人生を間違えてしまう事につながります。

転職コーディネーターに無料相談することから始める

自分自身でまず何をしてよいかわからないならば、人材紹介会社に登録するのも手。
転職コーディネーター経由で他の業界、企業の内情を知ることができますし、冷静な第三者の目で、あなたのスキルと経験を活かせる新しい職場を用意してくれます。

また、辞めづらい今の職場で、(転職先を紹介してもらった後に)スムーズに次の職場に移動するための方法やタイミングなどもしっかり教えてくれますよ。

いきなり仕事を辞めたりはせず、まずはじっくり転職エージェントと無料のアポイントを取って、今後の動き方を相談しつつ、あなたの希望に沿った新天地候補をじっくりと紹介してもらうべきでしょう。

尚、転職コーディネーターはA:特定業種を専門的に狙って転職する場合B:総合的に様々な業種を考えて転職する場合、のそれぞれで登録会社を使い分けるか、同時に登録で転職を進めるべきでしょう。

特定業種を専門的に狙う場合…例えば製造業ならば「工場WORKS」等を利用すべき。

例えば今までとと同じく体を使った工場での就業知識を活用して転職をする場合は、製造業専門の転職コーディネーターに支援をしてもらうべきでしょう。特に、正社員、契約社員、アルバイト全てに対応できる上、製造業専門の転職支援を手掛けている企業ならば、より一層高い密度の転職支援力が期待できます。

その点でふるいにかけた場合、当方お勧めの製造業転職エージェントは、「工場WORKS」が最もお勧めできる企業の1つとなります。



スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。